こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

サブウェイ123 激突

ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 2009/09/04
製作国: アメリカ
配給: ソニー

    サブウェイ123 激突 の映画レビュー (人気順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 4.0 ハラハラ

      感想川柳「奥さんとの やり取りなんか イイ感じ」


      これも昔の日記から観たのを思い出しました。φ(..)

      午後2時、ニューヨーク地下鉄運行指令室で働くガーバーは、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダーと名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくる…というお話。


      デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタが出てるだけあってなかなか面白かったです。( ̄ー ̄)

      リメイクみたいで元々の作品は知らないで見ました。

      アクションもそこそこ、ラストの展開もいいし、奥さんとのやり取りも秀逸。(。´Д⊂)ああいうの好きですね。

      なんで観たのを覚えてないのか…(^^;



      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2015/06/23 by Jinyuuto

      「サブウェイ123 激突」のレビュー

    • 良作でしたね。ただ、印象に残っているシーンとかはあまりないです・・。

      2015/06/24 by carp-san

    • 2.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      主演の2人の演技はさすがです
      が、しかし映画としては面白くなかった…
      緊迫感を煽るための壮大にして無駄な演出が緊迫した雰囲気をぶちこわしている気がします
      現金輸送車がタクシーとぶつかったり、横転するシーンなんて本筋と全く関係ないのにやたらと派手に時間をかけてますがそのせいで2人の緊迫したやり取りで高まった緊張感が緩んでしまいました
      乗客だけになった電車が激しく揺れている演出もかなりあざといし…
      脚本の詰めの甘さも気になりました
      金の取引で儲けた主犯格は重荷になる現金など仲間に渡して、身軽になって逃げるでしょう
      あれだけ裏をかかれておきながら、すぐに犯人を取り囲めたのも納得がいかないし…
      鉄道員が銃を持って犯人を追い詰める流れも、何の伏線もなかったために全く腑に落ちないし… 一般人が銃をかざしてクルマを強奪するなんてどう考えてもあり得ないでしょう
      2人の主演のやり取りはとても良かっただけに結末に向かう流れがとても残念に思えました
      こういう詰めの甘さは脚本が悪いのか監督が悪いのか…
      誰のせいなんでしょうね?
      >> 続きを読む

      2016/03/28 by YSL

      「サブウェイ123 激突」のレビュー

    • 3.0

      ☆TV☆
      面白かったけど、もっと心理戦•頭脳戦な映画かと思ったら案外そーでもないし、ラストもけっこうアッサリ…。
      ちょっともったいないというか、ザンネンな感じ。

      2014/07/25 by もんちゃん

      「サブウェイ123 激突」のレビュー

    • そんなに頭脳戦ってわけでもないんですね。

      2014/07/25 by curutoga

    • ラストあっさりの映画は少し寂しいですね><

      2014/07/25 by coji

    • 2.0

      何はなくともとりあえず関係者全員ウォルター・マッソーの墓参り行って来い.
      本作をサブウェイ・パニックのリメイクとするなら,評価は1点である.理由はサブウェイ・パニックを観ればわかる.
      独立した作品と割り切ってやっと2点.いかんせん犯罪者の行動がよくわかんない.お金目的というわりには,小理屈こねます.そーゆーのは求めてない.主役二人以外のキャラも薄いしラストも弱い.無意味なギミックも鼻につく.まぁ最後の牛乳の件だけは微笑ましいかな.

      2017/01/15 by 叡福寺清子

      「サブウェイ123 激突」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      「サブウェイ・パニック」はそれまでにない地下鉄が舞台というのと、マッソー始めロバート・ショウなど個性的なキャラが楽しかった快作。

      それを現代版としてリメイク。
      トニー・スコットが監督なのだから勢いある仕上がりは予測出来た。
      ただそれ以上にこのスピード感はすごい。

      無駄なシーンは一切なし。
      あっという間にトラボルタ一味がハイジャック完了。
      早すぎて寝る暇も与えてくれない(笑)

      ここから車両連絡役のワシントンとの交渉が始まる。
      途中に刑事が加わりさらにはニューヨーク市長まで絡んでくる。

      二人の会話の端々に出てくる共通項や過去の汚点が伏線になってくる。

      個人的には車両の中に置かれたPCを使えばもっとサスペンスが盛り上がったと思うが、あくまで主要な二人に絞ったからか。

      結末をオリジナルと変えているが、最後の出会いは偶然ではなく運命だったのだろう。
      >> 続きを読む

      2015/03/24 by オーウェン

      「サブウェイ123 激突」のレビュー

    もっとみる

    サブウェイ123 激突
    サブウェイヒャクニジュウサンゲキトツ

    映画 「サブウェイ123 激突」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画