こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

戦国自衛隊

ジャンル: 日本映画 , SF , アクション
公開: 1979/12/05
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    戦国自衛隊 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "時代劇の中にSFを盛り込んだ、角川春樹製作による半村良原作の伝奇SFの映画化作品「戦国自衛隊」"

      この映画「戦国自衛隊」の製作者の角川春樹は、製作意図として、「時代劇を創ることはプロデューサーとしての夢だった。スターウォーズがSFの中に時代劇を盛り込んだファンタジーならば、戦国自衛隊では時代劇の中にSFを盛り込んだ青春映画を創りたい」と語っていました。

      「犬神家の一族」、「人間の証明」等々と続いた角川春樹の大胆で多角的な映画製作は、当時の沈滞していた日本映画界に新風を吹き込みましたが、この映画の原作は、半村良で、ユニークな発想と壮大怪奇な、伝奇小説を得意とする彼は、濃密な人情と風俗の描写にも秀でた、幅広い作風を持つ直木賞、泉鏡花賞作家なのです。

      昭和46年発表のこの原作は、北陸で演習中の伊庭義明三尉以下の自衛隊21名が、ヘリ、戦車、装甲車、哨戒艇もろとも、"時震"によって400年前の戦国時代にタイム・スリップし、そこで、伊庭は土岐義明となって、長尾景虎(後の上杉謙信)と組んで、近代兵器と科学的思考と佐渡の金力を背景に、道路建設を推し進めながら、強大な"越後軍団"を率いて京都に攻め上りますが、宮廷の公家の陰謀にかかって妙蓮寺(本能寺)で細川藤孝(明智光秀)に逆に殺される----という未完成のシナリオのような中編小説です。

      原作の中に、「守るべき国民もなく時代に孤立したまま、いま彼らは日本人を仮想敵としてみずからを守るために銃を執っている」と書かれており、文庫版の解説にある、その自衛隊に対する、「本来の"場"さがし、"時代"さがしといった、あたたかくも、さみしいSF」と書かれているように、ここには、作者・半村良の時代に対する深い眼差しが感じられます。

      この原作は、帰ることの出来ない時、そして、その流れの歴史というものに対する哲学的な探求さえも秘めているような気がします。SFは、宇宙の時空の将来を主題にするものが多いと思いますが、逆にこのSFは、過去の歴史に近代を持ち込み、集団的な介入を試みようとしています。

      「私が書き切れなかった部分を、映画は映画なりに補足してくれると思う」と原作者は映画化に際して、その物語としての完成を、映画に期待していたのだと思います。

      そして、この映画化作品は、原作の筋を極力、直截化しながらも、戦国無頼の反乱グループ(矢野陸士長・渡瀬恒彦)との相克を加え、また、ラストも原作とは異なる内容になっており、終始、伊庭義明(千葉真一)と長尾景虎(夏八木勲)との青春の共感を軸とした、鎌田敏夫の脚本は個性的で魅力に溢れていたと思います。

      ヘリによる春日山城襲撃、恐るべき勇猛果敢な精神を持つ武田軍団との川中島での激戦を経て、妙蓮寺で景虎自らの手で義明が討たれる迄の、現代兵器と戦国武将の肉弾との対決が、迫力のある映像と多彩な音楽で、違和感なく描かれているのは、斎藤光正監督の感性と、アクション監督兼主演の千葉真一の力演によるところが大きいと思います。

      敵将の首を挙げ、天下を取るという猛々しい土俗的な蛮気こそ、製作者の角川春樹は描きたかったのに違いありません。

      映画のラスト近くで、義明は生き残った4人に叫びます。「あのぬるま湯のような昭和に帰りたいのか!」と----。
      >> 続きを読む

      2016/06/03 by dreamer

      「戦国自衛隊」のレビュー

    • 子供の頃に観た記憶が強く残っています。

      いい大人になった今、もう一度観てみたいなぁ >> 続きを読む

      2016/06/03 by ice

    • 3.0

      江口洋介さんの方は何度か観た事があったんですが、こちらは初めてです。大まかな流れは1549に近いものがありましたが、キャラクターの思想や行動は全く別物でした。時代故かエキストラの人数もかなりのものです。ちょうど、今放送されているGATEの原典でもあったりするのかなと勝手に思いました。

      2015/09/02 by LagoEiji

      「戦国自衛隊」のレビュー

    • 最近は衰えが目立ちますが...若い頃の千葉真一は大好きです。

      この作品も以前一度観たことが有りますが、いずれもう一度観たいと思っています。 >> 続きを読む

      2015/09/03 by ice


    戦国自衛隊
    センゴクジエイタイ

    映画 「戦国自衛隊」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画