こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

砂の器

The Castle of Sand
ジャンル: ミステリー・サスペンス , 日本映画 , SF , ドラマ
公開: 1974/10/19
製作国: 日本
配給: 松竹

    砂の器 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 5.0 泣ける

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      映画を見て、小説を読むと原作のぐだぐださ加減にびっくり。とんでもミステリーだった。
      それを思うと、本当に映画はよくまとめてあるし、改造の仕方も上手いシナリオということがわかる。
      >> 続きを読む

      2019/09/30 by unkuroda

      「砂の器」のレビュー

    • 5.0 泣ける 元気が出る

      この名作をマイサンと一緒に観れたことに歓びを感じます。何度かリメイクされていますが、音楽も映画もコレが一番良いと思います。同時に、松本清張の駄作をよくぞここまで昇華してくれたと感謝の気持ちもこみ上げてきます。ハンセン氏病患者の加藤嘉が丹波哲郎に”こんな人、オラ知らねー”と言うところ、能天気な森田健作が”和賀は父親に会いたかったでしょうね”というのに対して、丹波哲郎が”そんなことわかっている”と怒鳴った後に、”和賀は、もう音楽に中でしか父親に会えない”というところ、心に焼き付く場面はいくつもあります。が、やはり幼少の和賀がハンセン氏病の父親と放浪するところは、忘れられない名シーンです。 >> 続きを読む

      2019/07/23 by PapaShinya

      「砂の器」のレビュー

    • 5.0

      前に観たはずなんだけど、改めて観て色々と忘れているところがあった。しかしものすごい名作だな…ラストの刑事の謎解きにコンサートと過去のシーンが重なるところは震える。「映画」でしかできない描き方だし、音楽の使い方も素晴らしい。そして、所々に配された役者陣が名優ぞろいで、とても現在はこんな映画はつくれないだろうなと思わされた。

      2019/04/24 by 室田尚子

      「砂の器」のレビュー

    • 4.0

      バラバラのピースがハマった時は、おお〜と思いました。
      古き良き時代の情景も伝わる映画です。電車や故郷の風景、人々の雰囲気。なんかいいなぁっておもいました。

      2019/03/11 by mapuu

      「砂の器」のレビュー

    • 3.0

      列車の紙ふぶきの記事から、簡単に見つかるのがご都合主義でもあり、手掛かりのヒントとなる上手さでもあった。父は息子を連れてなぜ旅に?病気と戦前の時代背景がよくわからなかったが、昭和の映像が懐かしくて、レトロでノスタルジー。俳優も骨太で濃い人ばかりの大物だらけ、そしてほとんど他界されてるから、ひたすら懐かしい。大がかりの大作ではあるが、違和感と疑問の方が強くで感動とかなかった。でも見ごたえあって面白かった。突っ込みどころも多かったけど。(Netflix)

      2018/08/20 by 桃猫バラ

      「砂の器」のレビュー

    もっとみる

    砂の器
    スナノウツワ

    映画 「砂の器」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画