こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

オーストラリア

Australia
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス , アドベンチャー
公開: 2009/02/28
製作国: オーストラリア
配給: 20世紀フォックス

    オーストラリア の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0 切ない

      オージービーフ物語

      長いんだけどだいたい2部構成になっています(違)

      牛を大移動させるカウボーイたちの今でいうロードムービー。
      「赤い河 」とか?前半はそういう感じ。
      後半は日本のゼロ戦が派手に爆弾おとしていくの。

      っていう2部作(だから分かれてはいませんから!)で、
      豪州が舞台の西部劇~豪州が舞台の「パール・ハーバー」みたいな映画。

      子供を白人社会の労働者にするために教育する政策は、以前みた「裸足の1500マイル」(以前の記事)をみて知っていた。



      (~allcinema)
      「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。
      はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が、広大な大陸を横断するという果てしない道行きの中、粗野なカウボーイとの運命的な出会いや先住民アボリジニとの交流など、様々な未知なる経験を通して新たな自分を見出していく姿をスペクタクルな大自然を背景に描く。
       
      イギリスの貴婦人レディ・サラ・アシュレイは、オーストラリアの領地を生計の足しに売却しようと旅立ったまま1年も帰ってこない夫を訪ねるため、ロンドンから初めてオーストラリアへ向かう。
      そして現地に到着すると、夫ではなく、ドローヴァー(牛追い)という名の無骨なカウボーイに出迎えられる。彼は、サラを領地“ファラウェイ・ダウンズ”へ問題なく送り届ければ、1500頭の牛を追う仕事を約束されていたのだった。初対面は共に印象が悪く、互いに反感を抱きながら領地への旅を続けるサラとドローヴァー。こうして、いよいよ領地へ辿り着くサラだったが、権力者の仕業で屋敷は荒れ果て、さらには衝撃の事実を知らされる羽目に。サラは、抵当に入れられた領地を守るため、1500頭の牛を遠く離れたダーウィンにいる軍へ売ることを決心するのだが…。
      >> 続きを読む

      2018/11/01 by motti

      「オーストラリア」のレビュー

    • 3.0

      ヒュー・ジャックマン、二コール・キッドマンらオーストラリア出身の俳優が主演であった。
      広大なオーストラリアを舞台にした物語した冒険あり、ロマンスあり、感動ありの物語であったのだが、個人的にはいまひとつ面白くなかった。なんかちょっと真実味にかける気がする。
      あとコンピュータグラフィックス使いすぎじゃないかと思う。
      この手の壮大な大自然のドラマにコンピュータグラフィックスは似合わない!!

      2017/12/29 by kuniyan

      「オーストラリア」のレビュー

    • 3.0

      数日経ったら結末が思い出せないなぁ・・・なぜだろう

      2015/11/11 by kaiteru

      「オーストラリア」のレビュー

    • 2.0

      オーストラリアの土地を生かした壮大な歴史的絵巻。
      大まかに言えばそういうキャッチコピーになるんだろうが、これは間違いだ。

      正しくはラブストーリーに戦争ものにアクションにコメディにウェスタンを混ぜて、そこにファンタジー色を出したごちゃ混ぜ映画。
      いやーこりゃ別の意味で壮大だ(笑)

      どこのパートもピンと来ないというか、いいとこだけ寄せ集めたみたいなバランスの悪い作品になった。
      肝心なとこはナレーションと魔法で片付けるなどあっさり。

      戦争シーンも型どおり。
      あの終わり方では日本軍を出してまで起こった戦争の悲劇など、到底伝えられないだろう。

      それにしてもバズ・ラーマン監督作とはとことん相性が悪い。
      >> 続きを読む

      2015/03/19 by オーウェン

      「オーストラリア」のレビュー

    • >正しくはラブストーリーに戦争ものにアクションにコメディにウェスタンを混ぜて、そこにファンタジー色を出したごちゃ混ぜ映画。
      完全にまぜすぎですね…笑
      キャストも良さそうなのにもったいないですね><
      >> 続きを読む

      2015/03/19 by coji

    • 4.0 笑える 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      公開当初、気になってはいましたが、今回やっとレ・ミゼラブルの影響で観ることができました。

      初めに言っておきたいのが、ヒュー・ジャックマンの好きなあなた、これを観ると今以上に好きになると思います。絶対。レット・バトラー並にかっこ良かったです。この世にこんな人が存在してるのが信じられないほどカッコイイです。

      で、これはWWⅡ勃発前のオーストラリアの話。
      先住民アボリジニとイギリス白人との確執や、そのハーフの子どもの処遇の歴史を前提に…牛が大移動します。…いろんな理由があって、牛が大移動するんです。で、そこで良かったね、ちゃんちゃんかと思いきや、WWⅡが始まり、その並に飲み込まれた主人公たちでひと山ふた山あります。

      ニコール・キッドマンが冒頭ちょっと笑えるので、なんでこの作品でこの扱い…と思ったら、監督がバズ・ラーマンでした。サティーンだった…。
      ヒール役の顔をどこかで見たと思っていたら、LORのファラミアでした。
      あのホビットたちにとてもとても優しいファラミアが何故!!!

      WWⅡが勃発した辺りでは、日本軍がオーストラリアに爆撃してくるんですね。
      これ、あんま学校の歴史で習ってない…というかだいぶさらりと流される。
      日本も爆撃されたり、世界初の被爆国にされたりもしてるけど、他国にやってるのだよね。
      中学の時にオーストラリアにホームステイしたとき、あっちの学校で石投げられた理由も、まぁ、こーゆーことかぁって思いました。日本人は未だにアメリカ人に石投げたりしないだろうけど。
      映画で歴史を学ぶって良いなあと思いました。
      アボリジニや先住民の文化にも興味が出たし、またオーストラリアに行きたくなりました。
      >> 続きを読む

      2014/10/05 by みずゑ

      「オーストラリア」のレビュー

    もっとみる

    オーストラリア
    オーストラリア

    映画 「オーストラリア」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画