こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

Dear Friends ディアフレンズ

ジャンル: ドラマ
公開: 2007/02/03
監督:
製作国: 日本
配給: 東映

    Dear Friends ディアフレンズ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 泣ける 切ない 元気が出る クール

      【一昨日】→“ソラニン”&【昨日】→“本作”と映画三昧な➋日間になりました。

      性格が正反対のリナちゃん&マキちゃんが,お互いに“引き寄せ合う【何か】を持ってた”様に思えてなりません...(;_;)
      確かに【リナちゃん】→“見た目派手”&“超強引娘”だったので,最初の頃は取っ付き難いキャラでしたが,病気を切っ掛けにお友達が出来,マキちゃんの優しさに触れて【改心】して行く姿が,本当に眩しかったです・゜・(ノД`)・゜・

      【ケータイ小説】→“恋愛体質”とも言われる時代があったけど,当作品が「大切な物とは何か?」について問い詰めてる部分を見ると(ケータイ小説其の物を)否定出来なくなってしまいました...(´-ω-`) >> 続きを読む

      2020/09/24 by あみる

      「Dear Friends ディアフレンズ」のレビュー

    • 確かに、最初の頃は取っつき難かったですね。

      それ故、改心のコントラストが際立っていて良かったです。 >> 続きを読む

      2020/09/25 by ice

    • 3.0 泣ける

      病気モノに友情モノをプラスした感じ。北川景子の禿ヅラ姿が見もの!?あんな娘になっちゃったのはわかる気がする。お母さんは"ちゃん付け"で子供を呼んでるようじゃダメだね。病気モノの定番ラストとは違ってるところは良いかもね。中高生向けにしては共感を得られる内容なのでは。

      2018/09/07 by motti

      「Dear Friends ディアフレンズ」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      クラブの女王として君臨する女子高生を襲う病魔。

      久々にガッツリ泣いた。悲しい話ばかりで疲れるものの、たまにはこういうのも良い。

      主役の北川景子はキレイだとは思うものの面構えと言うか、生意気そうな外見が好きでは無い。
      ちょうど本作品で演じているリナがブイブイ言わせている時のイメージ通り。
      これに対し、マキを演じる(王様のブランチの)本仮屋ユイカのピュアぶりが良いコントラストになっている。

      きっかけが人の死によるものなのが気になるが、何回も号泣させてくれたので、鑑賞後にスッキリ感が有る。

      若い時代に大病し、恋愛に対してハンディキャップを持つ。
      経験しなければ考えもしないケースだが、こうして映画として見せられると、その過酷さを思い知らされる。

      また、女性ならではの悩みについても、極めて直接的なシーンにより、男性視点からでも痛みを感じることが出来たように思う。

      リナは大病したことによって優しさを学ぶことが出来たわけだが、こうした作品を観ることも情緒の形成に役立つことを思い知らされた。

      外見で判断するのは良くないが、最後まで北川景子が生意気にしか見えないのは仕方が無い。
      >> 続きを読む

      2014/05/02 by ice

      「Dear Friends ディアフレンズ」のレビュー

    • >生意気にしか見えないのは仕方が無い。
      確かにこのときのは生意気に見えちゃいますね!
      そんなにも泣ける映画ならば是非見てみたいと思います!!
      >> 続きを読む

      2014/05/02 by Lee

    • >最後まで北川景子が生意気にしか見えないのは仕方が無い

      何かCMで坊主になった映像みましたが、病気っぽいのにツーンとしてましたねw
      狸顔の私としては非常に憧れる狐顔ですけどw
      >> 続きを読む

      2014/05/02 by ♪玉音♪

    Dear Friends ディアフレンズ
    ディアフレンズ

    映画 「Dear Friends ディアフレンズ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック