こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

遠くの空に消えた

ジャンル: 青春 , ドラマ
公開: 2007/08/18
監督:
製作国: 日本
配給: ギャガ・コミュニケーションズ

    遠くの空に消えた の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 切ない

      関係ないけど"机の「9」の事件"も思い出した。

      牛糞ネタなど児童向けの側面を意識したようなツカミはダサぃながら、ユーモラスな大人たち、月の満ちてくチャプター構成もかわいくて、ランドマークアートっぽい映画の映像の感動を見せようとする涙ぐましさ。

      144分ってのは、見てて長いので、ダレましたね。
      降り立った空港でスチュワーデスの姉ちゃんにした立ち話にしては長すぎ。

      たしか、ミステリーサークルはイギリスの老人2人が犯人だったはずだけど、M・ナイト・シャマランの「サイン」よりも軽妙でこの映画のファンタジーには合っていました。


      (~allcinema)
      「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が、久々となるオリジナル・ストーリーで描く異色の児童ファンタジー。
      空港建設に揺れる田舎の村を舞台に、怪しげで奇妙な大人たちを相手に、3人の少年少女の友情が引き起こす奇跡の物語をファンタジックかつエネルギッシュに綴る。
      主演は神木隆之介、大後寿々花、ささの友間。
       
      一面に麦畑が広がる田舎の馬酔村に、ある日都会からの転校生、楠木亮介がやってくる。
      彼の父は、この村に持ち上がった空港建設計画の責任者だった。転校早々クラスのガキ大将、土田公平に目をつけられる亮介だったが、ケンカをした2人は逆に仲良くなる。
      そんな2人は、父親をUFOにさらわれたと言い張る少女ヒハルと出会う。
      やがて3人は丘の上の秘密基地で、ヒハルの父を乗せたUFOが迎えにくるのを待ちながら楽しい時を過ごすようになる。
      そんな中、村の空港建設問題は亮介の父が仕掛けた強引な買収工作が引き金となって、大人たちばかりか子どもたちの間にも大きな波紋を広げていくのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/09/10 by motti

      「遠くの空に消えた」のレビュー

    • 1.0

      申し訳ないがよくわからない。
      きっと苦手な人にはどうにもダメだし、得意な人はなんだか感動して掴まれちゃうんだろう。パクチーみたいな。
      監督の名前で観ると失敗するのは確か。

      壮大な夢を見るとそれを他人に伝えたくなるけど、目が覚めて時間が経つほどに忘れるし、輪郭もはっきりしてないしなかなか難しくて。
      この映画は他人の夢を明確に映像にして見せられたみたいな気分。
      人は他人の夢にそれほど興味がないことに気付きました。 >> 続きを読む

      2015/03/16 by ぱなお

      「遠くの空に消えた」のレビュー

    遠くの空に消えた
    トオクノソラニキエタ

    映画 「遠くの空に消えた」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画