こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

フェーム

ジャンル: 外国映画 , ミュージカル・音楽映画 , 青春 , ドラマ
公開: 1980/12/13
製作国: アメリカ
配給: MGM映画=CIC

    フェーム の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この名匠アラン・パーカー監督の映画「フェーム」は、ニューヨークにある名門の芸能専門学校で学ぶ若者たちを描いた青春映画で、この学校の入学テストから卒業公演までの四年間を活写して、フェーム(名声)を求める若者たちの熱気がムンムンしている、その情熱が伝わってくる映画なんですね。

      この映画は、まず入学試験の風景が楽しいんですね。
      やたら上手なのから下手なのまで、人種もいろいろ、その雑多に混み合った特売場みたいな雰囲気の中で、テストが行なわれるんですね。

      歌を歌う者、寸劇をやる者、楽器を弾く者、ダンスを踊る者というように、画面いっぱいに展開していくのです。

      そして、合格したショービジネス界の卵たちの生活ぶりが、描かれていきます。
      補欠で入った内気な女の子。母が有名な俳優だという演劇志望の男の子。
      女友達の試験についてきて、見事なディスコダンスで自分の方が合格してしまった黒人青年など-------。

      彼らの学校での勉強の日々を描きながら、悩み多き青春の息吹を画面いっぱいに表現していくんですね。

      こうした才能が必要な世界に首を突っ込んだ大部分の人は、結局はプロになれずに終わります。
      ましてや、名声を獲得するなんてことは、至難の業なんですね。
      ほとんどが落ちこぼれで終わってしまうのです。

      そんな青春の一時期の"試行錯誤自体"に意味を見い出そうとしたのが、この映画なのだと思います。

      最後の卒業公演のシーンで、この中の誰がフェームを得るのだろうと問うのは、ナンセンスです。
      人生で最も大事なのは、何かを成し遂げようとする、その"過程"の中にこそあるのですから。
      >> 続きを読む

      2018/06/26 by dreamer

      「フェーム」のレビュー

    • 3.0

      ロッキーホラーショーがでてきて、思わずダンス!

      2016/09/26 by 8bunbun

      「フェーム」のレビュー

    • 評価なし

      鑑賞日:2003/08/02
      鑑賞回数:1回目
      鑑賞種類:地上波放送
      評価:不明

      2015/04/10 by ASANO

      「フェーム」のレビュー

    フェーム


    映画 「フェーム」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画