こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ルワンダの涙

Shooting Dogs/Beyond the Gates
ジャンル: ドラマ
公開: 2007/01/27
製作国: イギリス , ドイツ
配給: エイベックス・エンタテインメント

    ルワンダの涙 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0 ハラハラ

      1994年に起きたルワンダ大虐殺。
      事件の詳細は「ホテル・ルワンダ」である程度は知っているが、こちらは白人側の視点で描かれる。

      クリストファー神父と教師ジョーが赴任していたルワンダ。
      しかし大統領が乗っていた飛行機が撃墜される事態になり、ツチ族とフツ族が一触即発の状態に陥る。

      場所が避難所という事もあり、多くの難民がなだれ込んでくる。
      その中ではツチ族は国連軍に保護されているが、そこから出ればすぐにフツ族が襲ってくる。
      このジレンマの中で国連軍に撤退命令が下される。

      思いっきり虐殺シーンを見せることによって悲劇を際立たせる構成だが、ここは「ホテル・ルワンダ」と評価を分ける。
      白人なこともあり傍観者の立場を抜け出せないもどかしさがある。

      同時にこの事態は事件の始まりに過ぎない。
      後に100万人ともいわれる大虐殺のまだ冒頭でしかないのだから。
      >> 続きを読む

      2017/08/03 by オーウェン

      「ルワンダの涙」のレビュー

    • 4.0

      ルワンダのフツ族によるツチ族虐殺について描かれ「ホテル・ルワンダ」とともに有名になった映画です。

      「ホテル・ルワンダ」はルワンダ人を中心に描かれいたのに対し、こちらの作品は当時ルワンダにいた外国人が中心となり描かれております。当時の国連軍や、ヨーロッパ軍の振る舞いを知っているならば予想できるかもしれないですが、視聴者もあくまで傍観者側としてこの事件を見るというように設定されているため、若干の後味の悪さが拭えませんでした。

      しかし、実際に他国は何もすることができず、多くの国が傍観者に徹したという事実を考えれば、この作りも違和感はないかもしれません。

      この事件に関しての映画を見たいという方は、この作品と「ホテル・ルワンダ」をセットで見ることをお勧めします。
      様々な視点から様々な見方ができるので、その対比という意味では非常に有意義なものになると思います。
      >> 続きを読む

      2014/06/03 by なかいち

      「ルワンダの涙」のレビュー

    • ぜひセットで観たいと思います。

      2014/06/03 by nosuke

    • 当事者と傍観者では全く違うものが見えてくるのでしょうか

      2014/06/03 by numasan

    ルワンダの涙
    ルワンダノナミダ

    映画 「ルワンダの涙」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画