こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ドストエフスキーと愛に生きる

DIE FRAU MIT DEN 5 ELEFANTEN
ドストエフスキーと愛に生きる
2014年2月22日より、渋谷アップリンク、シネマート六本木ほか全国順次公開
1クリック登録
公開: 2014/02/22
配給: アップリンク
★84歳の翻訳家スヴェトラーナが織り成す深く静かな言語の世界と、紡がれる美しい言葉たちーー。

★ドストエフスキー文学と共に歩んだ一人の女性の数奇な半生を追ったドキュメンタリー

80歳を超える翻訳家スヴェトラーナ・ガイヤーの横には、華奢な姿に不似合いな重厚な装丁の本が積まれている。『罪と罰』、『カラマーゾフの兄弟』、『悪霊』、『未成年』、『白痴』、言わずと知れたロシア文学の巨匠・ドストエフスキーの長編作品。それらを“五頭の象”と呼び、生涯をかけてドイツ語に訳をした。1923年ウクライナ・キエフで生まれ、スターリン政権下で少女時代を過ごし、ナチス占領下でドイツ軍の通訳として激動の時代を生き抜いた彼女は、なぜドストエフスキーを翻訳したのだろうか?高潔なる知性と独自の哲学を持って、ドストエフスキー文学の真の言葉を探す横顔には、戦争の記憶が深い皺となって刻まれている。彼女の戦時下の通訳として生きる術となり、家族を養った。そして、癒えることのない悲しみから、彼女を救ったのはまた言葉と本の力だった。一人の女性が歩んだ数奇な半生にひっそりと寄りそう静謐な映像が、文学の力によって高められる人の営みをたおやかに描き出す。 >> 続きを読む

    『ドストエフスキーと愛に生きる』 ■監督・脚本:ヴァディム・イェンドレイコ ■撮影:ニールス・ボルブリンカー、ステファン・クティー ■録音:パトリック・ベッカー ■編集:ギーゼラ・カストロナリ・イェンシュ ■出演: スヴェトラ-ナ・ガイヤー、アンナ・ゲッテ、ハンナ・ハーゲン、ユルゲン・クロット ■製作:ミラ・フィルム (スイス、ドイツ/2009/ドイツ語、ロシア語/カラー、モノクロ/デジタル/93分)

    ドストエフスキーと愛に生きる の映画レビュー

    映画レビューはまだありません。
    最初のレビュアーになってください!

    ドストエフスキーと愛に生きる
    ドストエフスキートアイニイキル

    映画 「ドストエフスキーと愛に生きる」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画