こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

パディントン

PADDINGTON
公開: 2016/01/15
製作国: イギリス
配給: キノフィルムズ

    パディントン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全17件
    • 4.0

      何も考えず映画鑑賞したいな、と思い…パディントン!、良かったよー!。
      森での生活のシーンが良過ぎて、直ぐパディントンの虜に。

      2018/08/15 by chikako

      「パディントン」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      クマがロンドンに憧れて来るのはとりあえず良いとして、なんでみんな驚かないの?クマ出没って普通はニュースになっちゃうくらいじゃない?そーゆーのは気にしちゃいけないのかな。

      マーマレード好きじゃないけど、パディントンが美味しそうに食べてるの見てると食べたくなる。可愛い映画だった!

      2018/07/11 by 0otaro

      「パディントン」のレビュー

    • 3.0

      原作は児童文学らしいけど、全然知らなかった。
      違いはクマが人間と違和感なく接するという事だ。

      ペルーの森で探検家といつかロンドンでの約束を交わした子熊。
      やがて成長し単身でロンドンに来るが、何の身寄りもない中でパディントン駅で出会ったブラウン家に招待される。

      名前は勿論駅からとったものだが、それよりも熊がしゃべれることに何の違和感もないのだから、これはそういう世界観なのだと納得しなくてはならない。

      ただしそれを省くとおしゃれなパディントンが愛らしく見えてくる。
      合成にも違和感ないし、敵にニコール・キッドマンというのも面白い。

      2の方が評判がいいようなので、そちらも見て見たくなる。
      >> 続きを読む

      2018/06/28 by オーウェン

      「パディントン」のレビュー

    • 4.0

      銀幕短評(#102、103)

      「パディントン」
      2014年、イギリス、フランス。1時間35分。
      総合評価 72点。
      「パディントン2」
      2017年、イギリス、フランス。1時間43分、公開中。
      総合評価 27点。

      とてもうまくできている(2を除く)。

      南米ペルー(コーヒーがおいしいぞ)のジャングルで生活していた 赤帽をかぶる子グマが 故国をあとにし、ひとり英国ロンドンを訪ねる物語り。

      情緒的なところとギャグやユーモアの部分とサスペンスと、うまくバランスが取れている。役者もよい。

      伝統的な英国紳士のマナー教育を受けた素直な子グマが、大都会に投げ出されて、まわりの人びとと次第に交流を深めていくさまは、ほほえましい。

      しかし、2は蛇足だ。
      >> 続きを読む

      2018/06/13 by あさが

      「パディントン」のレビュー

    • 5.0 笑える 元気が出る

      桃李君つながりで積んであった映画なんですが、
      最近追っかけている工君がパート2にでるとのことで…
      週末だし、見てみようかなってw
      ただ、洋画は英語で観たい派で…(^_^;
      夜な夜なこっそり見るつもりが… 大爆笑しちゃいました。
      あまりにも面白かったので、翌日吹き替えで家族と鑑賞w
      吹き替えの桃李君・古田さん・斎藤さん・木村さん。
      もぉ~!最高!!!!めっちゃ、楽しませてもらいましたw
      ミッションインポッシブルもどきのニコール・キッドマンも笑えたょ♪
      ストレスたまったときに、絶対にリピしちゃうだろうなぁw
      >> 続きを読む

      2018/06/10 by hana

      「パディントン」のレビュー

    もっとみる

    パディントン
    パディントン

    映画 「パディントン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画