こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

エリート・スクワッド

ELITE SQUAD
ジャンル: アクション
製作国: ブラジル
配給: トランスフォーマー

    エリート・スクワッド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0 ハラハラ

      やはりブラジルの社会を描く映画はインパクトがあります。
      映画「シティオブゴッド」ももちろん観ましたが、既に20年近く前ですので、細部の記憶は定かではありませんが、相変わらず緊張感強めです。

      観終わった感想としましては、シティオブゴッドの時に比べる衝撃度はマイルドになりましたが、それでも日本とは異なるブラジルの日常を疑似体験するには良いのではないでしょうか。

      2019/07/21 by takenuma

      「エリート・スクワッド」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      このブラジル映画「エリート・スクワッド」は、ブラジル、リオのスラム、麻薬密売、警官の汚職に立ち向かう軍警察特殊部隊をリアルに描いた作品だ。

      タイトルからは、一見、特殊部隊アクションかなと連想してしまいますが、そんな生易しい映画ではありません。

      何しろ脚本が「シティ・オブ・ゴッド」のブラウリオ・マントヴァーニだ。
      ブラジルのリオデジャネイロが抱えるスラム、麻薬密売、警官の汚職といった困難な問題に敢然と立ち向かう、軍警察特殊部隊BOPE(ボッピ)の活躍を描く作品なんですね。

      当然、アメリカの特殊部隊ものとは違って、ドキュメンタリータッチの社会派映画なのだ。
      しかも、このBOPEの行動がアクション映画以上に激しいのだから、さらに驚いてしまう。

      マチアスとネトは新人警官。しかし、警察内部の腐敗に対してささやかな反抗を行なったことから、スラムのいざこざに巻き込まれてしまう。

      銃を持ったチンピラに包囲され、弾も尽きて万事窮すとなった時、軍警察精鋭部隊BOPEが駆けつけ、無事救出された。
      そして、堕落した警察に嫌気がさした二人はBOPEに志願するのだった。

      一方、BOPEのナシメント大尉は、日々の激務でストレスが頂点に達していた。
      一時的に実践の任務を離れ、訓練教官となったナシメントは、マチアスとネトを自分に替わる指揮官に育てるため、過酷な訓練を開始するのだった。

      欧米の特殊部隊ものと変わらないように思えるが、BOPEの行動はとにかく過激だ。
      チンピラが銃を持っていれば、先に発砲し、相手が死んでも気にしない。

      そして、手掛かりをつかむためなら拷問も辞さず、頭にビニール袋を被せて空気を遮断しながら、何回も顔をひっぱたくという激しさは、もはや警察の特殊部隊というよりも「ワイルド7」か「マッドポリス」のようなのだ。

      何しろ、彼らのエンブレムはドクロなのだから、ナチのSSも顔負けだ。
      しかし、前半で警察の腐敗も描かれているから、これも仕方がないだろうなと思えてしまう。

      最終的に物語は、インテリで穏健派のマチアスが、ひとりのタフなBOPE隊員に成長するところで終わるが、続編ではさらに過酷な運命が待っているのだった。
      >> 続きを読む

      2018/10/09 by dreamer

      「エリート・スクワッド」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      「シティ・オブ・ゴッド」でも衝撃を受けたが、まだまだブラジルには闇が蔓延っていると感じてしまう作品がまた出てきた。

      リオでは街中でもそして警察組織でも、麻薬がはびこり汚職が蔓延している。
      これに嫌気が差した二人の警官は「BOPE」と呼ばれる、特殊部隊に入隊を決意する。
      そこはまさに地獄の訓練が行われる組織であった。

      温情の欠片もない街で見出したのは、暴力に対してより暴力をという結論である。
      ギャングの方がまだ優しいという意味すら持てそうな現状で、実在する組織「BOPE」は公開禁止を求める裁判まで引き起こしたといういわくつき。

      まったくブラジルという国はどうなっているんだと嘆きたくなる。
      >> 続きを読む

      2016/03/30 by オーウェン

      「エリート・スクワッド」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      感想川柳「陽気な国 そんな事すら 薄れゆく」

      シティオブゴッドとか見たことないんですけど、予告が面白そうだったので観てみました。φ(..)

      リオ・デ・ジャネイロにローマ法王が来訪することになった。警察のエリート特殊部隊BOPEの隊長ナシメントは、法王が宿泊を希望した場所の近くにある、危険なスラム地帯にはびこる麻薬ディーラーを一掃せよとの命令を受ける。妻が妊娠し、過酷な部隊を引退しようとしていた彼だったが、この最後の仕事だけは、断ることができなかった…というお話。


      映画の内容はフィクションでも実際にあるスラムの現状や警察の汚職が題材なので、その筋の権力者から幾度となく圧力がかかったとなれば気になります。

      カメラが悪いのかそういう意図があったのか、ブラジル映画だからなのか分かりませんけど、非常に見にくい感じでした。(゜Д゜≡゜Д゜)

      ドキュメントっぽい感じでホントにこういう事がまかり通ってると思うと日本に生まれて良かったと思います。(´・ω・`)ブラジルではアバターより興行収入が良く、続編も出たみたいで作ったかいがあったんではないかと。問題解決にはまだまだ時間かかりそうですが…( ´_ゝ`)
      >> 続きを読む

      2014/02/19 by Jinyuuto

      「エリート・スクワッド」のレビュー

    • ブラジル映画って聞くとボクの中のラテンの血が騒ぐんですよねー

      ♯生粋のジャパニーズですw >> 続きを読む

      2014/02/19 by makoto

    • 警察の汚職が海外では、結構深刻みたいですね。

      2014/02/19 by ◆空太◆

    エリート・スクワッド
    エリートスクワッド

    映画 「エリート・スクワッド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画