こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

雪に願うこと

What The Snow Brings
ジャンル: ドラマ
公開: 2006/05/20
製作国: 日本
配給: ビターズ・エンド

    雪に願うこと の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      ばんえい競馬というのを初めて知った。ラオウが乗りそうなくらい馬がでかい。馬の鼻息が冷たい空気の中に白く吹き出されるところが力強く、また人間のいう事をきく眼差しが優しい。馬が魅力的だった。映画はいい話ではあるが、スローで、邦画に良くある見せる感動を映画にしましたという作り。悪くはないが、雰囲気だけいい映画風のようにも見える。原作の小説があるらしいので、小説を読んでみたい。(GyaO)

      2018/08/20 by 桃猫バラ

      「雪に願うこと」のレビュー

    • 3.0 切ない 元気が出る

      人生に挫折した一人の若者が、何百キロものソリを曳き障害を越える輓馬(ばんば)のレース“ばんえい競馬”と出会い、再生していく姿を描く、「透光の樹」の根岸吉太郎監督が、鳴海章原作の『輓馬』を映画化。
      主演は伊勢谷友介。

      ばんえい競馬なるものも知らなかったのでその業界の話は興味深く鑑賞しつつ、評判が良かったという割りには内容的にありきたりだし盛り上がりにも欠けるし次第的評価です。
      何気に新鮮な感じがしたのは、割烹着姿が板についていた小泉今日子のババァ割り切り演技。
      それと何不自由ないお嬢さんの役が多かったイメージがある吹石一恵が男気のある(おかしいなソレ)女性の役だったこと。

      頭の足らない元同級生テツヲを素直に演じた山本浩司もいいなぁ。今後も名脇役として残る俳優だと思っています。
      ちょっと半分ボケちゃったお母さんを登場させたあたりにはちょっと良い感じでした。

      床屋として思ったことは、 佐藤浩市の散髪シーンがあるんだけど、多分そうとう難しい頭してるんですよね。
      アレをカッコよく散髪するのはプロでも難しいと思うのですがw
      結局いつも彼は七三分けみたいな頭してるなぁ..と思うのは僕だけだろうか...。
      (~allcinema)

      東京で大学を卒業後に若くして一度は成功を手にしたものの、経営していた貿易会社が倒産、妻にも友人たちにも去られてしまった矢崎学。
      彼はやむを得ず、兄・威夫を頼って故郷の北海道帯広へと戻ってきた。
      そして成り行き上、威夫が運営する“ばんえい競馬”の厩舎で見習いとして働き始める学。
      彼はそこで、まるで自分と同じようにお払い箱になる寸前の馬、ウンリュウと出会うのだった…
      >> 続きを読む

      2018/08/09 by motti

      「雪に願うこと」のレビュー

    • 3.0

      映像は美しいがストーリーはありきたり。エンディングも中途半端

      2015/10/24 by kaiteru

      「雪に願うこと」のレビュー

    雪に願うこと
    ユキニネガウコト

    映画 「雪に願うこと」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画