こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

インポッシブル

THE IMPOSSIBLE
ジャンル: ドラマ
公開: 2013/06/14
製作国: アメリカ , スペイン
配給: プレシディオ

    インポッシブル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 3.0 ハラハラ

      災害時の連絡方法について見直そうと思った

      あのスマトラ津波の被害はこのあとの日本の311で霞んじゃったのはもうしわけないけれど(;´Д`)
      大変でしたね。
      しかし映画の内容としては、災害時の電話や伝言のシステム構築があればこんなドラマはなかったろう。
      すれ違いシーンなんかは昔のアニメの「母をたずねて三千里」を思い出したわ

      災害時伝言ダイヤルとか?使い方がわかりませんが(;´Д`)
      覚えとかなきゃイカンね。

      (allcinema解説)
      2004年のスマトラ島沖地震による大津波で被災したあるヨーロッパ人家族を巡る奇跡の物語を、「永遠のこどもたち」のJ・A・バヨナ監督が完全映画化した感動のトゥルー・ストーリー。津波に呑み込まれ、家族がバラバラになりながらも再会を信じて懸命に生き抜き、諦めることなくお互いを探し続ける姿を通して、家族の愛と絆を力強く描き出す。出演は「ゴーストライター」のユアン・マクレガー、「フェア・ゲーム」のナオミ・ワッツ、本作がスクリーン・デビューのトム・ホランド。
      2004年12月。イギリス人夫婦マリアとヘンリーは、3人の息子たちとともにタイのリゾート地を訪れ、バカンスを楽しんでいた。ところがクリスマスの翌日、スマトラ島沖で巨大地震が発生、一家を津波の濁流が襲う。一緒に流されたマリアと長男ルーカスは辛うじて生き延びるが、大ケガを負ったマリアは歩くこともできず、地元の人の助けでどうにか病院に搬送される。しかしそこは、遺体と重傷患者であふれかえり、手当もままならない状態だった。一方、下の息子2人ともども瓦礫の山と化したホテルで九死に一生を得たヘンリー。彼は息子たちを高台へと避難させると自分は一人残り、行方不明となったマリアとルーカスを見つけるため、ホテル周辺を探し回るのだったが…。
      >> 続きを読む

      2020/05/31 by motti

      「インポッシブル」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      今度タイに津波研修へ行くということで勧められた映画。
      タイで起きたスマトラ沖地震をモデルにしています。

      親子が出会うたびに号泣で、「これ四方に散らばった家族全員が出会うまでにあと何回泣けば良いんだ?」とか思いながらみていたら怒涛の最後で全員会えて本当に良かったです。地震や津波で大変だったって聞いたとしてもいまいち実感が湧かなくて、理解できていなかったと思うのですが、これをみて本当に怖いなと。

      多分今、知れて良かったです。
      >> 続きを読む

      2018/02/26 by 無重力

      「インポッシブル」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      津波の映像は311の影響で忘れられぬ出来事となったが、こちらはスマトラ沖で起きた地震で発生した津波によって引き裂かれる家族をめぐる物語。

      クリスマス休暇にタイにやってきたベネット夫妻と3人の子供たち。
      プールで遊んでいるとそこは突然の大津波によって飲み込まれてしまう。

      実話なのでほとんど脚色はされておらず、家族の行方を追うサバイバル劇。
      特に生きようとする執念を見せる個人を支えるのは家族という絆。

      野戦病院さながらな避難所。
      遺体安置所や病院なども人々がひしめていく部分は少なからず胸に詰まるものがある。

      長男を演じたトム・ホランドの奔走する姿が、被災地での希望にも見える。
      >> 続きを読む

      2016/12/16 by オーウェン

      「インポッシブル」のレビュー

    • 4.0

      ずっと観たかった作品。まずまず期待通りでした。

      2015/12/17 by kaiteru

      「インポッシブル」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない ハラハラ

      スマトラ沖地震で起きた津波により巻き込まれ離れ離れになった一家族を描いた事実を元に製作された作品。

      泣きました。悲しみの涙。最後は安堵からくる涙でした。
      やはり3.11を思い出してしまいます。あの時、あの日。何を感じ、何を思ったかを…。
      なのでストーリー全てに感情移入してしまいました。

      つらくて目をそらしたくなるシーンもありました。
      けど、どんな状況でもルーカスに人としての正しさや母親として元気づけるマリア、必死に母親を助けようとするルーカス。家族愛・絆は、なんと強いことか!と胸を打たれ感動しました。

      この作品は映画ログの他の方々のレビューで知りました。
      とても良い作品に出会えました。ありがとうございました。

      オススメ作品です。
      >> 続きを読む

      2015/02/15 by fate

      「インポッシブル」のレビュー

    • 旅行で行ったことある知っている土地が津波に巻き込まれている様子をテレビで見た時は衝撃でした。3.11のこともありますし、色々考えちゃいそうですね。 >> 続きを読む

      2015/02/15 by milktea

    • milkteaさん。
      いろいろ考えるし、あの時のこと思い出してしまいますね。
      ツライけど忘れてはならない事だと感じています。 >> 続きを読む

      2015/02/15 by fate

    もっとみる

    インポッシブル
    インポッシブル

    映画 「インポッシブル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画