こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

星の王子ニューヨークへ行く

Coming to America
ジャンル: 外国映画 , SF , ファンタジー , アクション , コメディ
公開: 1988/12/17
製作国: アメリカ
配給: UIP

    星の王子ニューヨークへ行く の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 0.0

      これ、面白いよね!?またテレビでやってくれないかなぁ〜。

      2019/06/30 by ほにゃらら

      「星の王子ニューヨークへ行く」のレビュー

    • 4.0 笑える 元気が出る

      ストーリー自体は古典で王道ですが、その古典を現代(80年代)のニューヨークを舞台でエディ・マーフィがやるというのがこの映画の面白さだと思います。当然80年代の空気、 エディ・マーフィの魅力が詰まったいい映画だと思います。

      2019/03/16 by なおと

      「星の王子ニューヨークへ行く」のレビュー

    • 4.0

      おもしれー

      2019/03/16 by taku

      「星の王子ニューヨークへ行く」のレビュー

    • 4.0 笑える

      80年代のエディ・マーフィはやはり軽快だ。
      ただ今作はしゃべりではなく、その設定によって笑えて楽しめる。

      アフリカの国の王子。
      至れり尽くせりの宮廷育ち。
      ひとたび歩けば足元にはバラを撒き散らし、トイレには尻を拭く役までいる(笑)
      この勘違い振りが笑いを誘う。

      こんな王子がニューヨークにやってきて花嫁探し。
      当然そのギャップで笑わせるかと思いきや、王子は意外と普通人に。
      反対に付き添いのセミがやりたい放題(笑)

      ラブコメのような段階に移行も、当然エディが主演なので暗くはならない。
      床屋の七変化も楽しいエディの芸風。

      個人的には花嫁の父親が楽しいのと、強盗はまさかのサミュエル・L・ジャクソン。
      そんな意外な所も楽しめる作品。
      >> 続きを読む

      2015/05/19 by オーウェン

      「星の王子ニューヨークへ行く」のレビュー

    • 実際そんなに至れり尽くせりな環境はあるのか
      わからなくなってきたww
      その王子が普通人になれるのか疑問w >> 続きを読む

      2015/05/19 by teflon59

    • これ、面白いですよね!
      私の中ではエディ・マーフィ作品トップ3に入る作品です。

      2015/05/19 by 僕っ娘眼鏡

    • 5.0 笑える 元気が出る

      アフリカの小国の王子が、自分の花嫁を探すためお付と2人でニューヨークを目指す。ニューヨークで偶然入ったファーストフード店の女性に恋をした王子は一般市民になりすまし、そのファーストフード店でバイト始める。

      王子としての自分では無く、1人の男として好きになってもらうためにひたすらに王子だということを隠しながら、努力を続ける彼に、彼女も少しずつ気になりだすのだが彼女にも親が進める結婚相手が既にいたのである。

      エディ・マーフィの作品の中で一番好きかもしれない。子供頃から何回も見返しているが全然飽きない。大分昔の映画なので古臭いシーンもあるがそんなのは全然気になりません!! >> 続きを読む

      2013/12/09 by kleenex

      「星の王子ニューヨークへ行く」のレビュー

    • そんな彼のことを好きになった彼女、結婚が決まったら、実は王子様だった♪なんて想像したら、男なのにときめいてしまいました...(笑) >> 続きを読む

      2013/12/09 by ice

    • punikoさん>
      メン・イン・ブラックはウィル・スミスですよ~w
      あれ?それとも出てました??
      >> 続きを読む

      2013/12/09 by kleenex

    星の王子ニューヨークへ行く
    ホシノオウジニューヨークヘイク

    映画 「星の王子ニューヨークへ行く」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画