こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ローマでアモーレ

TO ROME WITH LOVE
ジャンル: ラブロマンス , コメディ
公開: 2013/06/08
製作国: アメリカ , イタリア , スペイン
配給: ロングライド(提供:角川書店、ロングライド)

    ローマでアモーレ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      ウディ・アレン作品では初上陸となるイタリアのローマが今作は舞台。

      ベタにトレヴィの泉やカンピドリオ広場、真実の口などが使われる。
      そこに描かれるのは4つのエピソード。

      アレン自身が顔出しするパートでは控えめだが、残りの3つのパートにもアレンの分身ともいえる存在が出てくる。
      シャワーの時に急激に歌が上手くなるオヤジだとか、弾けたエピソードもある。

      ベニーニはいつの間に有名人に仕立て上げられた後の滑稽さはイタリア人ならでは。

      他のヨーロッパ作品ほどインパクトはないが、それでも楽しめる一品。
      >> 続きを読む

      2017/12/12 by オーウェン

      「ローマでアモーレ」のレビュー

    • 4.0

      邦題がセンスない
      オムニバス形式で進んでいき、ウディアレン節が出てます
      ウディアレン本人が出てくると何か締まる
      ローマでのたくさんの愛や恋や人生を描いてます
      なんだかすぐに愛だの恋だのになるけれど
      ローマやし仕方ないと思って観れました
      ペネロペクルスのセクシーさ凄い
      シャワーでのオペラは笑える
      その発想…凄い
      基本的に真っ直ぐな愛や恋じゃないことばかりが描かれてますが
      映画やし、ウディアレン作品やし、そういう普通じゃないことの方が
      面白みがあって入り込めました
      >> 続きを読む

      2017/02/27 by tomi

      「ローマでアモーレ」のレビュー

    • 3.0

      寸評:イタリア人でさえ迷子になるローマの街が、Woody Allenが選んだ次の舞台。恋多き街ローマらしく「浮気な恋」が二組登場し、古代遺跡をバックに、これまたイタリアらしく賑やかに展開する。

      見所:「イタリアのWoody Allen」ことRoberto Benigniが、早口のイタリア語でまくし立てる。突然有名人になった、平凡なサラリーマンの困惑ぶり。

      2015/05/24 by marica

      「ローマでアモーレ」のレビュー

    ローマでアモーレ
    ローマデアモーレ

    映画 「ローマでアモーレ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画