こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

君を想って海をゆく

Welcome
ジャンル: ドラマ , ミュージック
公開: 2010/12/18
製作国: フランス
配給: ロングライド

    君を想って海をゆく の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      国としてのあり方を思う前に
      人間としてのあり方を思うべき。

      日本人にとっても、重要な問題だ。


      この邦題は好きだな。賛否あるみたいだけど…。
      確かにそれがメインの映画ではない。でも、そんな彼の直向きさに心打たれたのだろうし、難民問題も本気で考えただろうし、自分と向き合うきっかけにもなったんだと思う。この監督だから、おそらく重要な部分のはずです。

      このストレートな邦題は好きです。

      タイトルが映画の真髄を表す必要はないと思う
      難民に厳しいフランス
      >> 続きを読む

      2018/07/07 by Abe_chan

      「君を想って海をゆく」のレビュー

    • 4.0 切ない

      デタラメに選んだつもりだったけど、思いがけず良い映画に出会った。
      現在の難民や移民の問題、EUとUKのシェンゲン協定とEU離脱問題、フランスの家族のあり方の問題などを、非常に生々しく描いている。
      自分はこんなに強く誰かを「想って」愛することができるのだろうか。

      2018/02/13 by taku

      「君を想って海をゆく」のレビュー

    • 4.0 切ない

      フランスに住むクルド難民のビラル。
      イギリスにいる恋人のため密航を試みるが失敗。手段はもはやドーバー海峡を泳いで渡る以外にはない。
      そこで市民プールのコーチであるシモンに教えを乞う。

      不法移民とその国の移住者が手を貸すという、法律的には禁止の行為。
      だがそこに絆を持ち込むのがこの映画。

      自身も離婚したが妻をまだ求めており、ビラルの恋人に会いたいという想いに共感してゆえの行為。
      現実がこれでもかと顔を出してくるが、そのため社会問題にまで馳せてしまう。
      だからこそビラルはロナウドにもなれたはずだと歯痒くなる。
      >> 続きを読む

      2017/10/16 by オーウェン

      「君を想って海をゆく」のレビュー

    君を想って海をゆく
    キミヲオモッテウミヲユク

    映画 「君を想って海をゆく」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画