こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

四日間の奇蹟

ジャンル: ドラマ , ファンタジー , ラブロマンス
公開: 2005/06/04
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    四日間の奇蹟 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 1.0

      話の内容以前に、いつの時代だってぐらいの作りに唖然としました。

      設定におかしい点が多々あり、ちほりをなぜ引き取ったかだとか説明不足すぎる。
      おまけに後半はこれでもかと泣かせる演出満載で完全に興醒め。

      教会から出て行く辺りなんてのは、ほとんどやり過ぎ。
      ブローチや元夫の登場なども意味不明な点が多すぎて、あまりに不親切。

      ちほり役の子役がよかっただけに、全篇彼女に演じさせなかったのは致命的としか言いようがない。
      >> 続きを読む

      2019/02/11 by オーウェン

      「四日間の奇蹟」のレビュー

    • 3.0 切ない

      むずかしい役どころであった尾高杏奈さん演じる千織役の演技が中途半端に印象深い。
      ちょっとはずかしいし、迫真でもある。
      ソレに比べてやはり吉岡秀隆さんのシリアスな顔の演技の迫真さには慣れていてしまい、いつも同じような印象。西田敏行さんも然り。失礼。

      雷に打たれて両者が入れ替わってしまったのかと思って観てると、石田ゆり子さん演じる真理子の"怨み節"がイヤな女になってしまい感情移入できない。
      シナリオなりにはファンタジーと割り切っておもしろかった。


      (~allcinema)
      それぞれに哀しみを抱えた3人の男女の前におとずれる奇蹟的な出来事をファンタジックに綴るラブ・ストーリー。
      浅倉卓弥のデビュー作にしてベストセラーとなった同名小説を映画化。
      監督は「半落ち」の佐々部清。出演はTV「北の国から」の吉岡秀隆、「解夏」の石田ゆり子、新人・尾高杏奈。
       
      天才的なピアノの才能を持つ少女・千織とピアニストとして将来を嘱望されていた青年・敬輔。
      2人の出会いは敬輔がロンドン留学中の5年前。暴漢に襲われた千織親子を助けようとした敬輔は左手の薬指の神経を断裂してしまう。
      以来、彼は人前でピアノに触れることはなかった。そんな2人は今、日本各地の施設へ慰問演奏の旅をして回っていた。
      一方、とある島の療養センターで働く真理子。離婚の痛手を引きずりながらも懸命に生きる彼女は、2人の慰問演奏会を心待ちにしていた。
      彼女にとって敬輔は、12年ぶりに再会する初恋の人だった…。
      >> 続きを読む

      2018/11/01 by motti

      「四日間の奇蹟」のレビュー

    • 3.0 切ない

      う~ん、、
      ファンタジー系恋愛感動作。

      尾高杏奈演じる障害のある少女役が上手かった。
      真理子演じる石田ゆり子や、吉岡秀隆の、ピアニストの道を不運にも閉ざされてしまった青年がなんとか自分に言い聞かせて生きている感漂う悩める感じとか・・・
      役者さん達が良い分、心が入れ替わっちゃう古めの設定とか、ちょっと物語が強引だったりでなんだか勿体無い作品だったように感じた。

      真理子の、人間のちょっと自分勝手な部分が出てたり、配役が石田ゆり子だから自然と観られ、最後も少し感動できた気がする。。
      (たぶん他の人が演じていたら、その女優さん嫌いになるかも^^;真理子ってそういう感じ)


      でも深くあれこれ考えないで観るとw、案外感動できる作品だと思います^^
      >> 続きを読む

      2014/07/03 by mi-

      「四日間の奇蹟」のレビュー

    • こちらもかなり前に映画を観ました。
      あまり覚えていないのですが…吉岡秀隆にピアノが似合っているなぁ、というイメージでした。

      >> 続きを読む

      2014/07/03 by coji

    • 原作を読みました。

      『このミス』大賞の第1回金賞受賞作品なんですよね。

      2014/07/03 by ice

    四日間の奇蹟
    ヨッカカンノキセキ

    映画 「四日間の奇蹟」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画