こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ある公爵夫人の生涯

ジャンル: ドラマ , 史劇
公開: 2009/04/11
製作国: イギリス , イタリア , フランス
配給: パラマウント ピクチャーズ ジャパン

    ある公爵夫人の生涯 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      願った幸せが手に入らないとき、自分は他の幸せに目を向け、大事なことに気づくことができるだろうか。男の子を死産した後に「私には二人の健康な女の子がいる」と笑顔で言ったり、結婚生活では決して幸せになれないと知りつつ愛人の元に行くのを子供たちを見捨てられないと断ったり。彼女は常に物事の本質を見て、正解が存在しない選択肢を選ぶ。

      聡明な新しい考えを持った女性がどう足掻いても男性の支配から逃れることはできない時代、強く生きた女性の話。
      >> 続きを読む

      2016/08/17 by AMH

      「ある公爵夫人の生涯」のレビュー

    • 3.0

      18世紀のイギリス。
      令嬢ジョージアナは世界的な貴族デヴォンジャー公爵と結婚を果たす。
      だが二人の関係は世継ぎのことだけで、仲は冷え切っている。仕舞いには彼女の友人にまで公爵は手を出そうとする。

      いわゆる生存競争のためには愛をも犠牲にして世継ぎを残さねばならない。
      そのためなら二股など厭わない時代感がある。

      英国王室のコスチューム劇の割には話が小さく纏まっているきらいはある。
      ただ安っぽい感じがしないのはキーラ・ナイトレイやレイフ・ファインズなどのおかげ。
      ラストも悲壮感というよりは、むしろ度量の強さを感じる時代が見える。
      >> 続きを読む

      2016/08/10 by オーウェン

      「ある公爵夫人の生涯」のレビュー

    • 4.0

      公爵の跡継ぎを生むために若くして公爵夫人となったジョージアナはなかなか男の子に恵まれない。公爵の浮気にも目をつぶり、愛もなく、ただ男児をもうけるという役目を課せられただけ。離婚することも許されない。

      公爵と言えば王の次の位で、その夫人である。すべてが思いのままになる身分で、美しいものに囲まれ、贅沢な生活をしているのだけれど、愛がない生活はやはりそれだけで人を不幸にさせるのだなと感じた。

      公爵役のRalph Fiennesレイフ・ファインズがまた最低な嫌な男で気持ち悪くなる(笑)。

      2016/05/07 by MKau

      「ある公爵夫人の生涯」のレビュー

    • 5.0 切ない

      優雅で煌びやかな貴族社会の中で、なんという辛い切ないお話なんでしょうか。実話だそうです。前に『マリー・アントワネット』を観ましたが、はるかにこちらの方がドラマティックでした。女である事よりもやはり母親なんです。公爵夫人だけでなく夫人の友人である侯爵の愛人も母親なんです。世継ぎだけを求める嫌~な公爵だってそれなりに苦悩したのでしょう。みんなみんなそれぞれが切なすぎます。

      2014/10/23 by こうこ

      「ある公爵夫人の生涯」のレビュー

    • マリー・アントワネット気になっていました!
      ドラマティックなこの作品も気になります…! >> 続きを読む

      2014/10/23 by nekkoko

    • キリっとした美人さんですよねー♡

      2014/10/23 by makoto

    ある公爵夫人の生涯


    映画 「ある公爵夫人の生涯」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画