こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ディス/コネクト

DISCONNECT
ジャンル: ドラマ
公開: 2014/05/24
製作国: アメリカ
配給: クロックワークス

    ディス/コネクト の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 0.0

      「“急には飛び出しては来ないだろう”の“だろう運転”はダメです。“もしかしたら飛び出して来るかもしれない”という気持ちで、ハンドルは握るように」
      随分前ですが自動車学校で言われた言葉を、この映画を観て思い出しました。

      言わなくても伝わっているだろう、分かってくれているだろう。親子だから、夫婦だから、家族だから。
      このくらいやっても大丈夫だろう。たいしたことにはならない、ただのいたずらだから。正体もバレない、ネットだから。

      どこかこういう気持ちが、それぞれの登場人物にあったんだと思います。自身の奢りや他者への甘え・軽蔑が、思うままに走り交差する。そんな道からベンは独り飛び出し自らを傷つけてしまった……SNSを中心に毎日過ごしていると危機感も薄れ麻痺してしまうのか、かわいそうですが、ベン自身もネットを軽く見ていた部分があったのでしょうね。そして「身内だから」と、どこか安心しきった気持ちがかえって無関心や不遠慮を招いてしまうとは、なんだか皮肉なものです。

      「自分だけ狙われていないと思っている」。このセリフは、誰しも被害者になりうるという警告です。
      でもそれと同じくらい、加害者側に立っていないか、知らず知らずのうちに誰かを傷つけていないか、そしてそばにいる人の孤独や悲しみを見過ごしていないか……そういうことにも敏感にならないと、とハッとさせられます。

      たとえば有名人の病気や事故が報じられると、ネット上に瞬時にそして一気に並ぶ「お大事に」系の心配するコメント。それを批判するつもりはないし、気軽に発信できるネットの世界、温度差はあれ誰かを気遣うのは良いことだとは思います。ただ……その優しさや配慮って、職場や学校、ご近所、そして家庭など身近な人へは向けられているのかなと、その度に疑問に思うんですよね。向けられていればいじめ、セクハラ、パワハラ、モラハラ、鬱病などで苦しむ人たちは年々減っていくはずなんだけど……(~_~;) 気持ちを向けるべき相手は遠くの有名人より、まずは近くにいる人であってほしい。

      言わなくても伝わっている“だろう”。
      でも、伝わっていない“かもしれない”。

      言わないと伝わらない、ちゃんと向き合って言葉にして声に出さないと、相手の目を見て相手の声を聞かないと分からないことは、決して少なくはないはずです。でもネットがこれほど普及し、クリックひとつで知りたい情報が簡単に得られる現状に慣れきってしまい、そんな当たり前のことを忘れてしまってはいないだろうか……?映画を観ていて、そう問いかけられているような気がしました。

      繋がり方、そして繋がる相手を間違えてはいけませんね。
      観て良かったです。
      >> 続きを読む

      2021/02/08 by 水川 灯子

      「ディス/コネクト」のレビュー

    • 3.0 切ない

      3組のケースがそれぞれどこかで繋がっているが、最終的に丸く収まることはない。それぞれが現実世界での繋がりを失くしてしまい、行き場がなくなり、ネットに依存をした結果、カード詐欺やポルノサイト、なりすまし等、ネット犯罪に巻き込まれている。複雑に交差しながらも別の人物にスライドする構成がいい。結局ネットで繋がっていても、大切なのは今そこにいる身近な人々だと感じた。

      2018/09/11 by kinako

      「ディス/コネクト」のレビュー

    • 5.0 切ない クール

      注目されていないけれど良い出来の映画です。

      賞レースを重要視して見てるわけでもないけど一応そういうのを獲ってるのも一目おきますよね?
      本作は無冠ながら「マグノリア」とか「クラッシュ」みたいな繋がる群像劇であり、「ソーシャル・ネットワーク」であり、近年アカデミー賞でウケてるような渋い観点であったりする。
      まさに良い意味でアカデミー賞級の出来だと思いました。
      楽しめました。

      (allcinema解説)
      日常生活におけるネットやスマホへの依存が強まる中、もっとも身近な家族ですら互いに何も分からなくなってしまった現代社会のコミュニケーション不全が招く悲劇をスリリングに描き出した群像ドラマ。出演はジェイソン・ベイトマン、ホープ・デイヴィス、ポーラ・パットンほか。監督はアカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた「マーダーボール」で注目され、本作が劇映画デビューとなるヘンリー=アレックス・ルビン。
      同級生のイタズラとは知らずに、SNSで知り合った女性相手に自分のはずかしい画像を送ったばかりに、その画像をネット上にばらまかれてしまった内気な少年ベン。彼はショックのあまり自殺未遂をして意識不明に。その父親で仕事中毒の弁護士リッチは、自殺の原因を突き止めるべく調査に乗り出す。一方、加害少年の父親で元刑事のマイクは、ネット専門の探偵をしていた。彼のもとにはネットでカード詐欺に遭ったハル夫妻から捜査の依頼が持ち込まれる。妻がチャットにはまり、知らぬ間に個人情報を盗まれていたのだ。さらに、リッチが顧問弁護士をするローカルTV局の女性レポーター、ニーナは、違法ポルノサイトの取材に成功し、全国ネットでも放送され注目を集めるが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/23 by motti

      「ディス/コネクト」のレビュー

    • 3.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      途中の展開でものすごいバッドエンドかと思ったら、大丈夫だったからホっとしたけど、結局ハッピーエンドではないので切ない。 >> 続きを読む

      2015/10/30 by 七緒三國

      「ディス/コネクト」のレビュー

    • 3.0 切ない

      繋がりが希薄な現代ではSNSが手っ取り早く繋がれるチャンスに他ならない。
      そうすることで孤独を埋める助けになろうとしている。

      話は大きく分けて3つのパートで進んでいく群像劇。
      次第に繋がっていることが分かっていき、それが同時にサスペンスを生むことになる。

      冷たそうな画作りなどは、この物語の人間の仲を効果的にしている。
      ただ寂しさという意味では予想できる類に収まっているのが残念。

      ラストももう一歩踏み込んだ姿勢が見たかった。
      >> 続きを読む

      2015/07/15 by オーウェン

      「ディス/コネクト」のレビュー

    もっとみる

    ディス/コネクト
    ディスコネクト

    映画 「ディス/コネクト」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画