こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

47RONIN

47Ronin
ジャンル: アクション
公開: 2013/12/06
製作国: アメリカ
配給: 東宝東和

    47RONIN の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      「忠臣蔵」の物語を大幅に脚色し、キアヌ・リーブスが四十七士の一人として主演した、ハリウッド映画大作の「47RONIN」は、アクションファンタジーとでもいうべき作品だ。

      日本人がこの映画を観るならば、こだわりを捨てねばならない。
      なぜなら、開始早々、森の中を進む赤穂の一行を、象ほどの大きさの爆走するモンスターが襲うのだ。
      これはもう「もののけ忠臣蔵」である。

      キアヌ・リーブス演じる男カイは、出自が謎に包まれた異端の剣士。
      五代将軍・徳川綱吉が見物する試合で赤穂を代表し、吉良側の大魔神のごとき剣士と闘う。
      ここは明らかに「忠臣蔵ディエーター」である。

      肝心な松の廊下は----ない。ならばなぜ、浅野内匠頭は切腹を申し付けられるのか。
      吉良上野介の側室が繰り出す妖術によって、吉良に斬りかかってしまうからである。

      一歩譲って、それも良しとしよう。普通の忠臣蔵ならば、何もハリウッドが作る必要はない。
      キアヌ・リーブス以外は、大石内蔵助(真田広之)、吉良上野介(浅野忠信)、妖女(菊地凛子)、浅野内匠頭の娘(柴咲コウ)ら日本人と日系人による時代劇だが、セリフは全て英語だ。

      風景は遠い国の人が想像する日本だから、「いやいや日本の城というのは本来---」と目くじらを立てるのは野暮というものだ。

      では、侍、忠義、名誉、仇討ちといった要素に、妖怪を加えた斬新な活劇だと了解した上で、この作品の魅力はどうか。

      真田広之の殺陣はさすがだし、菊地凛子は唯一自由な役で遊び、ヒロインの柴咲コウは美しく映えている。ただ、浅野忠信はいつもの大根役者ぶりを露呈していて、つまらない。
      そして、肝心の主役のキアヌ・リーブスの存在感が、かなり薄いのが致命的だ。

      人間同士に芽生えた激しい感情は、妖怪の介在で散漫となり、巧みな換骨奪胎とは言い難いものになっていると思う。
      >> 続きを読む

      2018/08/07 by dreamer

      「47RONIN」のレビュー

    • 2.0

      冒頭CG丸分かりなモンスターが登場した瞬間、ああこれは日本の忠臣蔵を意識したらエラいことになるなと思った(笑)

      日本語など発せられたかどうか怪しくなるほど全員英語で話す日本人。
      日本が舞台のはずなのに限りなくヨーロッパのような冒険なので、これは「ロード・オブ・ザ・リング」の真似だろうか?

      ファンタジーとしても微妙な出来だが、コメディとしてなら見れないこともない。
      まあ菊地凜子が最初から変身してりゃ楽勝だったというのが一番のツッコミ所だけども(笑)

      日本人俳優もトンデモな映画に出演させられたものだが、真田広之だけは唯一真面目に見れる。
      殺陣も堂に入っているし、ハリウッド作品でコンスタントに出演しているのも納得できる。
      >> 続きを読む

      2017/12/20 by オーウェン

      「47RONIN」のレビュー

    • 3.0

      妙なところでミスマッチなシーンがありましたが、
      外国人の方から見ると、日本のイメージは
      アジア一括りになっていて、
      (それは中国や!と突っ込みをいれたくなった(笑))
      こんな感じなんだと面白かった。

      2015/12/26 by Alice

      「47RONIN」のレビュー

    • キャストにも魅かれるので、いつか観たい作品です♪

      2015/12/27 by ice

    • 2.0 クール

      もう内容は完全にファンタジーなんだから、忠臣蔵をそんなに前面に押し出さなくていいのに! 無理矢理日本を舞台にしなくても、そんなに日本人俳優を大量投入しなくても、ハリウッドで好きなように作ればいいじゃない!

      やはり多少なりとも忠臣蔵の話を知っているだけに、「そんな妖魔みたいなの出てこないし」と思ってしまう。菊地凜子さん、良かったのにもったいないわ。
      『ロード・オブ・ザ・リング』に出てくるオークとかワーグみたいなの出てくるし、衣装やセットは中国にしか見えない。ファンタジーなら気にせず見られるのだけど、変に「忠臣蔵」に沿おうとしているから気になって仕方がない。
      アメリカ人に「大石内蔵助の昼行燈」は伝わらないんだろうなぁ。
      主演がキアヌ・リーブスなんだか真田広之なんだかもどっちつかずです。

      真田広之はハリウッドを何度も経験しているし殺陣なんかさすがの貫禄だし、浅野忠信も持ち前の得体の知れなさが素敵だし、柴崎コウは美しくて凛とした芯の強さがあるし、菊地凜子は妖艶。それぞれ魅力的なキャラクターだと思うのに、せっかくのハリウッドなのに残念だなぁ。

      「あの『スターウォーズ』は黒沢明監督の『隠し砦の三悪人』がベースになってるんだよ」くらいな勢いで忠臣蔵を振り切って欲しかった。


      hulu
      >> 続きを読む

      2015/10/18 by rieko

      「47RONIN」のレビュー

    • 2.0 ハラハラ クール

      ハリウッド映画でありながらアメリカ俳優はキアヌリーブスだけの日本人俳優中心の作品です。
      忠臣蔵を題材にしているので、日本を舞台にしかできなかったこともあるでしょう。
      日本人俳優が自身で英語を喋っているのですが、なんともたどたどしい。
      でも柴咲コウの英語の発音だけはすばらしく、
      はじめのうちは彼女だけ吹替えなの?と思いました。
      ネットで調べたら、英語発音矯正のスペシャリストの元で特訓したようで。
      作品は中国の妖魔が登場する伝奇映画のようで、やはり外国人が描く日本の勘違い感が全編に現れた残念な作品でした。 >> 続きを読む

      2015/05/24 by YASUU

      「47RONIN」のレビュー

    もっとみる

    47RONIN
    フォーティーセブンロウニン

    映画 「47RONIN」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画