こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

勝利への脱出

ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 1981/12/12
製作国: アメリカ
配給: 冨士映画

    勝利への脱出 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「勝利への脱出」は、ジョン・ヒューストン監督による"脱走アクション映画"の傑作だ。

      舞台は第二次世界大戦下の連合軍捕虜収容所。と言えば、かつてのダイナミックな脱走ドラマの大傑作「大脱走」を思い出してしまうが、この映画はちょっと違うのだ。何とサッカーの試合の最中に、脱走しようというアイディアなのである。

      1943年、ナチス占領下のパリ。連合軍捕虜収容所で、サッカーの元全英選抜選手とドイツの選手が出会った事から、ドイツ軍VS捕虜選抜チームのサッカー・ゲームが企画される。そして、レジスタンスはこれを利用して捕虜たちの集団脱走を企てるが----。

      この映画の中心人物は三人。マイケル・ケインのイギリス将校。冷たいばかりの完璧な計算で脱走計画を推し進め、時には仲間の腕を叩き折る事さえやってのける。

      スウェーデン出身の名優・マックス・フォン・シドーが扮しているのはドイツ将校。スポーツマンとしての純粋な気持ちと共に、ドイツ捕虜収容所政策を、対外的に明るくイメージ・アップしようと考えて、サッカー試合を実現させる。

      そして、もう一人は、陽気でおっちょこちょいのアメリカ将校のシルヴェスター・スタローン。この計画に参加したいのだが、なかなか仲間に加えてもらえない。このスタローンが実にいい。アメリカ青年らしい爽やかさと一途な正義感を素朴に演じていて好感が持てる。

      「ロッキー」のイメージそのままに、典型的な"愛すべき"アメリカの青年像を体現している。

      スタローンのおかげでラストのサッカー試合がぐんと盛り上がる。試合途中の脱走計画をやめて、最後の試合を勝ち抜こうとするわけだが、ラストの描写が何とも甘いという欠点も、途中の中だるみも、このサッカー場面の迫力が、充分にカバーしていると思う。

      ブラジルのサッカーの神様ペレを初め、本物のサッカーのスター選手が捕虜の兵士として試合に加わっているのも見ものだ。

      かつての「大脱走」のクライマックスが、個々の力による脱走であったのに対して、この映画では"集団プレー"。

      今、この時を共に戦い抜こうという、アメリカ人向けのメッセージが聞こえてきそうだ。
      >> 続きを読む

      2016/12/16 by dreamer

      「勝利への脱出」のレビュー

    • 3.0

      刑務所からの脱獄のため、その手段としてサッカーの試合が用いられるという異色な作品。

      まずはメンバー集めのためマイケル・ケインが中心となってチーム作り。
      そこにスタローンがGK兼マネージャーとして加わる。
      ここで外部に手回しのためスタローン一人でまずは脱獄。ここで重要なのはチーム全員で脱獄するということ。

      対するドイツチームは、ナチの時代。
      そのためチームが燃え上がるという構図が何とも強引だが、率いるはマックス・フォン・シドー。

      ということでスター勢ぞろいの刑務所サッカーものになっている。
      面白いのはチーム作りのときになぜかあのペレが(笑)
      超絶テクニックとあのミラクルなオーバーヘッドは驚異の一言。
      そしてハーフタイムから最後の意外な脱出方法まで、中々なエンターテイメント映画で楽しめる。
      >> 続きを読む

      2016/12/11 by オーウェン

      「勝利への脱出」のレビュー

    勝利への脱出


    映画 「勝利への脱出」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画