こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

東南角部屋二階の女

ジャンル: ドラマ
公開: 2008/09/20
監督:
製作国: 日本
配給: トランスフォーマー=ユーロスペース

    東南角部屋二階の女 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      女性監督をもちあげすぎ

      西島秀俊と加瀬亮という玄人好みの俳優の出演がみどころ。
      流石に素晴らしい演技力で淡々とそつなくキャラクターを演じる。
      もうひとつの話題となっているのは新人女性監督が演出していること。
      なるほどある種の雰囲気ある世界観をだしている...とは思う。
      だけどその部分だけではどうかな。
      「百万円と苦虫女」のタナダユキ監督の前作「赤い文化住宅の初子」の火事のシーンのときも思ったけど、今作の台風のシーン。
      ああいうの苦手なんでしょ?きっと。
      アクションに情熱がないというかアクションの表現の多い少年漫画に対して動きの乏しい少女漫画みたいな印象。

      情緒や雰囲気つくりって最近進出目覚ましい女性監督はみんな上手いんだけどそれらの映画が本当におもしろいかといったらあまり僕的にHITでもない。
      海外の有名な映画賞を受賞してしまった河瀬直美監督とかね。
      話題性は信用しないことにしている。



      (~allcinema)
      これがデビューとなる池田千尋監督が、取り壊し寸前の古アパートを舞台に、人生に迷う若者3人と老人たちとの交流を描いたドラマ。
      出演は、若手組に西島秀俊、加瀬亮、竹花梓、一方ベテラン組には香川京子、高橋昌也。
       
      父親が莫大な借金を残して死んでしまい途方に暮れる野上。最後の望みの綱は、祖父・友次郎が所有する土地だけ。
      会社も辞めてしまった野上だったが、友次郎は土地の売却を認めず、頑なに沈黙するだけだった。そこには、居酒屋の女将・藤子が経営する古アパートが建っていた。
      そして、野上の会社の後輩で野上の後を追うように会社を辞めた三崎、野上の見合い相手で更新料が払えず前のアパートを出てきた涼子、そんな3人が何かに導かれるようにそのアパートに集まってきた。
      やがて3人は、二階の東南角部屋が不思議な“開かずの部屋”であることに気づくのだが…。
      >> 続きを読む

      2018/10/29 by motti

      「東南角部屋二階の女」のレビュー

    • 3.0

      うーん・・・淡々と陽だまり。何が言いたいのかイマイチ安易。

      2015/11/08 by kaiteru

      「東南角部屋二階の女」のレビュー

    東南角部屋二階の女
    トウナンカドベヤニカイノオンナ

    映画 「東南角部屋二階の女」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画