こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

COWBOY BEBOP 天国の扉

Knockin'on heaven's door
ジャンル: アニメ
公開: 2001/09/01
製作国: 日本
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

    COWBOY BEBOP 天国の扉 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 5.0 ハラハラ クール

      だらしないカッコよさ

      期待度★★★★★

      時系列的にはTVシリーズの22話ー23話の間の物語。TVシリーズ未視聴でも楽しめる内容だと思う
      作画、音楽、脚本どれをとっても完璧。戦闘シーン多めで満足

      2018/04/08 by もろやま

      「COWBOY BEBOP 天国の扉」のレビュー

    • 3.0

      カウボーイビバップの魅力を凝縮した作品。
      テレビ版でも度々言及されている夢と現実がテーマとなっている。
      夢と現実の区別がつかなくなったヴィンセントと、「あえて」夢の中に生きようとしているスパイク。
      基本、ヴィンセントは圧倒的に強い。
      なぜならヴィンセントにとって「死」とは「永遠の夢」に他ならなず、現実は無いに等しいからだ。
      しかし、結局ヴィンセントはテロで世界を破滅させると言いながら、フェイを助けスパイクと一騎打ちをする。
      彼は孤独に耐えられなかったのだ。
      結局、彼の自意識の問題で終息してしまい、その辺りはピンとこない
      >> 続きを読む

      2017/04/02 by みのくま

      「COWBOY BEBOP 天国の扉」のレビュー

    • 3.0

      集中して観なかったせいでストーリーがしっかり頭に入ってこなかったのだが、とにかく一貫してスタイリッシュ。キザ過ぎるように感じることもたまにあるが、ハリウッド映画等で見たようなしぐさやセリフ回しへのオマージュと考えるとそれが徹底されているということなのだろう。最後の決闘シーンなどはまさに西部劇のようだった。

      2016/10/03 by みみずばれ

      「COWBOY BEBOP 天国の扉」のレビュー

    • 5.0 クール

      TVシリーズも好きで本作も大好き。
      冒頭のコンビニ強盗からのOPだけでも見る価値あり!

      泳ぐ鳥よ・・・

      2015/09/12 by KSM

      「COWBOY BEBOP 天国の扉」のレビュー

    • 5.0 クール

      ジャパニメーションの底力を感じさせると共に、間違いなくアニメの最高峰を誇る作品。

      TVシリーズよりのビバップファンでしたが、劇場版でもそのテイストが失われる事なく見事な仕上がり。
      多分初めて見てもそのかっこよさにしびれるだろう(笑)

      ハードボイルドタッチなのに異様に渋く、映像や音楽もスタイリッシュ。
      特にジャズ音楽が見事にマッチ♪サウンドトラックは必聴だ。

      スパイクがTV版に比べて妙におとなしくかっこよすぎなのは気になったが(笑)
      取り敢えずヴィンセントとスパイクのバトルは必見だ。
      >> 続きを読む

      2015/08/15 by オーウェン

      「COWBOY BEBOP 天国の扉」のレビュー

    • オーウェンさん、ちわっす。お疲れっす。
      なれなれしくて、ごめんなさい。
      海外のアニメ事情とかについての本とか読んでますと、「ジャパニメーション」という言葉は、あんまり使わないみたいですね。では、海外の日本アニメファンの皆さんは、日本製商業アニメーション作品を何とお呼びするか?と言いますと、答は「Anime(アニメ)」でいいのだそうです。「アニメ」という略し方が既に日本的ということで(英語風に略するとしたら、たぶん「アニマ」とか…??)。
      ただ、日本人同士だと、アニメは第一に「アニメーション」の略であり、それに次いで多いのは、劇場用アニメに対するTVアニメシリーズの意味で使う人がいたり、非「アニメ」のアニメーション日本人作家さん及びその作品のファンの皆さんの間で、自分たちの愛する作品は、「アニメ」ではない!という文脈で、やっと日本製商業アニメーション作品の意味で使われるという…。まあ、その辺の混同を避けるために、「日本アニメ」とでもお呼びすると、いいのかも知れませんね。
      ちなみに、「ジャパニメーション」という言葉は、押井監督版の『攻殻機動隊』などが評判になっていた頃に、米国の主に東海岸方面(日本との縁が比較的薄い…)へ売り込む際に、米国での販売会社が考え出した用語であろう、という研究者がいました。というのも、全米で通用する言葉でも、世界的に通用する言葉でもないそうでして…。宣伝・販売のために、時期も地域も限定的に用いられた言葉であるようです。
      >> 続きを読む

      2015/08/16 by ぴぐじい

    もっとみる

    COWBOY BEBOP 天国の扉
    カウボーイビバップテンゴクノトビラ

    映画 「COWBOY BEBOP 天国の扉」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック