こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

26世紀青年

Idiocracy
ジャンル: 外国映画 , SF , コメディ
製作国: アメリカ
配給: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

    26世紀青年 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      某何とか少年に似たタイトルですが(笑)それは気にせずに。
      実際26世紀の話であるのは間違いないわけだから。

      ジョーは冷凍実験のため1年後に目覚めることに。
      ところが開発者が死に計画自体が忘れられ、時は500年後ジョーは目覚めることに。んなアホな(笑)

      この26世紀は進化に伴い知能指数が低下の一途を辿ってしまったという設定。
      当然ジョーは一人頭がいい状態。
      タトゥーが証明だったりとか、よく分からない世界だ。

      ルーク・ウィルソンはこのように受身に回ると表情が冴える。
      よって彼の起用は正解だ。

      そして案外終盤は真面目で「WALLE」のような展開になっていく。
      まあアホばっかりですけど(笑)
      笑いの点で腹にくればもっと評価は上がったはず。
      >> 続きを読む

      2015/04/12 by オーウェン

      「26世紀青年」のレビュー

    • 4.0 笑える

      世の中がドンドン馬鹿になっていく事の風刺映画。

      でもなんか有り得そうで観ていると段々と嫌な汗が出るのだ。段々笑えなくなるのである。

      特に電解質の所は笑えない。何かマイナスイオン、トルマリン、イソフラボンとかと同じ感じがするのだ。実際に僕達は色々な事をわかっていないのにわかった様なフリをしている。わかっていると思い違いをしているのである。

      ニュースのコメンテーターとかをみればわかるし、政治問題や金融問題等で学者等が適当な事を言っているのもそうだ。一見わかっているように見えるが実はわかっていないのである。本当にわかっていればコントロールされた社会になっえいる筈だ、経済なんか破綻しないのである。結局は自分の方程式で答えを出しているだけの頓珍漢なのである。

      適当な人類、馬鹿になっても滅びていないというのがまたこの映画の肝だろう。ナンヤカンヤあるけど人類は滅びない逞しさがあるという人類の図太さ、これは有る意味凄いぞ、笑う位凄いぞという感じに人類愛を感じる。

      色々と作りは甘いのだが(笑いも少なめ)でも志が高いから良いと僕は思う。まだ間に合うという希望が微かに残されている感じが見終わったあとに清涼感を与えてくれる、オーラスも笑えるしね(一番面白いかも)

      是非観ろ!! 色々と考えさせられるから。


      でも邦題は便乗しすぎでいただけないけど、この邦題をつけた馬鹿の事を考えると有る意味面白い。既にこの馬鹿世界に僕達はいるという事だからね・・・・・
      >> 続きを読む

      2014/08/26 by 隼5郎

      「26世紀青年」のレビュー

    • ちょっと観てみたい気がしました笑

      2014/08/27 by curutoga

    • 現代にぴったりですね~(笑)

      2014/08/27 by マカロニ

    26世紀青年
    ニジュウロクセイキセイネン

    映画 「26世紀青年」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画