こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

オデッサ・ファイル

The Odessa File
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 1975/03/01
製作国: アメリカ
配給: コロムビア映画

    オデッサ・ファイル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 切ない ハラハラ

      なにせ今と違って連絡手段は会うか固定電話か伝言である。ネットもスマホもなんもないから待ち合わせや調べ物や交渉や確認に時間がかかる。その時間経過と共にじわじわとスリルが生じる。時間がかかることを前提に物事を進めると時間の猶予を得ることも往々にしてある。時間に余裕があると大抵人は思いつきで行動するので、そんな時には一気に状況の変化とまたまたスリルが生じる。そうこうして思いもよらぬ時と場所でオデッサファイルの存在を知ると同時にゲットする。大丈夫、さっきのあの番号はまだ覚えている。まるで運命の糸に操られているかのようだ。どこをどう見てもユダヤ人には見えないジョン・ボイト扮するジャーナリストを突き動かす動機に確信が持てたのは標的と対峙した時にやっとだった。思い返せばあの時に伏線が有ったじゃん! こういうじっくりとハラハラする映画は今は作り難い時代になったかもしれないな。アンド戦争は愚かなことで生き延びた人の心までをも殺してしまうていうところがせつなく悲しいです。 >> 続きを読む

      2019/02/28 by オムライス

      「オデッサ・ファイル」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ナチスの為の秘密組織「オデッサ」のメンバーを捕まえようと記者が追うサスペンス映画。記者のピーターはガス自殺を行った老人の日記を手に入れ、強制収容所のロシュマン大尉が沢山のユダヤ人を殺していた事を知る。彼の情報を得ようと動くが・・。何故ピーターが銃の訓練等をするほど、追おうとするのか終盤まで理解できなかった。終わりの方の潜入が特に手に汗を握る。実際にはロシュマンは公開の数年後に心臓麻痺で死んだらしいが・・。

      2018/09/09 by kinako

      「オデッサ・ファイル」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ルポライターのミラーが託された自殺した老人の日記。
      その日記にはナチスの強制収容所の実態と、秘密組織のオデッサの存在が記されていた。

      実在の人物を絡めてのスパイものなのでかなり映画化には苦心したらしいが、その見返りは緊張感ある中身で報われている。

      映画はこの後ミラーがスパイとして敵地に潜入する。
      そこからはばれるかばれないかの一触即発状態。

      ジョン・ボイトが好演しており、実は最後にはこの事件に興味を持った真相が明かされるという二重構造。
      生き残ったナチの残党という類は、映画のアイデアとしては秀逸と言わざるを得ない。
      >> 続きを読む

      2016/05/30 by オーウェン

      「オデッサ・ファイル」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "フレデリック・フォーサイス原作のオデッサの謎を追って展開するポリティカル・スリラーの傑作"

      この映画「オデッサ・ファイル」の題名のオデッサとは、Organization der Ehemaligen SS-Angehorigenのイニシャルから1文字づつとった略語ですが、それはSS(ナチス親衛隊)の逃亡を図るための秘密組織で、その実情については多くの謎のベールに包まれていて、アウシュヴィッツのユダヤ人大虐殺(ホロコースト)の実行者であるアイヒマンを追って、遂に南米アルゼンチンで捕らえたイスラエルのユダヤ人本部では、その組織について、「初めナチスの残党は、米軍発行の新聞紙"星条旗"の運搬トラックの運転手を買収し、アイヒマン以下をその荷の中に隠して検問所を突破し、40マイルごとに作られた秘密の連絡所でシリア人のパスポートを受け取ってスイスの国境を越え、ジュネーブを経てアルゼンチンへ亡命させた。そして、この組織はあらゆる階層の人々によって忠実に支えられ、膨大な資金源などもその民族的背景の奥深くに隠されている」とその驚くべき事実を語っています。

      原作はイギリスのジャーナリスト出身のフレデリック・フォーサイスで、彼はドゴールフランス大統領の暗殺未遂を描いた「ジャッカルの日」の世界的な大ベストセラーによって、一躍、ポリティカル・スリラー小説の第一人者となり、その後、立て続けに「オデッサ・ファイル」、「戦争の犬たち」を発表し、その地位を不動のものにしました。

      当然の事ながら、これら3作の原作を読破した上で、この映画「「オデッサ・ファイル」をじっくりと楽しみながら鑑賞しました。

      製作は「ジャッカルの日」の敏腕プロデューサーのジョン・ウルフ、監督は当時「ポセイドン・アドベンチャー」の大ヒットでそのキャリアの絶頂期を迎えていたロナルド・ニーム、脚色は「ジャッカルの日」、「ブラック・サンデー」などポリティカル・サスペンスを得意とするケネス・ロス、撮影は「寒い国から帰ったスパイ」の名手オズワルド・モリス、音楽は「エビータ」のアンドリュー・ロイド・ウェバーという一流の豪華なスタッフが集結していて、映画ファンとしてはもう観る前からワクワクしてきます。

      この映画は"オデッサ"という恐るべき組織に単身挑む一人のルポライターのジョン・ヴォイト演じるペーター・ミラーが、その謎を追って展開するサスペンスフルなポリティカル・スリラーです。

      映画は1963年11月下旬、みぞれ降りしきる西ドイツのハンブルクで、ミラーは、突然アメリカで起こったケネディ大統領暗殺のニュースを耳にします。彼はその時、自家用車内にいて、たまたまその脇を1台の救急車がすり抜けていくのをルポライターとしての好奇心から尾行し、貧しい一人のユダヤ老人が自殺した事を知ります。

      この老人は戦時中、アウシュビッツの強制収容所に入れられドイツ人から忍びがたい屈辱を与えられ、その事実を丹念に日記に残していて、その日記を読んだ事がミラーにオデッサ調査の気持ちを起こさせます。

      オデッサという組織が、ただナチスの戦犯者を国外へ逃亡させるだけなら、それほど恐れる必要もありませんが、しかし、この組織が旧ナチス勢力による第三帝国の夢よもう一度とその復興を企てているところに戦慄すべき問題を孕んでいます。現実問題として、フレデリック・フォーサイスが、この小説の執筆計画を発表したところ、おびただしい数の脅迫の手紙が届いたとの事で、今なお、ナチスの思想的な残党が世界の隅々に根強く息づいているのかと思うと底知れぬ恐怖を覚えます。

      ユダヤ老人の日記には、収容所で悪魔のように冷酷無比の名優マクシミリアン・シェル演じるロシュマン大尉に関する内容が事細かに記されていて、ミラーはこの未知の男を探し出さずにはいられない"強い衝動"に襲われ、行動を開始しますが、すると彼は次々と不可解な事件に遭遇する事になります。

      ある日突然、地下鉄のホームから誰かに突き落とされたり、三人組のイスラエルの諜報機関に拉致され、猛烈な特訓を強制されてSS機関へ送り込まれたり、彼と新星メアリー・タム演じる恋人ジギーとの会話が警察を通じてSS側に洩れたり、彼がSS機関の名簿である"オデッサ・ファイル"を盗み出そうとして、SS機関の人間と激しい死闘を強いられたりと----まさに次から次へと展開する息詰まるサスペンスの連続で映画的緊張感に酔いしれてしまいます。

      ミラーは次第に抜き差しならぬ"戦慄と恐怖と陰謀"の大きな渦の中に巻き込まれていきますが、ミラーは直接には戦争を知らない世代で「居酒屋」のドイツの名女優でマクシミリアン・シェルの実姉でもあるマリア・シェル演じる母親から過去の"驚愕の事実"を聞かされます。

      そして、映画のクライマックスとも言うべきラストシーンになります。

      この"驚愕の事実"を知ったミラーは、どんな事があろうともロシュマン大尉を許す事が出来ず、遂にその姿なき宿敵ロシュマンとの対決の時が来ます。

      「真夜中のカーボーイ」で夢と現実の中に彷徨う現代人の無力感・焦燥感を絶妙に演じたジョン・ヴォイトと冷徹水の如き尊大さでナチス復興の野望を打ち出してやまぬ男ロシュマンの粘着質の人間像を、凄みを効かせて演じたマクシミリアン・シェルの対決シーンは、新旧二大演技派俳優の火花を散らす演技合戦でもあり、本当に見応え十分でこの二人の壮絶な演技の背後から、新しい時代が必ずしも古い時代をそう易々と乗り越えてはいない事をある種の重量感をもって訴えかけてくる迫力を感じました。

      ヨーロッパにとって、ナチスの不気味な残影はいつまでも人々の心の中に消える事なく残っていて、「マラソンマン」(ジョン・シュレシンジャー監督)、「ブラジルから来た少年」(フランクリン・J・シャフナー監督)などの映画でもこの事は繰り返し描かれ、あらたなるナチス的なものへの恐怖と憎悪の感情が悪夢として残っている事をこの「オデッサ・ファイル」もポリティカル・スリラーという形に仮託して、訴えかけて来ていると思います。
      >> 続きを読む

      2016/03/18 by dreamer

      「オデッサ・ファイル」のレビュー

    • 「ジャッカルの日」は読んでいます。

      ただ、「オデッサ」と聞くと、ガンダムの「オデッサ作戦」を思い出さざるを得ません... >> 続きを読む

      2016/03/20 by ice

    • iceさんへ

      読書好きのiceさんなら、「ジャッカルの日」と同じ原作者のフレデリック・フォーサイスの「オデッサ・ファイル」、「悪魔の選択」、「アフガンの男」を読まれる事を、是非、お勧めします。

      国際政治の裏面でうごめく陰謀、謀略を描いたポリティカル・スリラーとして面白いですよ。
      >> 続きを読む

      2016/03/20 by dreamer

    オデッサ・ファイル
    オデッサファイル

    映画 「オデッサ・ファイル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画