こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ホドロフスキーのDUNE

JODOROWSKY'S DUNE
ホドロフスキーのDUNE
(c) 2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED
新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンクほか全国順次公開
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
ジャンル: ドキュメンタリー
公開: 2014/06/14
製作国: アメリカ
配給: アップリンク、パルコ

★スター・ウォーズ、エイリアン、マトリックス、プロメテウスの元ネタ!?映画史上最も有名な「実現しなかった映画」!!

★メビウス、ギーガー、ダン・オバノン、サルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、ピンク・フロイド・・・予定されたスタッフ、キャストの豪華さは驚異的!!

★ジョン・レノンが虜になり、配給権を45万ドルで買い取ったという逸話も!
84歳、23年ぶりの新作を完成させたばかりのアレハンドロ・ホドロフスキーの熱いメッセージ!


--------------------------------------------------------------------------------------------

         『ホドロフスキーのDUNE』

--------------------------------------------------------------------------------------------

第66回カンヌ国際映画祭の監督週間で、二つの作品がワールド・プレミア上映された。ひとつは、『エル・トポ』(69)『ホーリー・マウンテン』(73)『サンタ・サングレ/聖なる血』(89)で世界中に熱狂的なファンを持つ映画作家アレハンドロ・ホドロフスキー(84歳)23年ぶりの新作『リアリティのダンス』。もうひとつは、彼の未完のSF大作の製作過程を追ったドキュメンタリー『ホドロフスキーのDUNE』である。映画祭での上映時には、アレハンドロ・ホドロフスキー監督と、本作に出演し、彼の大ファンであることを公言している『ドライブ』のニコラス・ウィンディング・レフンが登場。会場は熱狂の渦に包まれた。
『ホドロフスキーのDUNE』は、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、SF画家のクリス・フォス、『エイリアン』『トータル・リコール』のダン・オバノン、H・R・ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した。
84年にデヴィッド・リンチによって『デューン/砂の惑星』が制作され、ホドロフスキーの『DUNE』は幻の作品となってしまったが、後に、ダン・オバノンは、ここで集めたスタッフを再集結させ、『エイリアン』(リドリー・スコット監督)を企画するなど、その後の映画界に多大な影響を与えた。
本作は、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥ、ギーガー、レフン監督等のインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”、ホドロフスキー版『DUNE』についてのドキュメンタリーである。
>> 続きを読む

    『ホドロフスキーのDUNE』 ■監督:フランク・パヴィッチ ■出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セイドゥ、H.R.ギーガー、クリス・フォス、ニコラス・ウィンディング・レフン (2013年/アメリカ/90分/英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語/カラー/16:9)■配給:アップリンク/パルコ

    ホドロフスキーのDUNE の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 元気が出る

      かの有名なカルト映画の帝王、ホドロフスキーさん。

      どんな気難しいとっつき辛い人物なのかと思っていたら、
      エキセントリックではありますが、とてもチャーミングで親しみ易そうな方でした。

      そのホドロフスキーさんが持てる情熱の全てと、
      長い年月を費やして準備したにも関わらず、
      製作中止となってしまった幻のSF超大作「DUNE」。

      その顛末のドキュメンタリー。

      ホドロフスキーさんの人心掌握力の凄さ、イマジネーションの限界への挑戦、
      などなど見所がいっぱいでした。

      刺激的で示唆に満ちた発言やエピソードの数々は、
      映画に限らず、クリエイティビティに携わっている方には、
      ぜひ一度は観てほしいな、と思えるものばかりでしたし。


      そして頓挫した作品に対する愛情や思想が昇華していくようなラストは、
      ちょっと感動的ですらありましたね。


      「DUNE」のために練られたアイデアの数々が、
      後の様々な作品に影響を与えている、という証言も出てきますが、
      ちょっと眉唾なものもありましたけど(笑)。
      >> 続きを読む

      2016/05/04 by 備忘録

      「ホドロフスキーのDUNE」のレビュー

    • 4.0

      ホドロフスキーの「DUNE」観たかった。動かない部分は妄想で補い脳内上映。ホドロフスキーの言葉ひとつひとつが情熱的で、彼はまさに"預言者"であり”戦士"ですね。リンチの作品を観たときの率直な感想が面白い。まだまだたくさん映画を撮って欲しいなぁ〜

      2015/09/07 by Chihoish

      「ホドロフスキーのDUNE」のレビュー

    ホドロフスキーのDUNE
    ホドロフスキーノデューン

    映画 「ホドロフスキーのDUNE」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画