こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

犬と私の10の約束

ジャンル: ドラマ
公開: 2008/03/15
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    犬と私の10の約束 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 3.0

      予告で「犬の十戒」をひととおり聞いただけで感極まりかけた(w)のでなんとなくその辺で内容に察しがつくというもの。

      冒頭で神様がダメな人間のために犬を与えた...とかいうテロップが出るのですが、なんというか...犬を飼っている人必見、犬を飼うのに関して全く否定的な人置いてけぼりな感じw

      犬と出会い、別れ。
      その中で人と犬との関係を見つめなおす、ペットを飼う人間の傲慢さへの戒め。

      動物モノにありがちな要素をはらみつつも妙なテンポの映画となっておりましたw
      ゆるく、少女趣味w


      (~allcinema)
      犬の気持ちを代弁したことばとして世界中の愛犬家から支持されているという作者不詳の短編詩(原文は英詩)“犬の十戒”をモチーフに、「椿山課長の七日間」の川口晴と電通の売れっ子CMプランナー澤本嘉光(ペンネームはサイトウアカリ)が共同で脚本を作成、またそれぞれに小説化もしたペットの犬と少女を巡る物語を描く心温まる感動ドラマ。
      主演は「夕凪の街 桜の国」の田中麗奈、共演に「それでもボクはやってない」の加瀬亮。
      監督は「ゲゲゲの鬼太郎 スタンダード・エディション」の本木克英。
       
      北海道の函館で暮らす14歳の少女・あかり。ある日、彼女の家に一匹の子犬がやってきた。
      あかりは、前足の片方だけが靴下をはいたように白いそのゴールデンレトリバーを“ソックス”と名付ける。
      体調を崩して入院していた母は、そんなあかりに、犬を飼う時には、犬と“10の約束”をしなければならないと教えてくれた。
      やがて、大人へと成長していくあかりに次々と試練がやってくる。
      そんな時、ソックスがいつもそばにいて、あかりを励ましてくれるのだった…。
      >> 続きを読む

      2018/09/10 by motti

      「犬と私の10の約束」のレビュー

    • 3.0 泣ける

       戌年にわんこの映画を観ようと手に取った一本。
       「犬の十戒」をテーマに敷いたごく普通の何でもない家庭の犬との生活の何でもない物語。
       映画として、物語として、盛り上げる方法は山ほどあるけれど、敢えて何も盛らずに、純粋に私と犬との約束を振り返る構成なんだろうなと。
       なんでもない何処にでもある物語だからこそ、そこに自分を重ねて共感が成し得るスタイルなんだろうなと。
       
       特典ディスクは、メイキングと舞台あいさつ。
       やはり、犬のテーマの話題が中心。
       犬のトレーナーの方のコメントも。
       ひたすらワンコ映像特典もあり。
      >> 続きを読む

      2018/01/03 by 猿山リム

      「犬と私の10の約束」のレビュー

    • 4.0 切ない

      "大切な家族の一員としての犬と人との関係を描いた、家族映画の佳作 「犬と私の10の約束」"

      この映画「犬と私の10の約束」は、動物映画の一本かと思ったら、人と犬の関係を描いた作品だ。

      飼い主には犬もかけがえのない家族であり、心の支えにもなることを思うと、これは立派な"家族映画"だと言えるかも知れない。

      函館で勤務医の父(豊川悦司)と母(高島礼子)と三人で暮らす中学生のあかり(福田麻由子)。母が突然倒れて入院し、結局帰らぬ人となってしまう。そして、その同じ頃、迷い込んで来た犬をソックスと名付け、飼うことに-----。

      母を亡くした悲しみ、仕事人間の父の帰りを待つ寂しさを、常にそばで癒してくれたのがソックスの存在だったのだ。

      そんな時、父が札幌の大学病院に栄転する話が舞い込む。
      新居の寮で犬が飼えないため、あかりは泣く泣く幼馴染の進にソックスを預けることになる。

      幼馴染の進が留学に旅立つ日、父と見送りに向かうあかり。しかし、父が仕事で呼び戻されたため、出発に間に合わなくなってしまった。
      責任を感じた父が病院を辞めて函館で開業、あかりは再びソックスと暮らし始めることになる。

      7年後、獣医学部に入ったあかり(田中麗奈)は、ギタリストの夢をかなえた進(加瀬亮)と再会し、惹かれ合う。

      この飼い犬のソックスは、亡き母に代わってヒロインに寄り添ってきた存在。
      だが、彼女が大人になるにつれ、恋や仕事にかまけて距離が段々と広がっていく。

      動物を擬人化したような娯楽作が多い中で、人と犬の関係が対等ではないことを踏まえた物語には好感を覚えてしまう。

      母に死期が伝わってしまうエピソード、幼馴染の見送りにバイクで向かう場面などは唐突さを感じさせ、ストーリーがこなれていない印象を受けるが、それでも目頭を熱くさせるのは、度重なる別れを経験しながら、けなげな表情を見せる福田麻由子や、飼い主を無条件に受け入れてくれる犬の存在によるところが大きいと思う。
      >> 続きを読む

      2017/04/27 by dreamer

      「犬と私の10の約束」のレビュー

    • 4.0

      ほのぼのと暖かい。田中麗奈の出る映画はいい。少し泣いた。

      2015/11/04 by kaiteru

      「犬と私の10の約束」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      「犬と私の10の約束」14歳のあかりの元にやってきたゴールデンレトリーバー。共に過ごした10年間を描く。
      詳しいレビューはこちら↓
      http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2015-07-02
      >> 続きを読む

      2015/07/29 by youmisa

      「犬と私の10の約束」のレビュー

    • 愛犬家にはたまらない作品でした!!

      2015/07/29 by チャミー

    犬と私の10の約束
    イヌトワタシノジュウノヤクソク

    映画 「犬と私の10の約束」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画