こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

WINWIN ダメ男とダメ少年の最高の日々

WIN WIN
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 2012/08/18
製作国: アメリカ
配給: エスピーオー

    WINWIN ダメ男とダメ少年の最高の日々 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 元気が出る

      地味なスポ根もの?


      ダメ男かダメ少年かといえばどちらも不器用であるだけで根っから悪い人でもない。
      ずるい男と家出少年みたな感じ。
      それぞれ憎めないところは感情移入できる。
      地味ながらハートウォーミングな起承転結であった。

      (allcinema解説)
      「扉をたたく人」のトム・マッカーシー監督が「サイドウェイ」のポール・ジアマッティを主演に迎えて贈るコメディ・ドラマ。根は真面目ながらもなかなか思うようにいかず人生に悪戦苦闘する主人公と、彼を取り巻く人々のままならない日々をユーモアを織り交ぜつつ優しい眼差しで綴る。共演はエイミー・ライアン、ボビー・カナヴェイル、ジェフリー・タンバー、そしてこれがデビューのアレックス・シェイファー。
       弁護士のマイクは不況で仕事も減り、高校のレスリング部のコーチなどで得るわずかな副収入に頼る日々。このままでは家族の生活費を賄いきれず、おまけにそのレスリング部も連戦連敗で、いよいよ追い詰められていく。そんな時、認知症を患う独居老人レオの後見人になり、彼を体よく老人ホームに押し込んでそれなりの報酬を手にすることに成功する。その直後マイクは、祖父のレオを頼ってやって来た青年カイルと出会う。母親が施設に入ってしまい、行くあてがない彼をやむを得ず自宅に居候させるハメに。ところがカイルが地元の州では1,2を争うレスリングの実力者だったことが判明、彼が入ったレスリング部は瞬く間に好成績を叩き出すのだったが…。
      >> 続きを読む

      2019/10/28 by motti

      「WINWIN ダメ男とダメ少年の最高の日々」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      しがない弁護士マイクはくいっぱぐれを防ぐため、痴呆のレオを引き取り州からの手当てをせしめる。
      そのレオを介護施設に入れて意気揚々だが、レオの息子のカイルがやって来て居候をすることに。

      監督が「扉をたたく人」のトム・マッカーシーということで期待したが、脚本までこなすこの人はインディーズではもはや欠かせない存在へと上がってきている。
      この映画も何か特別なことが起きるわけではない。

      とても小さな出来事だが、そこにある人間を巧く汲み上げており、コミカルで微笑ましい。
      ポール・ジアマッティはいかにも小市民だし、その他のキャストも皆等身大なのが好感を持てる。

      二人がウィンウィンの関係性になっていることが面白い。
      トム・マッカーシーの次回作にも期待してしまう。
      >> 続きを読む

      2017/02/07 by オーウェン

      「WINWIN ダメ男とダメ少年の最高の日々」のレビュー

    WINWIN ダメ男とダメ少年の最高の日々
    ウィンウィンダメオトコトダメショウネンノサイコウノヒビ

    映画 「WINWIN ダメ男とダメ少年の最高の日々」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック