こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

人生の約束

人生の約束
(C)2016「人生の約束」製作委員会
全国東宝系にてロードショー
1クリック登録
公開: 2016/01/09
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝
【ストーリー】
会社の拡大にしか興味の無い、IT関連企業CEO・中原佑馬(竹野内豊)の携帯に、ここ数日、かつての親友から何度も着信が入っていた。共に起業して会社を二人三脚で成長させながらも、その会社を追い出す形で決別した、かつての親友・塩谷航平。疎く思う反面、胸騒ぎを覚えた佑馬は、仕事の予定をキャンセルして、航平の故郷である新湊に向かう。そこで佑馬が直面したのは、予期せぬ親友の死だった。

町内会長を務める西村玄太郎(西田敏行)に話を聞くと、病に冒され余命わずかだった航平は、最後に曳山につながりたいと、十五年ぶりに故郷の土を踏んでいた。事態を飲み込めない佑馬が線香をあげようとするも、航平の義兄・鉄也(江口洋介)は、会社を追い出したあげく、航平からの最後の電話を無視し続けた佑馬を許すことが出来ず、殴りかかってしまう。故人を惜しむ場が荒れるのを防いだのは、鉄也が引き取って家で面倒を見ていた、航平の忘れ形見ともいえる娘・瞳(高橋ひかる)の落ち着いた対応だった。かつての親友に子どもがいたことに驚く佑馬は、自分に何か出来ることはないかと瞳に聞くと、物憂げな瞳が重たい口を開いた。

「西町から四十物町の曳山を取り返してくれますか?」

新湊にある13の町の一つ、航平が育った四十物町(あいものちょう)では、若者の流出による曳き手不足に加えて、曳山の維持費が底を突いてしまい、これ以上、曳山を守ることができなくなっていた。そんな時、資金が豊富な新興の西町が、今年の祭りでは四十物町に曳かせることを条件に、曳山を譲って欲しいと申し出てきた。本来、売り買いするものでない曳山ではあるが、背に腹を変えられない状況に、四十物町は苦渋の決断をせざるを得なかった。しかし、譲渡式が終わると、西町の会長・武田善二(柄本明)はあっさりと約束を反故にしてしまう。ちょうどその頃、町に戻っていた航平は、最後の時期を迎える瞬間まで、武田のもとに足を運び、抗議をしていたのだった。
一方、東京では佑馬の会社が不正取引の疑いで強制捜査を受け、佑馬は仲間だけでなく、会社も失い、全てを失ってしまった。一人になってしまった佑馬は、かつて航平と交わした約束を思い出す。「一度口にしたことは実行する」。佑馬は思いを新たに新湊へ戻り、瞳との約束を守るため、ある秘策に出ることにした。富山県警の刑事・岩瀬厚一郎(ビートたけし)の捜査も迫る中、約束を守るため奔走する佑馬だったが、新湊では祭りがすぐ間近に迫っていた――。
>> 続きを読む

    【キャスト・スタッフ】 竹野内豊 江口洋介 松坂桃李 優香 小池栄子 美保純 市川実日子 高橋ひかる 立川志の輔  室井滋 柄本明 ビートたけし 西田敏行 監督:石橋冠(「池中玄太80キロ」「ラブレター」「なぜ君は絶望と闘えたのか」) 脚本:吉本昌弘(「TEAM-警視庁特別犯罪捜査本部-」「臨場「刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史」)

    人生の約束 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 4.0 元気が出る

      池中玄太80キロなどTV業界で活躍している石橋冠監督の映画デビュー作。残念ながら池中玄太知りません。まあそれはさておき、これだけのキャストが集まり、あれだけの熱い演技を見せたことからも監督の凄さが伝わります。江口洋介は早々に短髪になり、ロケ地である富山にも乗り込み、漁師役になりきったとか。キャストを突き動かす力があるんでしょうね。西田敏行も、柄本明も美保純も、室井滋も、小池栄子も、松坂桃李もみんな良い演技されてました。おまけにたけしまで登場するとは。
      で、テイク1のライブ感が好きだと語る監督はさぞかし、入念に演技指導をしてから望むのかと思えば、主役竹野内豊には自由を与えたようで、竹野内豊自身かなり悩んだんじゃないかなとのコメントをどこかで見かけました。そもそも、IT社長っぽくないし、髭を生やしても威厳しか出てこない人に無茶なキャスティングのような気もするのに。その竹野内豊の役を模索する様子が、何かを取り戻そうとする主人公とマッチしている。これは狙いなんでしょうか。人と人の繋がり・・・最終的に見事に繋がっていくような展開は竹野内豊自身がこの役をものにしたことでもあるように感じました。

      ちなみに祭りと言えば松嶋菜々子の眉山に似ているようで、航平が姿を現さないという意味では桐島部活やめるってよ的な要素もあるような。まあ気のせい気のせい、パクリとかそういう事言ってません(笑)
      >> 続きを読む

      2017/12/07 by メッシイ

      「人生の約束」のレビュー

    • 4.0

      人のつながりの大切さ、よさを上手に表現した映画だと思った。竹ノ内さんの演技、西田さんの演技がとても素晴らしかった

      2017/08/08 by megucchi55

      「人生の約束」のレビュー

    • 2.0

      なんか昭和感漂う雰囲気。
      あまり入り込めなかったけれども、祭りで人々が繋がっているシーンは素敵だった。
      そんな中に精一杯、竹野内豊が参加しているところもよかった。

      2016/11/29 by よっしー

      「人生の約束」のレビュー

    • 4.0

      感想川柳「得るよりも 無くすことから 始まるもの」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)ラジオで予告がガンガン流れてたのもあります。

      IT会社CEOの中原はかつて共に会社を立ち上げて追い出した親友から何度も着信があったが無視していた。ある時秘書が気にしてるので取ってみると無言で切れ、何かあったのかと地元である富山に向かう…というお話。

      池中玄太も石橋監督も知らないけどキャスティングの豪華さと予告でのセリフが気になってました。(;・∀・)

      「無くしてから気付くことばっかりやなぁ…人生ってやつは」
      「子供は育ち、こっちは老いる。納得して時が流れる。人生って良いなと思う。」

      このセリフが印象的でした。( ̄ー ̄)「人生も踊り場なら過去も未来も見ることが出来る」も良かったですけど(>_<)

      自分あんまりお祭りとか好きじゃなくて神輿に参加するのもイヤイヤでした。(ー_ー;)でも大人になるとこういう繋がりもいいなと思えるようになるもんですね。

      ただ思ったより波乱は無かったです(^^;江口洋介と竹野内豊がもっと険悪になるかと思ったらあっさり改善されましたね。

      娘役の高橋ひかるちゃんのピュアな感じ良かったです。( ´∀`)
      >> 続きを読む

      2016/07/20 by Jinyuuto

      「人生の約束」のレビュー

    • キャスト的に大いに魅かれます。

      観よう♪

      2016/07/21 by ice

    • 3.0

      2016年の一本目鑑賞。物語の内容としては先が読めるような展開でそこまで劇的なものではないが、「失って気付くこと」が人生の中にどれほど多いのかということを、訥々と滲ませるようなあたたかい作品だった。生まれ育った田舎があって、その田舎で地元民が一つになるような伝統的なイベントがあるという人ならかなり感情移入して観れるかもしれない。自分は残念ながらそういう結束や団結というものには学生時代以来無縁で、アウェイな気持ちになりつつも、とても羨ましい思いにとらわれた。“繋がる”素敵な言葉だ。

      2016/05/03 by こちお

      「人生の約束」のレビュー

    もっとみる

    人生の約束
    ジンセイノヤクソク

    映画 「人生の約束」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画