こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ダイヤルM

A Perfect Murder
ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 1998/10/24
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    ダイヤルM の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0 ハラハラ

      あのグレース・ケリー主演、ヒッチコックの「ダイヤルMを廻せ」のリメイク版なのでストーリーも骨子はほぼ同じ。
      会社が傾いてしまった実業家が、妻が浮気をしていることに目をつけ、妻の実家の財産を狙って妻の愛人に殺人依頼する。歴史的なヒッチコックの作品を超えるのは至難の技、と改めて44年前のこのヒッチコックのオリジナルがお見事な作品だったと思った。けれども現代版「ダイヤルM」はキャスティングの妙とマイケル・ダグラスの名演でやはりそれなりに面白い仕上がりになっている。この作品のポイントは「鍵」これが全て。浮気相手役にヴィゴ・モーテンセンというのも適役かと。あのさすらう感じは彼ならでは。ヴィゴって無欲で良い人にも見えるけれど、今回みたいな本心が見えないグレーな役柄も演じきっていてこの頃から演技力が光っていたのだと今更ながら納得。さらにちょっとお得感があったのは、アルキュール・ポワロ役で有名なイギリス俳優 デヴィッド・スーシェが刑事役で出演。やはり彼の存在ってスクリーンが引き締まる。また、ポワロ役の時とは違う低い声のトーンが印象的だった。オリジナルより調度品などハリウッド的で豪華いかにも億万長者の豪邸というのが見ていて楽しい。ストーリーはやや軽くなっている、けれども楽しめる作品 。 >> 続きを読む

      2020/11/08 by Mahbo

      「ダイヤルM」のレビュー

    • 評価なし

      破産寸前の実業家が、妻の財産を狙い殺害を計画。夫は妻の愛人に50万ドルで殺人を依頼するが…。
      「ダイヤルMを廻せ!」(1954)のリメイク

      2020/10/31 by Silencer

      「ダイヤルM」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      テレビ放送を録画して再視聴


      危ういバランスの上に成り立ってる完全犯罪。
      愛と嫉妬と保身とお金。
      人間の本性というか醜さが最もあぶり出される設定で
      さすがはヒッチコックの名作と言うべきか。。。。。
      ただ愛や嫉妬の深さ、どれだけ追い詰められているのかの切迫感のようなものが
      もうひとつ伝わってこなかったので、ぎりぎり神経がすり減るような感覚は
      味わえなかったところが残念に思いました。
      前回見たことを途中でだんだんと思い出したので
      やはりそれほど記憶に残らない作品なんだなぁってしみじみ。
      極上のサスペンスはやはり嫌な汗をかくくらいの切迫感が必須条件なんでしょうね。
      >> 続きを読む

      2018/02/19 by YSL

      「ダイヤルM」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「計画は 完璧だって まさかはある」

      TVでやってたので観てみました。φ(..)

      実業家スティーブンは破産直前まで追い込まれていた。彼は妻エミリーの財産を狙って彼女の殺害を計画する。彼は彼女の浮気を知り彼女の愛人デビッドに50万ドルで殺人を依頼する。スティーブンは自分の留守中にデビッドを自宅に忍び込ませ、妻を殺害させようとしていた。計画は実行に移されたものの、エミリーは家に押し入った男を逆に殺してしまう。しかしその男はデビッドではなかった……というお話。

      ヒッチコックのリメイクとは知らずに鑑賞、もちろん原作も知りません。( ̄▽ ̄;)

      マイケル・ダグラスにグウィネス・パルトロウ、そしてヴィゴ・モーテンセン(若い!)のサスペンスはなかなかの出来でした。( ̄ー ̄)

      最初の軽快もギリギリな感じだったけど、思わぬ形の展開になるとそれまでの綿密さと、配慮が欠けてしまうものですね(-o-;)2の手、3の手を考えてこその計画殺人ということか。(;゜∀゜)

      結末は何となく分かりますけど、経過はなかなか面白かったです。(。-∀-)
      >> 続きを読む

      2017/12/15 by Jinyuuto

      「ダイヤルM」のレビュー

    • 3.0

      元ネタであるヒッチコックの作品の焼き直しと言うなかれ。
      手を変え品を変え、それなりの緊張感を生んでいる。

      手際よい編集のため、結末がどう転んでいくか興味をそそられる作り。
      さらには俳優陣が現代的でよく合っている。

      特にマイケル・ダグラスがこれ以上ないくらいはまっている。
      しかしこういう役がダグラスは多いな(笑)
      グウィネスもこういうお嬢さま系は似合う。ヴィゴの役がもっと目立ってよさそうだが、この頃はまだあまり知られてないからか。

      ラストは当然といえば当然だが、テープだけで最後にそんなに簡単に信じるかは疑問が残る。
      >> 続きを読む

      2017/01/27 by オーウェン

      「ダイヤルM」のレビュー

    もっとみる

    ダイヤルM
    ダイヤルエム

    映画 「ダイヤルM」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画