こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

特捜部Q 檻の中の女

KVINDEN I BURET
公開: 2015/01/24
製作国: デンマーク
配給: マグネット・コミュニケーションズ

    特捜部Q 檻の中の女 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      やりたい放題のオッサンと献身的な助手によるミステリー!最近はすっかり見慣れた北欧の地味な映像と地味なキャラがいかにも怪しい良い雰囲気(笑)原作は結構出てるみたいなので、順次映画化されると嬉しいなぁ!続けて2作目に(≧∇≦)

      2016/12/11 by あっちゃん

      「特捜部Q 檻の中の女」のレビュー

    • 3.0

      以前に鑑賞した変わった邦題の「特捜部Q キジ殺し」が予想外に面白く、光TVの中に同じタイトルがあったので迷わず鑑賞しました^^;

      時系列的には「檻の中の女」→「キジ殺し」ですが、特捜部Qの成り立ちや異常に献身的な相棒アサドとの出会い等々色々判明して良かった^ ^

      内容は今作の方が分かりやすい反面、前作(と言っても新作ですが…)と比べると若干単調な印象ですが、スピード感が有りスリリングでハラハラしました!

      派手さは有りませんが、独特の雰囲気のある良い作品でした(^O^) >> 続きを読む

      2016/09/20 by モリモリ

      「特捜部Q 檻の中の女」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      感想川柳「犯人を 地道に見つける ミステリー」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)ドラゴンタトゥーの女の製作陣が作ったという触れ込みが気になりまして。北欧系は割と面白いですし。

      犯人逮捕に失敗し、相棒は病院送りになって降格させられた主人公。次の配属は主人公含めて二人しかいない特捜部Qという名ばかりの資料整理の仕事。

      そこで不審な事件の資料から勝手に捜査を始めてしまう。

      流れ的に日本の「相棒」シリーズに近いかも。主人公はイケイケ強引な亀山タイプだし、もう一人も右京さんほどじゃないけど頭で捜査をするタイプ。

      ちょっと違うのは犯人が分かってて追い詰めるサスペンスタイプじゃなくて、犯人の分からない状態で進むミステリータイプということ。スクリームとも違って最初から犯人は登場しません。( ̄ー ̄)上司にほじくりかえすなとどやされながら地道に捜査してます。

      二時間ドラマのような地味さ&面白さですけど、タイトルにあるように檻に閉じ込められてるわけですが、その檻が目的の割に大袈裟で、もっと壮大な陰謀論かと勘違いしました。Σ(-∀-;)
      >> 続きを読む

      2015/08/29 by Jinyuuto

      「特捜部Q 檻の中の女」のレビュー

    特捜部Q 檻の中の女
    トクソウブキュウオリノナカノオンナ

    映画 「特捜部Q 檻の中の女」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画