こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ダーク・ウォーター

Dark Water
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ホラー , SF
公開: 2005/11/12
製作国: アメリカ
配給: 東宝東和

    ダーク・ウォーター の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 3.0

      日本版の方が怖かった。

      2019/05/02 by kanic

      「ダーク・ウォーター」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ハワイ行きの機内で見た映画の一つ。

      この映画が「リング」で有名な鈴木光司の小説を映画化した「仄暗い水の底から」のリメイク版だということは、後で知りました。
      たしかに全編を漂う重苦しい感じ、暗い感じは、ある種の日本映画を思わせるところがあります。
      でも、おどろおどろしい感じはまったくしません。そこはやっぱりアメリカ映画。

      日本の原作や映画の方は見ていませんが、おそらくホラーとして作られたのだろうと思います。しかしこの映画はそういう場面は少ないです。どちらかというと心理サスペンスみたいな感じ。で、そういうジャンルの映画としては、そこそこのデキだろうと思いました。
      ただ私としてはあんまり納得できる映画ではありません。なんか、後味が悪い。

      なぜ後味が悪いかというと、主人公の一人娘であるセシリアの扱い方があまりに不公平。

      彼女の立場からすれば、こんなに不条理な結末はないだろうと。彼女への理不尽すぎる仕打ちにどうも納得がいかない。

      もちろん映画がすべてハッピーエンドである必要はないわけで、その点が問題だというわけではありません。

      ただこの映画では、そういう理不尽さや不公平さについて、制作者側がぜんぜん無頓着で、そこらへんのいい加減さが伝わってきて不愉快なんだろうと思います。

      映画だからなんでもありじゃないの、といったらそれはそのとおりなんですが、そのことと、いい加減に作ることとは別問題。
      制作者側が、物語の結末がもたらす彼女のシチュエーションを理解した上で、あえてこういう結論を持ってくるなら、それはそれでいいんですけどね。

      でも、そんなことはちっとも考えていない作中の人物に対する想像力の欠如した取り扱い、最後にテキトーなアメをあたえてこれでガマンしてねなんて鈍感なやり方、そういうことが後味の悪さにつながっていると思います。いくらB級映画とはいえ、もうちょっと真面目に作ってほしいなあ。

      ですから、この映画は、特にジェニファー・コネリーのファンで、美貌の彼女が神経症的な皺をこめかみに浮かべて精神的な苦悩と生活上の困難に苦しむところを見てみたいなあという人以外には、あまりオススメできない映画だと思いました。

      セシリアの境遇にあまりに同情しすぎた意見なのかも知れませんが。
      >> 続きを読む

      2018/12/25 by Raven

      「ダーク・ウォーター」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      鈴木光司原作、中田秀夫監督の「仄暗い水の底から」を、同じ原作・監督コンビの「リング」に続きハリウッドでリメイクしたサスペンス・ホラー。もしかして日本版より良かったんじゃ?

      2018/08/03 by motti

      「ダーク・ウォーター」のレビュー

    • 3.0 笑える 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      原作は読んでいないが
      日本で映画化されたものは見たことがある

      本作ハリウッド版は
      ジェニファー・コネリーが
      シングルマザーのヒロイン役

      日本版と同様、
      親権争いのしんどさや
      水漏れのわずらわしさが
      全体を覆っている

      それプラス

      電話の向こうの
      不動産屋(ジョン・C・ライリー)が
      接客中と言って
      バーにいたり
      …ジェニフアーの電話を早く切りたい

      同様に電話先の弁護士(ティム・ロス)が
      家族と映画を見ていると言って
      一人で見ていたり
      …この人もジェニフアーの電話を早く切りたい

      調停中の夫(ダグレイ・スコット)が
      鼻つまみの若者2人と接触していたり
      …ジェニフアーに嫌がらせするのかも

      管理人(ピート・ポスルスウェイト)が
      リュックサックの持ち主が現れたと言ったが
      捨てていたり
      …持ち主がどうなったか知ってるから

      ま、「嘘も方便」状況が含まれるが
      この辺の
      人の心のみにくさが
      積み重なってくるのも
      本作の特徴かな

      母(エリナ・レーヴェンソン)に
      要らない子だと言われ続けて捨てられた
      子ども時代のトラウマが原因と思うが、
      頭痛や不眠に悩むジェニファーを
      精神的に追いつめる描写も
      日本版より強い

      日本を意識してるのか
      でんでん太鼓のようなおもちゃがあったり
      リュックサックがキティちゃんのものだったり

      日本版では
      ヒロインの娘の通う幼稚園が
      園児を虐待している疑いを漂わせてたが
      今作では
      娘(アリエル・ゲイド)の学校は
      別にそんな事なく

      ジェニファーの採用が決まった職場が日本版とは違うが
      お国柄の問題だし
      物語に大した影響ないので無視するとして
      あと違う所と言えば
      洗濯室かな、
      日本では洗濯室はなじみがない空間だし
      あのシーンは日本版にはない

      最初に日本版を見て先を知ってたからか、
      それとも日本版も怖くなかったからか知らんけど、
      この映画
      怖さを求めたらアカン感じ、
      全く怖がらせてくれない

      日本版より良かったなと思う点を1つあげると
      日本版は
      なぜ最後、
      ヒロインのシングルママが
      タンクに落ちて死んだ女の子に連れられて
      あの世に行ったのか分かりにくかったのが、
      今作では
      その死んでる子(パーラ・ヘイニー=ジャーディン)の
      ママになるという理由を
      はっきりさせてたこと

      この子がヒロインの娘を殺そうとする
      その引き換えに、
      この女の子に
      あなたのママになると言って
      ジェニファーが死ぬから
      ああ、なるほどと
      合点がいく

      伏線というほど大げさなものではないが、
      死んだ女の子は
      ジェニフアーに
      ママになってほしがってたからなあ

      切ない映画だったなあ、
      アリエル、可愛いし芝居うまいなあ、
      という感想が残る

      …のに!
      笑った場面

      娘がバスタブに入って入浴中に
      この女の子も入ってて
      まあ、うちら観客を驚かすシーンと思うが、
      服着たまま、髪の毛もちゃんとしてて
      バンッ!て映った場面は
      大笑いしてもた、
      コントやないねんから
      服着てちゃんとしてるって
      lol

      えっ
      今調べたら、
      ジェニファーの子供時代も
      パーラがやってたんや、気づかんかった

      シングルママのヒロインと
      死んだ女の子の共通点、
      そういう意味を持たせてたんやな、
      考えてるな、そう聞いたら、はあ、なるほど
      >> 続きを読む

      2017/11/01 by 紫指導官

      「ダーク・ウォーター」のレビュー

    • 4.0

      元ネタの「仄暗い水の底から」は見ていないが、単なるホラーではなく最後に親子の愛へと昇華させる手腕はウォルター・サレスらしい監督ぶり。

      越してきた古びたアパートの部屋。
      故障がちなエレベーター。染みが広がる天井。空想にふける子供など、ホラーの定石のような設定。

      母の過去から紡ぎだされる愛情の方向。娘を守ろうとする執念へと変わっていく様がしっかりと納得させる。
      ジェニファー・コネリーやティム・ロス。ピート・ポスルスウェイトなどいかにもなくせのあるキャラがかき回す。

      ダーク・ウォーターの通り、黒い水が映像的に恐怖をかもし出すのは意外だった。
      ただ怖いだけに収まらない格調高いホラー。
      >> 続きを読む

      2016/07/30 by オーウェン

      「ダーク・ウォーター」のレビュー

    もっとみる

    ダーク・ウォーター
    ダークウォーター

    映画 「ダーク・ウォーター」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画