こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

蟲師

ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , ファンタジー
公開: 2007/03/24
監督:
製作国: 日本
配給: 東芝エンタテインメント

    蟲師 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 ハラハラ

      ギンコ(GWINKO)は安室ちゃんやSPEEDの先輩だった(沖縄アクターズスクール出身)

      コミック原作で、近年では「どろろ」と双璧をなす人気俳優による映画に感じた。
      ただ、独自の世界観を描く大友克洋監督が実写映画で..ってところにアドバンテージがあるかに思われたのだが50歩100歩か。
      いや、キャラクターにはどろろのほうが魅力あったかな。

      何の予備知識ももたず見たので、床屋(トコヤ)には「トコヤミ」という言葉にアイベックユァパードゥン?でしたw
      で、原作ファンでもアニメファンでもなんでもない者が初見としては独自の世界感はそれなりにおもしろい設定だなと感じつつ、それ以上に話が深くなって行かないところが多少のジレンマ状態といったところ。

      ギンコとぬいの2元構成から終盤へ1本化していく展開が核なのでしょうが...。

      「(蒼井優の)足の付け根まで侵(おか)されている..」
      「さわってもいいか?」
      ...妄想萌えw
      文字を戻すアクションには萎えでしたが...。

      年とった黒いのも江角マキコ?
      なんつーか、変な役を体当たりで演じていて...なんというかご苦労さまですといいたいところ。

      総じてカタルシスのない映画だったが、大友克洋氏にはこれに懲りずにまた実写で映画を撮って名誉挽回してもらいたいところ。



      (~allcinema)
      TVアニメも評判を呼んだ漆原友紀の同名コミックを「AKIRA」「スチームボーイ」の大友克洋監督が実写映画化したミステリアス・ファンタジー。
      妖しき生きもの“蟲”が存在した100年前の日本を舞台に、蟲を鎮め人々を癒す能力を持つ“蟲師”ギンコをめぐる神秘の物語が、膨大な労力を費やして行われたロケハンで見出された美しく幻想的な日本の原風景の中に綴られる。
      主演は「ゆれる」のオダギリジョー。共演に江角マキコ、大森南朋、蒼井優。

      100年前の日本。そこには、精霊でも幽霊でも物の怪でもない妖しき生き物“蟲”がいた。
      蟲は人間に取り憑き、不可解な自然現象を引き起こす。蟲の謎を紐解き、蟲に取り憑かれた人々を癒す能力を持つ者は“蟲師”と呼ばれた。
      自ら蟲を引き寄せる特異体質のギンコも、そんな蟲師の一人。日本中を旅しながら、各地で人々を癒してきた。
      ある時、彼は雪深い山の庄屋で、4本の異様な角が生えた少女・真火と出会い、彼女の病の原因を探る。
      その後ギンコは、蟲の力を文字に封じ込める不思議な女性・淡幽の体に変異が起きたとの報せを受け、彼女のもとへと向かうが…。
      >> 続きを読む

      2018/09/02 by motti

      「蟲師」のレビュー

    • 1.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      原作全巻そろえているほどすき。
      絵もお話も好き。

      オダジョー嫌いじゃない、大森さん大好き、蒼井ちゃん大好き、、、
      ということで期待しちゃあかんと思いつつ期待してしまったのか
      まったくだめだめでした。。

      それぞれはよかったけど原作の全体の良さが全くでてなかった。
      なんせ江角さん演技下手くそ。。。。。あってない。。
      エピソードも原作と少しかわっていて残念だった。
      >> 続きを読む

      2017/05/14 by r!eco

      「蟲師」のレビュー

    蟲師
    ムシシ

    映画 「蟲師」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画