こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アカルイミライ

ジャンル: ドラマ
公開: 2003/01/18
監督:
製作国: 日本
配給: アップリンク

    アカルイミライ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 切ない クール

      監督は黒沢清。
      当時、映画初主演のオダギリジョー、脇役で妹の彼氏役がはなわだった!
      退屈でテンポ冗長な青春映画はソレはソレで好きだけどオッサン、藤竜也に注目してみた。笑い方、孤独さ
      息子との埋まることない距離感、やり合うでもなく言われっぱなしの悔しさ、真面目に生きてる普通のオッサン、笹野高史演じる殺されちゃう社長だって僕は感情移入できる。
      オッサンの悲愴感。
      若者の悲愴感は自らを主人公にした幻想の中の物語の形のないウソっぽい悲愴感で、オッサンのほうがかわいそうだった!
      さらには、もっと若い世代をも描く..と、もうこうなってくると未来はアカルイんだかどうだかヤケクソのタイトルを冠したことになるw
      その連鎖はずっと続いてきたんだし、これからも続いていく..楽観的展望にも意味をこめてw
      クラゲをはじめイメージの羅列に逃げ込んだ部分も多いけど雰囲気に共鳴できれば○
      >> 続きを読む

      2018/07/04 by motti

      「アカルイミライ」のレビュー

    • 4.0 切ない クール

      2000年頃の日本の若者のことがわかる作品。
      端的に言うと、クラゲがこの時代の若者の象徴である、という話。
      クラゲというのは、ふわふわと所在なさげだが、刺されると死に至るような猛毒を持っているから。

      戦後の日本の復興からバブルまで一気に突き進んだ時代もおわって2000年代に突入したころ。
      多分ネットの登場とか不況とかで、これまでの人と人のつながりに疑問が持たれ始めた時代だろう。
      核家族が問題になった時代はとうの昔で、この時はもはや個人主義の社会になっている。
      老人と若者の価値観は完全に分離し、所得格差による価値観の違いも著しい。
      そんな時代を背景に、有り余る力の行き場がない、誰とも分かり合えない若者の姿を描いている。

      最後に今まで一匹だったクラゲが大量増殖し、海に向かって進みだしたが、最初の一匹目のクラゲをユウジ(オダギリジョー)とするならば、大量発生したクラゲはあの高校生たちだ。
      ここでユウジはあれほど興味を持っていたクラゲに一歩引いた姿勢になっているが、もはやクラゲたちは自分の手を離れて、集団になって歩き出してしまったのだ。

      自分もクラゲだったはずなのに、その中には入れずに終わってしまった。
      そして自分も守の父と心が通じ合い大人の仲間入りをしたために、クラゲの毒に気絶してしまうというラスト(若者ではなくなった)。
      メタファーが少し複雑だが分かれば非常に明確なメッセージがある。

      映像にもこだわりがある。
      車内を映すシーンは必ず画面が中央で二つに割れるなど、一緒の空間に二人の人間がいるものの、決して交わらない個人であるということを意識させる。
      また、ぼけ感のない画質の粗いカメラで撮られていて、映像が均一な質感に抑えられている点も、東京という街の新たな一面を見たようで驚いた。
      >> 続きを読む

      2017/02/12 by 130

      「アカルイミライ」のレビュー

    • 3.0

      これを明るいと表現するのは難しい。
      しかし見ている間は納得させてしまうような、そんな不思議な空気を提供してくる。

      しかし監督は黒沢清。
      彼の作風とまるで違うテイストだが、敢えてそうしたのか。

      クラゲを育てる感情に近づけたのは何か。
      親が子の犯罪から見抜いたミライとは。

      明確な答えを出さないため不満もある。
      それでもオダギリジョーや藤竜也など配役は合っていたと思う。
      >> 続きを読む

      2015/08/05 by オーウェン

      「アカルイミライ」のレビュー

    • オダギリ氏に明るさを求めるのは酷かと><

      2015/08/05 by メッシイ

    • 5.0

      ★★★★★5


      鑑賞日:2004/02/05
      鑑賞回数:1回目
      鑑賞種類:VHS
      評価:★★★★★5 >> 続きを読む

      2015/06/15 by ASANO

      「アカルイミライ」のレビュー

    • オサキマックラ

      何でもカタカナにしたらソレっぽくなるもんですよねーw

      2015/06/16 by makoto

    • 5.0

      クラゲ、ふわふわ。
      なんとなく見たらとても面白かった。
      正直、イマイチわからないところがあるけどボヤーと何かが見える感じ。
      たぶん、観れば、観るほど味が出てくるタイプだと思う。
      出演してる俳優さん達もそれぞれの持ち味を出していたと思う。

      観終わった後の余韻がとても心地良かったです。 >> 続きを読む

      2015/02/07 by きりゅう

      「アカルイミライ」のレビュー

    アカルイミライ
    アカルイミライ

    映画 「アカルイミライ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画