こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

庭から昇ったロケット雲

The Astronaut Farmer
ジャンル: ドラマ , SF
公開: 2008/07/05
製作国: アメリカ
配給: デスペラード

    庭から昇ったロケット雲 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 泣ける 切ない 元気が出る

      呆れ果てたバカ野郎の映画。

      宇宙飛行士になる夢を諦めきれず、自分の農場から自作のロケットで宇宙を目指そうとする男と、周囲の妨害にもかかわらずその夢を支え続ける家族との絆を描く感動ドラマ。
      主演は「スリング・ブレイド」「バッドサンタ」のビリー・ボブ・ソーントン、共演に「サイドウェイ」「ナンバー23」のヴァージニア・マドセン。
      監督は「ツイン・フォールズ・アイダホ」のマイケル・ポーリッシュ。
       
      小さな頃から宇宙飛行士になるのが夢だったチャーリー・ファーマーは、いつしかNASAの宇宙飛行士訓練プログラムに参加するまでになり夢へと確実に近づいていく。
      そんな矢先、父親が急死し、彼は実家の農場を継がなければならなくなってしまう。
      それでも夢を諦めなかったチャーリーは、独力でロケットを作り、自分の農場から宇宙へ飛び立とうと無謀とも思える計画を進めていく。
      夢に突き進むチャーリーを、妻のオーディと子どもたちが支えていく。
      しかしやがて、そんな彼の行動はFBIの知るところとなり、危険人物としてマークされてしまう。
      (~allcinema)

      ありがちな展開でダメ映画とも言えそうな感じと紙一重。
      でもムチャなロマンを追い求める姿を、男だったら非常に気持ち良く見れるはずだ。
      ただ、実際はツッコミどころは多し。
      最高に痛快なのは、夢はつかみとるものだという使い古したテーマを「マジかよ」と呆れるほどのスケールでやっていること。
      物分かりの良い家族をはじめ、周囲をとりまく環境にあこがれてしまうだろう。
      一昨年みた「世界最速のインディアン」なんかもそうだったな。
      昔みた「ライトスタッフ」にもトキメいたしな。
      呆れ果てたバカ野郎の映画とは、男の憧れがたっぷり込められているのだ。
      >> 続きを読む

      2018/08/10 by motti

      「庭から昇ったロケット雲」のレビュー

    • 3.0

      個人でロケットを作り地球を旋回。
      確かに美しい夢だ。いや美しすぎるほどだ。

      周囲から異常と見られる中での孤独な作業。助けは家族のみの環境。
      お決まりの葛藤に、次々持ち上がる問題。

      見ている側から言えばファーマーに肩入れしたくはなるが、無謀を絵に書いたような状態に共感は難しかった。
      資金繰りなどの点をきちんと見せないから、共感しづらいという風になる。

      宇宙に出てからの美しさと終わり方は良いが、そこまでの過程がのめり込ませるには程遠かった。

      そして配役ミスが決定的だった。ビリー・ボブ・ソーントンはこの直情型というか真っ直ぐな役は似合わない。
      「バッドサンタ」のような癖のある役の方が圧倒的な存在感を見せるのだと気付かされる。
      >> 続きを読む

      2015/03/04 by オーウェン

      「庭から昇ったロケット雲」のレビュー

    • 庭からロケット!?
      タイトルからわくわくします!♪

      2015/03/04 by coji

    • 4.0 元気が出る

      オッサンのオッサンによるオッサンの為の映画

      もうこれでもかいう位のベタな展開。完全な予定調和で出来ている。でもそこがイイ。
      夢を諦めたけど夢が燻っている人には最適だろううと思う。

      冒頭のシーンから素晴らしい。雄大な風景、静かな映像から始まる。その映像だけでワクワク出来るのである。これはイイ映画だと思えるつかみなのである。

      個人でロケットを打ち上げる夢、様々な障害を乗り越えていく家族の絆。其処が現実味が無いと笑う人もいるかもしれないがそんな事はどうでもイイ事である。これは寓話なのだ。夢を叶えるには強靱な意志が必要で狂気に理解してくれる家族が必要という話なのだ。

      ただ少し気になった部分がある、ロケット再生の部分の月日の立ちかた、もう少し長い期間かかったみたいにした方がよかったのではと思う。あまりにも短期間での復帰なのだ。

      子供が大きくなっていて、監視の為に残った二人組も町になじみ、店の人となじみになっていたり、結婚して小さい子供がいる位になっていて欲しかった。そしてオッサンは髪が白くなっている位の月日の経過が欲しかったと思う。

      子供が大きくなったりしたのを描きたくなかったのかもしれないけどね。

      ブルース・ウィリスも良い感じ。
      >> 続きを読む

      2014/08/29 by 隼5郎

      「庭から昇ったロケット雲」のレビュー

    庭から昇ったロケット雲
    ニワカラノボッタロケットグモ

    映画 「庭から昇ったロケット雲」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画