こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

あるスキャンダルの覚え書き

Notes on a Scandal
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2007/06/02
製作国: イギリス
配給: 20世紀フォックス

    あるスキャンダルの覚え書き の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 ハラハラ

      秘密を目撃してしまう展開から「家政婦は見た」の市原悦子を連想してしまうジュディ・デンチw
      そしてだんだんスリラーな展開になっていくうえにどうも気色悪いジュディ・デンチ!

      教師という聖職者の仮面をかぶった者が、性職者と堕ちるのもァレだが(逆にこれは同情的に見れる)、表向きは堅くとも定年間際までかくも異常な考えの女が教師をしていたというショック、結局はこの映画、ものすごい緊迫感と極めつけはサイコな感じで見ごたえ十分であった。

      ァレです。ラストが下手なホラー映画みたいな終わり方なのが少しだけ微笑ましい。

      (~allcinema)
      2人のオスカー女優、ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットが迫真の演技を披露するサスペンス・ドラマ。
      15歳の教え子と禁断の関係を持ってしまった女教師と、その秘密を利用して彼女に近づいていく孤独な初老の女教師との間で繰り広げられるスリリングな愛憎の行方が緊張感いっぱいに綴られてゆく。
      原作はゾーイ・ヘラーのベストセラー『あるスキャンダルについての覚え書き』。
      監督は「アイリス」でもデンチと仕事したリチャード・エアー。

      おもに労働者階級の子供たちが通うロンドン郊外にあるセントジョージ総合中等学校。
      ここで歴史を教えるベテラン教師のバーバラは、厳格すぎるゆえに生徒ばかりか同僚教師たちからも疎まれる孤独な存在だった。
      そんなある日、美貌の美術教師シーバが赴任してくる。
      彼女との間にならば友情が築けると確信したバーバラは、以来シーバを秘かに観察し、それを日記に書き留めていく。
      そして、ある出来事をきっかけにシーバと親しくなったバーバラは、上流階級の幸せそうな家庭生活にシニカルな感情を抱きながらもシーバとの友情に喜びを感じていた。
      ところがある時バーバラは、シーバと男子生徒の情事の現場を目撃してしまう…。
      >> 続きを読む

      2018/08/10 by motti

      「あるスキャンダルの覚え書き」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      15歳の少年と淫らな関係に陥った新任教師。
      それを知ってしまったベテランの女教師が、その秘密を餌に脅しをかけてくる。

      孤独という名の魔物が成長したとき、このような人格が形成されるのか。
      圧倒的な威圧感を持って迫るさまは、ほとんどホラーのような様相。
      そして秘密がばれたときはあっという間に広まっていき、お互い理性が外れてしまう。

      独白で綴られた日記のつぶやきが恐怖を駆り立てていく構成。
      ケイト・ブランシェットにジュディ・デンチと期待以上の演技を見せ付ける。
      二人の演技合戦は見ものであり、独占欲や性欲など人間の業が至るところで出てくる。
      その白熱した人間ドラマを見逃す手はない。すごい作品だ。
      >> 続きを読む

      2017/11/13 by オーウェン

      「あるスキャンダルの覚え書き」のレビュー

    • こんな役ケイトさんが演じたら・・・観るしかないです!

      2017/11/14 by メッシイ

    • 3.0

      巣にかかった獲物をじわりじわりと追い詰めていく蜘蛛のような、ジュディ・デンチの演技が怖かった。。(しかも悪気はない)
      まさに怪演です。

      ケイト・ブランシェットが美しい!

      2016/12/25 by とらとらこ

      「あるスキャンダルの覚え書き」のレビュー

    • 4.0

      ジュディ・デンチさんが怖いです。ドロドロ映画好きは必見(?)。デンチさんの怪演はもちろんですが、ケイト・ブランシェットさんも好演で支えます。お話は新任教師のブランシェットさんの弱みを握ったベテラン教師デンチさんが、次第に彼女に対する支配欲をむき出しにして、本性をあらわにするという怖~い、怖~いものです。その弱みというか、秘密というのが、「あらら…」というものですが、ある意味生臭いお話。デンチさん演じる主人公もある意味心を病んでいるのでしょうね。あまり救いのないお話です。

      2015/08/06 by ぴぐじい

      「あるスキャンダルの覚え書き」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      幽霊が出るとかではなく、人間が怖いお話。
      夜中に何気なく見始めて眠れなくなった思い出が…

      2014/08/18 by kotokoto

      「あるスキャンダルの覚え書き」のレビュー

    • > 監督: リチャード・エア

      ギアかと思いました...

      2014/08/18 by ice

    • タイトルがドタバタコメディっぽいのにそんなに恐ろしい話だとは!

      2014/08/18 by ただひこ

    あるスキャンダルの覚え書き
    アルスキャンダルノオボエガキ

    映画 「あるスキャンダルの覚え書き」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画