こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ハリーの災難

The Trouble with Harry
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション , コメディ
公開: 1956/02/08
製作国: アメリカ
配給: パラマウント

    ハリーの災難 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 5.0 笑える ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ハリーの災難」は、"サスペンス・スリラーの神様"アルフレッド・ヒッチコック監督の趣味というか、悪い冗談が最も色濃く発揮された、ブラック・ユーモア調で綴られる、間違えられた男の物語だ。

      死体という"御馳走"を前にして、舌なめずりしているヒッチコック監督の姿が目に浮かぶようです。

      ヴァーモントの紅葉した森に、ハリーという名の男の死体が転がっている。兎を撃ちに来た老人(エドモンド・グウェン)は、誤って自分が殺してしまったものと思い込む。

      次にオールド・ミス(ミルドレッド・ナトウィック)は、その男に襲われそうになった時、靴のかかとで殴ったのが死因だろうと考えてしまう。

      そして、愛想をつかして夫のもとから逃げて来たハリーの妻(シャーリー・マクレーン)は、突然現れた夫の頭を牛乳ビンで殴ったので、それがもとで死んだのだろうと思ってしまう。

      こうして、間違いが交差して、憐れにもハリーの死体は埋められたり、掘り出されたりという、"死体版・間違えられた男"をめぐる、奇妙な味のブラック・コメディになっているのだ。

      そこでは、"ハリーだった"男の死体が、まずもって、もの言わぬ主役であり、これを埋めたり、掘り返したり、あちこち動かしたり、裸にしたりと、すったもんだしたあげくに、元の場所に戻される一日の"空騒ぎ"が描かれるのです。

      よくよく考えてみると、死体を冗談のネタにするなんて、何とも悪趣味としか言いようがありません。でも、こうアッケラカンとやられると、我々観る者も、いつの間にかクスクス笑いを浮かべていたりして----、そんなところにヒッチコック監督の"悪趣味の洗練された上品さ"があると思うのです。

      不思議の国のアリスは、時計を持った兎に導かれて、不思議の国へ行くことになりますが、中年男のハリーもまた、兎によってとんでもない不思議の村に入り込み、一日の大旅行を"寝たまま"することになってしまうのです。

      美しい田舎の、のんびりした風景の中に、長々と寝そべったハリー、それは死体というにはあまりに心地よげで、死は永遠の眠りというのにふさわしいように見えてきます。

      ともかく、ヒッチコック監督は間違いや偶然から生じる混乱を、まず設定しておいて、それから映画ならではのサスペンスと冒険の世界へと、我々観る者を引きずり込んでいく名人だったのです。
      >> 続きを読む

      2016/12/13 by dreamer

      「ハリーの災難」のレビュー

    • 評価なし

      だらだらしてたけどまぁ面白いかな。しかし最初の言い争いがよく分かんなかったけどあのかかとのおばさんと争ってたのか?

      2016/09/29 by さざんか

      「ハリーの災難」のレビュー

    • 3.0

      ヒッチコック作品にしては珍しくサスペンスではなく、コメディ調の物語。それもブラックコメディの様相。

      紅葉の季節。
      バーモントの村の森で見つかったハリーという男の死体。
      そこに様々な人が関わっていき混乱していく。

      いかにもコーエン兄弟が手掛けそうな題材だが、死体を掘って埋めての作業を繰り返すところなんか笑いが生まれる。
      死体の撮り方など凝った構図がヒッチコックらしい演出を見せる。

      話の顛末は死体がどうこうではなく、別のところに目的があるというのもポイント。
      ただやはりブラックユーモア以上のものは感じ取れないのが残念。
      >> 続きを読む

      2016/07/07 by オーウェン

      「ハリーの災難」のレビュー

    • 4.0

      掘っては埋め、掘っては埋めて。

      ヒッチコック監督ってこんな作品も撮れるのかと驚いた!
      人が死んでるのに軽っ(笑)でもこの軽さが本当いい♪
      肩に力が入ってなくてとても楽な気持ちで見ることができました◎
      コロコロと変わる展開も楽しい☆そしてシャーリー・マクレーンかわいい。これがデビュー作らしい。

      バーナード・ハーマンの作曲した曲もとても良かったし、まるでクッキーのようなサクサクして美味しい映画でした
      (`●、ω^)
      >> 続きを読む

      2015/03/21 by きりゅう

      「ハリーの災難」のレビュー

    • おいしそうなんで今度いただきます(^_^)v

      2015/03/21 by メッシイ

    • ヒッチコックなので味は保証できます^^

      2015/03/22 by きりゅう

    ハリーの災難
    ハリーノサイナン

    映画 「ハリーの災難」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画