こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

LOFT

Loft
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , ホラー
公開: 2006/09/09
監督:
製作国: 日本
配給: ファントム・フィルム

    LOFT の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 笑える ハラハラ

      スランプ中の女性作家が、新天地で思いがけず1000年前の女性のミイラと遭遇、次第にミイラをめぐる謎に取り憑かれていく恐怖を描く。
      主演は中谷美紀、共演に豊川悦司。

      安達祐実は?高性能な焼却炉は?豊悦どうなっちゃってるんでしょう?
      最後なんか唖然としつつも段々とエンドロール中に可笑しさが込み上げてきてしまいました。いいんですかね?コレでw
      黒沢監督作品ですからイイんですw

      「これはこれでおもしろいなぁ」なんて一応納得しておいたのですが、この映画も随分と乱暴な感じではありますw


      (~allcinema)
      将来を嘱望されている女性作家・春名礼子。
      恋愛小説の執筆に取り掛かった彼女だったが、スランプに陥り体調も崩してしまう。
      心配した担当編集者・木島の勧めで、東京郊外の緑に囲まれた洋館に引っ越してきた彼女は、ある日、向かいの建物に何かを運び込む男の姿を目撃する。
      男は吉岡誠という大学教授で、その建物は大学の研修所だった。
      やがて礼子は、そこにミイラ化した1000年前の女性が極秘に保管されていることを知る。
      そして、吉岡からそのミイラを2,3日預かってほしいと頼まれるのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/16 by motti

      「LOFT」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      黒沢清の映画は全容が把握できなくても、一定の怖さはしっかりと保証してくれる。

      作家の礼子が執筆作業を進めるため、湖畔の近くの洋館に引っ越した。
      向かいの建物に住む吉岡教授が極秘に何かを運び出していた。
      それは千年前の遺体を閉じ込めたミイラだった。

      このミイラが恐怖の対象になるのだが、たまにハッとさせる瞬間が黒沢映画には必ずある。

      中谷美紀や豊川悦司が世界観に当てはまっており、ラストもホラー映画らしい場面がやってくる。

      物語としては微妙だろうが、ホラー映画なのでそこは気にならなかった。
      >> 続きを読む

      2018/02/03 by オーウェン

      「LOFT」のレビュー

    LOFT
    ロフト

    映画 「LOFT」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画