こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

バーディ

Birdy
ジャンル: 外国映画 , ドラマ
公開: 1985/08/30
製作国: アメリカ
配給: コロムビア映画

    バーディ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0

      アラン・パーカーと言えば、「ザ・コミットメンツ」が好きで好きで、私の頭にはもうその映画しか思い浮かばないんだけど、今改めて経歴を見たら、あら、あの映画も、あれも、これも、この人だったんだ、とちょっと驚いているところ。
      私の中では、青春のエネルギーと混乱を描かせたらこの人!って思っていたけど、そればっかりの人じゃないんですねえ。

      でも、この「バーディ」は、コミットメンツ系。
      若くて融通がきかなくてまっすぐで、でも回り道だらけで不条理で、思わず笑ってしまう青春の日々が描かれている。自分の子ども時代とは似ても似つかないのに、なぜかとってもなつかしい。

      しかし、女の子のおっぱいにはとまどいの表情だったのに、鳥で×××(ピーッ)しちゃうなんて、この主人公、完全にヘンタイですよ、ヘンタイ!(笑)

      そんな友情とヘンタイ的偏愛に彩られた日々の記憶が、今現在の追い詰められた彼の心を救う・・・・って、じつは割とそこらじゅうにあるリアルな話なんじゃないかなぁ、と思う。
      思い出や過去の出来事や昔の友達、って、今の人生とは切り離して考えがちだし、しがみついちゃいけないと思うけれど、それ自体は、ずっとずっと自分に栄養を送り続けてくれる大事なものなんだなぁ、としみじみしました。
      >> 続きを読む

      2017/08/18 by みけ猫

      「バーディ」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      大好きな映画です。珍しくテレビ放映していたのでかなり久しぶりに視聴。ベトナム戦争ものというジャンルではありますが、二人の友情を主に描いていているところがよい。いろんなバカを一緒にやってきたちょっと変わった友達を思い遣るニコラス・ケイジの演技もいいし、鳥になるマシュー・モディンも芝らしいです。ラストはあっとびっくりですね(笑) >> 続きを読む

      2017/01/28 by Chihoish

      「バーディ」のレビュー

    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「バーディ」は、ウィリアム・ワルトンのベストセラー小説を、「ミッドナイト・エクスプレス「ミシシッピー・バーニング」の名匠アラン・パーカー監督が映画化し、鳥を熱愛し、それと同化しようとする青年の心象風景を鋭く映像化した異色の傑作で、1985年度の第38回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞しています。

      主人公の青年バーディは、ヴェトナム戦争に出征して、前線で錯乱状態に陥り、今ではアメリカの精神病棟の一室で、まるで飛べない鳥のように身をかたくして座り込み、一日中、金網のついた窓から見える空を眺めているだけです。

      そう、バーディは、ヴェトナムの戦場で精神錯乱になって、"鳥"になってしまったのではなく、鳥が大好きな人間であった彼は、しだいに病がこうじて、鳥に"自己同一化"してしまったのだ。

      そして、鳥になって町の上を飛びまわる幻覚を見るのです。それは鳥に憧れ続けた彼にとっての"夢の成就"でもあったのだ。このバーディの視線を追った低空俯瞰撮影が実に見事だ。

      ヴェトナム戦争が、バーディに与えた残酷な傷とは、せっかく"鳥"として大空を飛べるようになったのに、ヴェトナムの戦場は、なんとそこでバーディはヘリコプターで空を飛ぶのですが撃墜され、彼の精神錯乱は決定的なものになり、彼を飛べなくなった鳥にしてしまうのです。

      そして、コンクリートの病室の中に閉じ込められた金網越しの窓から、空を眺め続けるバーディの姿は、無慈悲にも破壊させられた"夢の残骸"そのものなのかも知れません。
      >> 続きを読む

      2016/11/15 by dreamer

      「バーディ」のレビュー

    • 4.0 切ない

      ベトナム戦争の影響で精神を病んだバーディ。
      彼を立ち直らせようとする負傷兵のアルは、二人の思い出話をバーディに聞かせる。

      戦争の後遺症によって荒んだアメリカの状況を映す青春映画。

      鳥になることを夢見るバーディという意味でも、精神病院での姿とダブらせており友人であるアルの苦悩が窺い知れる。

      若かりしマシュー・モディーンとニコラス・ケイジの瑞々しい演技が見れる。
      そして評価が分かれそうなラストだが、これは悪い夢から覚めたと解釈するが果たしてどうだろう。
      >> 続きを読む

      2016/05/27 by オーウェン

      「バーディ」のレビュー

    • 4.0 泣ける 元気が出る

      高校生役のニコラス・ケイジが見られると聞いて鑑賞(笑)
      頭ふさふさじゃないですか!!(失礼)

      ベトナム戦争で顔半分を負傷し帰国したイタリア系アメリカ人アル。ある日、同じく戦争で精神を病んだかつての親友・バーディーの治療を手助けするため彼が入院している軍の精神病棟を訪れることから始まるストーリー。

      ニコラス・ケイジ演じるアルはいわゆるスポーツマンで女の子大好きな高校生。一方マシュー・モディン演じるバーディーは鳥への憧れが強すぎて、鳥になりたいと本気で思っちゃってる、こう書くと「それなんて厨設定?」という感じなのですが、この人の場合ちょっと突き抜けちゃってるので、その変人っぷりも最後まで見ているとなんとも愛おしくなってきます(笑)

      性格も、育った環境も真逆の二人が、ちぐはぐなようで、実はとても信頼し合っている様がラストシーンの感動をさらに倍増してくれます(笑)

      戦争や精神病棟でのシーンなど暗い要素があるのに、鑑賞後になんともほんわかするような男の友情映画でした(笑)
      >> 続きを読む

      2015/04/15 by ao-ao

      「バーディ」のレビュー

    • ニコラスケイジの頭ふさふさ(笑)
      若かりし頃はもちろんそうなのでしょうが、違和感感じてしまいそうです(笑) >> 続きを読む

      2015/04/16 by milktea

    • milkteaさん
      ですよね~~。同感です。申し訳ないのですがそのインパクトにまず圧倒されましたw >> 続きを読む

      2015/04/18 by ao-ao

    バーディ
    バーディ

    映画 「バーディ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画