こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

絶叫のオペラ座へようこそ

STAGE FRIGHT
公開: 2015/01/24
製作国: カナダ
配給: アット エンタテインメント

    絶叫のオペラ座へようこそ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 評価なし 笑える ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      プリマドンナ(M・ドライヴァー)が
      舞台の成功に酔っていた楽屋で
      怪人の紛争をした何者かに惨殺される、
      その犯人は誰?な所も面白かった

      この惨劇から10年後が
      本筋にはなるから
      犯人はまあまあオッサンでなければならず
      途中迄は
      プリマの息子(D・スミス)と娘(A・マクドナルド)を
      育てた
      プリマのプロデューサー(M・ローフ)、
      キャンプ場の管理人(G・ダンハム)と
      有名プロデューサー(J・マクゴーワン)の
      3人の中にいると分かってしまった

      ただ、
      現在の殺人鬼は
      怪しいのが多数出て来るので
      逆に
      どの子が犯人でもおかしくなくなって
      ああ、コイツかって分かった時は
      感動もなかったなあ

      劇中劇は
      明らかにオペラ座の怪人をベースにしていて
      そういや、
      これは実話だと謳っていたなと思い返したが
      どの部分が実話なのかわからないなあ、
      クリスティーヌ・ダーエ役の女優が
      楽屋で殺されたとかかな?

      そもそも、
      オペラ座の怪人は
      オペラ化されてるのかな、
      ミュージカルしか知らん

      日本の歌舞伎を
      怪人のモチーフにして
      舞台も黒髪とか着物とか
      設定されていたが、
      中国っぽい曲とか銅鑼とか…
      カナダの、日本に対するイメージ
      こんなもんですわ

      ミート・ローフが出てるの知ってたが
      分からへんかったわ、
      犯人候補の3人の中には
      年齢的におると思ったけど
      エンド・クレジット
      ガン読みして
      驚いてしまった
      >> 続きを読む

      2017/04/01 by 紫指導官

      「絶叫のオペラ座へようこそ」のレビュー

    • 4.0

      何ともB級感漂う邦題だが、中身はホラー×ミュージカルというなかなかの曲者。
      いい感じにごちゃついていてかなり楽しめた。
      何せ殺人犯も歌っちゃうんだから凄い(しかもヘビメタ)。
      展開は王道且つお約束といった感じでありきたりだけど、刃物に固執する辺りダリオ・アルジェント臭もしてグッド!
      雑な伏線も許せちゃう位のテンションがたまらない。

      2015/01/29 by ungetum

      「絶叫のオペラ座へようこそ」のレビュー

    • 殺人犯がヘビメタ…!?!
      ホラー×ミュージカルとは、なかなか挑戦ですね!

      2015/01/29 by coji

    • もう笑っていいのか何なのかよく分からない感じでしたけど、往年のヘビメタバンドばりに超シャウトしてました(笑)
      変わったホラーで面白かったですよ!
      >> 続きを読む

      2015/01/29 by ungetum

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    絶叫のオペラ座へようこそ
    ゼッキョウノオペラザヘヨウコソ

    映画 「絶叫のオペラ座へようこそ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画