こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ダーティハリー3

The Enforcer
ジャンル: 外国映画 , ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 1976/12/25
製作国: アメリカ
配給: ワーナー映画

    ダーティハリー3 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "無言の後ろ姿にハリーの人間味が滲み出る 「ダーティハリー3」"

      サンフランシスコ市警殺人課のハリー・キャラハン刑事(クリント・イーストウッド)は、犯人の射殺がやりすぎだとして、人事課に回されてしまう。

      相棒が殺され、再び殺人課に戻ったハリーの新しい相棒になったのは、人事課で面接をした女刑事のムーア(タイン・デリー)だった。

      最初は衝突していた二人は、心を通じ合うようになり、市長を誘拐し身代金を要求している、人民革命攻撃隊と名乗るテロ集団のアジトに乗り込んで行くのだった------。

      シリーズも3作目ともなると、さすがに暴力刑事ハリー・キャラハンに衝撃度はなく、有無を言わせぬ犯人射殺のアクションにも、弾けるような新鮮さはない。
      1作目、2作目でのインパクトが、あまりにも強烈だったので、この3作目はその他の刑事アクションものと、さしたる区別のない映画となってしまった感は否めない。

      しかし、この作品には放っておけない魅力があるのだ。それは何かと言えば、ハリーの人間味がぐっと前面に出て来たことだ。前2作で死なせてしまった相棒たちへの思いが、説明的なセリフによってではなく、新米の女刑事ムーアとのエピソードによって、自然なまま作品全体に拡散浸透していくあたりは、特に印象的だ。

      しかも、女刑事とのやり取りのうちには、人間同士の連帯感の萌芽が優しく滲み、廃墟と化したアルカトラズ刑務所跡での銃撃戦の果てに息絶える彼女に、「死なせはしない」と呟くハリーの悲しみが、私の胸を衝くのだ。

      このシリーズのファンの中には、ハリーに人間味など不要だと思う人もいるだろう。人間味なんかのせいでシリーズからクールさが失われたと思う人もいるだろう。

      だが、この作品の見事なラストシーンをじっくり観てみると、言いたいことが山ほどあるはずなのに、ハリーは無言を貫く。

      その無言の後ろ姿には、百万語を費やすよりも遥かに説得力があるのは何故かと言えば、人間味が滲み出ることによってしか得られない「共感」として、ハリーの"心の叫び"が痛いほど伝わって来たからだ。

      そして、瞠目すべきは、完璧な説得力を持つ無言のハリーの後ろ姿が、寸分違わずイーストウッド的だということだ。

      このラストシーンで、「言葉は要らない、存在ですべてを語るのだ」と納得させられるのは、ハリーというキャラクター以上にイーストウッドの発散する匂いに、無言の説得力があるからなのかもしれない。しかも、その説得力には、イーストウッドを観ることを迷わず、我々観る者に選択させてしまう程の力が同時に備わっているのだ。

      彼は一番のはまり役を、このシリーズ3作目で完全に消化し、イーストウッド映画の魅力とは、イーストウッドの個性を見つめる喜びから始まるというセオリーを確固たるものにしたと言えるだろう。
      >> 続きを読む

      2017/10/25 by dreamer

      「ダーティハリー3」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ※再々・・・?鑑賞

      今観ると『ミリオンダラー・ベイビー』が入っている。
      『アルカトラズからの脱出』もか。

      女性の社会活用を政策にする市長(某アジアの国の首相みたい)。

      相棒の殉職は、型になって来たか?
      今回の犯人は、テログループ(当時は過激派組織)。
      クライマックスのアルカトラズ島でのアクション・・・キャラハン刑事がバズーカ砲をぶっ放すシーンは、最高!
      >> 続きを読む

      2016/03/23 by 89bub

      「ダーティハリー3」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      1976年の『ダーティハリー』シリーズ三作目の作品です。
      強引な手法での事件解決で殺人課から移動させられたり元の相棒が殉職したり・・・散々なキャラハン刑事だが兵器庫を襲った金目当ての武装テログループの犯行を機に元の部署に復帰する。
      しかし新しく組む相棒は全くの新米の女性刑事・・・さてこの新たなコンビで武装テログループに挑むが果たして?
      前作の出来が良かったせいか少し物足りない感じがしたが新米女性刑事の演技が良い味を出しています!! 私の作品評価は星三つです。

      2015/05/12 by チャミー

      「ダーティハリー3」のレビュー

    • 新米女性刑事って響きがなんか良いっす(^^;;

      2015/05/13 by メッシイ

    • 3.0

      シリーズ3作目はさすがにパワーダウンしてきたのか。
      印象に残る場面が少なく、凡作の域を出ない状態。

      違いはキャラハンの相棒が女性になったこと。最初に「犯人を捕まえたことがない」の伏線がまったく生かされないのだから、物語的にも雑な印象。

      ハリーが停職した後の会話なども良さげだが、最後に無にするあの終わり方。
      いくらハリーが孤独というのを示したいとはいえ、後味が悪い。

      おまけにバズーカよりは44マグナムの方がハリーにはやはり似合う。
      >> 続きを読む

      2015/02/25 by オーウェン

      「ダーティハリー3」のレビュー

    • >最後に無にするあの終わり方。

      最後を無にする終わり方っていうのが妙に気になります(笑) >> 続きを読む

      2015/02/25 by ただひこ

    ダーティハリー3
    ダーティハリースリー

    映画 「ダーティハリー3」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画