こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

スフィア

Sphere
ジャンル: 外国映画 , SF , ホラー , ミステリー・サスペンス
公開: 1998/05/23
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    スフィア の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「スフィア」は、マイケル・クライトン原作の映画化作品で、彼には珍しい海洋SFホラーになっている。深海で発見された謎の宇宙船を調査するため、科学者たちが招聘されるという設定は「アンドロメダ病原体」とそっくりだ。

      太平洋の沖合で、300年近く海底に沈んでいた巨大な宇宙船が発見された。政府の要請を受けた心理学者ノーマン(ダスティン・ホフマン)、彼の古い知り合いの生化学者ベス(シャロン・ストーン)、ニヒルな数学者ハリー(サミュエル・L・ジャクソン)ら数人の学識者は、謎の指揮官バーンズ(ピーター・コヨーテ)と共に、その調査にあたることになる。

      深海探査基地を拠点にリサーチを進める彼らは、宇宙船内で巨大な球体"スフィア"を発見、その機能を解明しようとしていた矢先、海上との連絡が途絶えてしまう。そして、彼らの"潜在意識"に眠っている恐怖が、次々と現実となって彼らを襲うのだった------。

      舞台となるのが、海底300メートルの探査基地の密室と宇宙船内という限定されたものでありながら、途中ハリケーンが来たり、巨大な生物が襲ってきたり、船内で火災事故が起こったりと、展開は非常に派手だ。

      "ファースト・コンタクト・テーマ"のハードSFでありながら、しかも人間の意識化の葛藤を描く心理ドラマでもあるという複雑な物語を、バリー・レヴィンソン監督がスリリングに映像化していると思う。

      ダスティン・ホフマンやピーター・コヨーテといった芸達者な俳優たちの熱演も大きく貢献しており、原作よりも緊迫感のあるドラマに仕上がっていると思う。
      >> 続きを読む

      2017/09/01 by dreamer

      「スフィア」のレビュー

    • 2.0

      深海の中でのスフィアに触れたものは。

      非常に興味ある展開だし、もっと面白くなるはずだが尻すぼみ。
      やはりあの終わり方のためか印象に残らない出来。

      豪華な役者にそれなりの恐怖。疑心暗鬼な展開。残っていく人物。
      これらすべてが予定調和に終始。

      敢えて言うなら、同じ展開を見せる「イベント・ホライゾン」の方がよっぽど恐怖を味わえるし飽きないと思います。
      こっちは途中で眠ってしまって2度目見返しましたから(笑)
      >> 続きを読む

      2015/02/15 by オーウェン

      「スフィア」のレビュー

    スフィア
    スフィア

    映画 「スフィア」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画