こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―
(c)2016「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会
2016年1月30日(土)全国公開
1クリック登録
公開: 2016/01/30
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹
第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美(『屍鬼』「十二国記」シリーズなど)の小説『残穢』(ざんえ)を、ミステリーの名手・中村義洋監督(『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』)が映画化。予定調和を許さない驚愕のラストまで、かた時も目が離せない。小野自信を彷彿とさせる主人公「私」には、人気実力派女優=竹内結子。「私」とともに調査を重ねる「久保さん」には、神秘的な魅力を放つ女優=橋本愛。初共演の2人に加え、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ら個性的な出演陣が集結。
ここに、いまだかつて見たことがない戦慄のリアルミステリーが誕生する。

■ストーリー
観る者の常識を覆す、衝撃の結末。
小野不由美の傑作小説、待望の初映画化

あなたは、考えたことが、ありますか?
今、自分が住んでいる場所に、
過去どんな人が住み、
どんな事件があったかを・・・。

その「音」を聞くまでは、日常でした―――
小説家である「私」のもとに、女子大生の久保さんという読者から、1通の手紙が届く。
「今住んでいる部屋で、奇妙な“音”がするんです」
好奇心を抑えられず、調査を開始する「私」と久保さん。
すると、そのマンションの過去の住人たちが、引っ越し先で、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていた事実が浮かび上がる。
彼らは、なぜ、“音”のするその「部屋」ではなく、別々の「場所」で、不幸な末路をたどったのか。
「私」たちは、数十年の時を経た壮大なる戦慄の真相に辿り着き、
やがて、さらなる事件に巻き込まれていく――。
>> 続きを読む

    原作:小野不由美 『残穢』(新潮社刊)  第26回山本周五郎賞受賞、2015年7月29日文庫化予定 監督:中村義洋 脚本:鈴木謙一 出演:竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介、坂口健太郎、滝藤賢一ほか 配給:松竹

    残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋― の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全22件
    • 4.0 ハラハラ

      なかなか、リアルにありそうなホラーだった。よくあるたまに映像で怖がらせるより、みじかな感じが逆に怖いわー。マンションを調べても死者はいないが、遡ると呪われた死が幾つも重なっていく、これを見ると恐怖と感情はかけ算で広がっているんだなと思う。一つの呪いが、一人が別の死をとげ、さらに合わさって増えていく、根元は対したなくても、合わさっていき、恐ろしい物にかわる。う~ん。恐い。それを考えるとイロイロな感情の上で人は生きているんだな。

      2018/09/18 by 無月斎

      「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」のレビュー

    • 4.0

      映像はとても地味。お化けが急に現れて脅かすようなホラー映画ではありません。ですが、部屋から聞こえる不可解な音や勝手につく電気。そんな今まで気にしてなかった身近な現象が実は怪奇現象ではないのか?と勘ぐってしまう恐ろしさがあります。原作の淡々とした恐怖をよく映像にできたなと関心します。ただラストだけは残念…。

      2018/09/16 by さくら餅

      「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ありがちのJホラーとはひと味違うね
      ホラーではなくミステリー色が濃い。
      遡って土地に住んだ人や生業を調べていく過程がおもしろい!
      観ながら思ったことは、いま自分の足元を考えるとそこに怨念がいないとは言い切れませんな(;´д`)ってこと…
      でも栃木の田舎だから田んぼかなんかだったような気もしますがねw

      (allcinema解説)
      人気作家・小野不由美の第26回山本周五郎賞受賞作『残穢』を竹内結子と橋本愛の主演で映画化したホラー・ミステリー。奇妙な音がするというマンションの住人からの投書をきっかけに、その原因究明に乗り出した主人公たちが繰り広げる調査の行方と、やがて明らかとなる驚愕の真実をミステリー・タッチで描き出す。共演は坂口健太郎、滝藤賢一、佐々木蔵之介。監督は「白ゆき姫殺人事件」「予告犯」の中村義洋。
      怪談雑誌で読者の体験談をもとにした短編を連載している小説家の「私」。ある日、読者の女子大生・久保さんから“今住んでいる部屋で奇妙な音がする”という手紙を受け取る。興味を持った「私」は彼女と連絡をとり、一緒に調査を開始する。すると、そのマンションでは他にも不思議と人が居着かない部屋が存在した。しかも過去の住人たちが、引っ越し先で不可解な死に遭遇するケースがたびたび起こっていたことも分かってくる。そこで「私」と久保さんは、作家の平岡芳明や心霊マニアの三澤徹夫、「私」の夫でミステリー小説家の直人らの協力を得て、さらなる調査を進めていくのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/31 by motti

      「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      まとめサイトのお勧めJホラーであがってたので見ました。
      結構怖くて、全員救われない感がいいですね。
      わかり安いホラーではないので、さくっと恐怖を味わいたい人には向かないかも。
      >> 続きを読む

      2018/06/18 by tony0130

      「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      むっちゃ怖かった…
      じっとりした感じ。
      不気味。
      背筋ぞっとする。
      観終わったあともなぜか怖い。
      これこそジャパニーズホラー!\(^o^)/さすが!!

      前半~中盤はよかったのだけど、後半は…結局どういうことだったのだろう?
      話が広がりすぎて、逆にわからなくなってしまった←私の理解力不足TT
      曖昧な結末という感じ。
      あ、エンドロールは観ないことがあって、これもそうだったのだけど、レビュー読んで慌てて観た(笑)
      エンドロール、意味深でよかった。

      原作気になるけど、読むの怖いな。。
      でも読むんだろうな…
      >> 続きを読む

      2017/06/11 by pink-tink

      「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」のレビュー

    もっとみる

    残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―
    ザンエスンデハイケナイヘヤ

    映画 「残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック