こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

野獣たちの掟

人民英雄
ジャンル: 外国映画 , ドラマ , アクション
製作国: 香港
配給: メディコス・エンタテインメント

    野獣たちの掟 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      科学や経済の世界で、技術開発のベーシックなところを発明するのは欧米人で、それをちょっとだけアレンジして、商品として商売にするのは日本人だという図式が、もし成立しているとすれば、映画の世界でこの日本人の役割をしているのが、香港の映画人たちだと思う。

      香港の映画を観ていると、いつかどこかで観た映画のシーンやストーリーを、すぐに見つけ出せる。だからと言って、その映画が失敗作だというわけではない。リメイクしたシーンやストーリー、エピソードなどが、1本の映画の中で作品の流れにしっくりとなじんでいるのだ。要はリメイクがうまいのだ。

      ジョン・ウー監督の「男たちの挽歌」や「狼」、メイベル・チャン監督の「ミラクル」など、日本でも一般的な認知度を持っていると思われるこれら香港映画のいくつかを挙げるだけでも、それは明らかだ。

      そして、このイー・タンシン監督の「野獣たちの掟」も、そうしたリメイク映画の成功作の1本だと言える。

      この映画は、シドニー・ルメット監督の「狼たちの午後」の香港改訂版ともいえ、原題を"人民英雄"、英語のタイトルを"PEOPLE'S HERO"という通り、「狼たちの午後」でアル・パチーノが演じたソニーと、人質、野次馬たちとの"奇妙な連帯感の心情"を意識したと思えるタイトルが、香港リメイク版に使われているのだ。

      閉店間際の銀行を舞台にして、銀行強盗とその人質たちとが繰り広げる、人生模様の悲喜劇。特別手配中の男コーは、盗るものは手際よく盗って、逃亡するつもりであった。

      だが、その時、若者2人の強盗が入り、銀行に閉じ込められることになる。コーは、人質と2人組強盗を盾に、警察と交渉するはめに陥り、チェン刑事を呼び出すが------。

      事件の発端は全く違っている。でも、人物の性格設定は非常に似ている。「野獣たちの掟」では、凶悪犯のコーが強盗をしようと思って入った銀行に、借金をこの強盗した金で返そうとする若者のアサイとワイヤンがいて、彼らは紙袋から拳銃を落としたため、ガードマンを撃つはめに陥ってしまう。

      この二人に先を越され、一旦は退散しようとしたコーであったが、銀行は警察に取り囲まれ、逃げられなくなってしまう。そこで彼は、二人の上前をはねることにするのだ。

      「狼たちの午後」のソニーが、ここではティ・ロン扮するコーであり、ワイヤンは、銀行強盗はできないとおじけづき、早々に退散してしまうロビーに似ている。この映画でもコーは、人質を殺すつもりはなく、彼のために服役することになった恋人アピンを呼び出すのだ。

      犯人と人質たちの関係、犯人と警察のやりとり、それから起こる緊迫感は見応え十分だ。それにしてもコーが哀しすぎる。
      >> 続きを読む

      2017/09/20 by dreamer

      「野獣たちの掟」のレビュー

    • 4.0

      連休、少しは積みソフトを消化せんと中古ビデオで観る。

      頼りない若者二人組(トニー・レオン、弟分ロナルド・ウォン)が銀行強盗を働き、そのまま銀行に立てこもる。だが、人質の中の一人の男(ティ・ロン)が行動を起こす。実は彼も警官殺しで手配中の強盗。場を掌握し、二人組を含む人質をおさえた彼は旧知の刑事(レオン・カーファイ)を交渉相手に指名する。だが、警官が殺された汚名を返上せんと血気に逸る上層部は強攻策を指示。最初は怪我人には包帯を巻いてやりと、人質に友好的に接していた男も苛立ちはじめ…。

      ほとんど銀行の中だけで話が進展するが、主要キャストも主役に「男たちの挽歌」のティ・ロン、さらに若き日のトニー・レオンやレオン・カーファイが脇にと今観るとさらに豪華に感じる顔触れ。

      トニー、役どころが何分、チンピラなものでばたばたあたふたしてますが、後年の得意の困り顔の片鱗も。

      話の方もティ・ロンがグッド・バッド・ガイぶりを発揮して、これはおもしろかった。80分を切る短さも緊迫感を醸し出すには効果的。佳作であります。原題は「人民英雄」。

      イー・トンシン監督。
      >> 続きを読む

      2015/07/04 by ジェイ

      「野獣たちの掟」のレビュー

    野獣たちの掟
    ヤジュウタチノオキテ

    映画 「野獣たちの掟」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画