こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

黄金を抱いて翔べ

ジャンル: ミステリー・サスペンス
公開: 2012/11/03
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    黄金を抱いて翔べ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 3.0 泣ける 笑える ハラハラ クール

      2012年/日本映画
      DVD鑑賞

      2017/11/11 by Chappy

      「黄金を抱いて翔べ」のレビュー

    • 評価なし

      2012年劇場鑑賞。NO.44
      有楽町の映画館にて鑑賞。

      2016/04/09 by おにけん

      「黄金を抱いて翔べ」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      原作は未読。

      豪華キャストによるクライム・エンターテインメントかと思いきや、めっちゃめちゃ渋めのハードボイルドでしたね。

      なので、わかやすく享受できて、わかりやすく派手で楽しめる娯楽作を期待して観ると酷評になるかと思われます。



      原作読んだらまた感想は違うかもしれませんが、自分は和製ハードボイルド系の映画を楽しむように楽しめました。



      台詞のひとつひとつがいちいちスタイリッシュなのは最後まで微妙に馴染めませんでしたけど(笑)。

      その辺りも含めて、ハードボイルドで渋めの作りなので、チャラチャラしたエンタメ犯罪映画に飽き飽きの人には良いかも。
      >> 続きを読む

      2015/04/17 by 備忘録

      「黄金を抱いて翔べ」のレビュー

    • 2.0

      見る直前にここのレビュー見ちゃったら、もう見るの止めようか本気で悩みました。
      でもせっかく借りたDVDなので、一応見ておきました。すると、ハードルが下がり過ぎてたせいか、そこまで酷い内容ではありませんでした。酷評の書き込みはおそらく同一人物がやっていると気づきました。

      ただ、公平に見て面白かったかと言われると、確かに平凡な内容です。

      本作の原作は読んでないのですが、「マークスの山」を読んだ時の高村薫の作風が漂っています。全体的に暗くシリアスな空気が漂い、朝鮮半島のことを絡めたり、小道具にウォッカを使う点など。 >> 続きを読む

      2014/08/22 by takenuma

      「黄金を抱いて翔べ」のレビュー

    • 3.0

      終盤、無造作に置かれた古い聖書が映し出される。その描写が象徴するように、この映画には、目に見えるストーリーのすぐ裏側の部分で登場人物たちのあらゆる「懺悔」が溢れている。
      幼年期の罪に対する懺悔、息子の不遇に対する懺悔、祖国に残した家族に対する懺悔、そして、夫を裏切ったことのへの懺悔と、おそらくはそれと同時に兄を裏切ったことへの懺悔……。

      日本映画としては珍しい程に卓越した娯楽性の中で、人間たちのバックグランドを含めたドラマ性が深く映し込まれる。
      実は、井筒監督作品を観たのは初めてだったが、様々な映画に“毒づく”だけあって、流石に骨太で濃ゆい映画世界を見せてくれたと思う。

      原作は未読だが、映像的に表現されていない部分も含めて、物語の世界観と人間模様を忠実に描き出せているのではないかと思えた。
      それぞれの登場人物たちの映されていない部分の言動やドラマが、ありありと想像出来ることが、映画として原作の持つテーマの核心を引き出せている証明だろうと思う。
      冗長な回想シーンを羅列したり、説明描写を延々と繰り広げたりするダサい日本映画が多い中、
      主要人物たちの犯罪への動機や人間関係の説明的な描写は極力排して、犯罪計画そのものにスポットをあてた構成は、非常にシンプルかつ映画としてのリアリティに溢れていた。

      その卓越した映画世界の中に息づく俳優陣も主要キャストから脇役・端役に至るまで、とても“気合い”が入っていて素晴らしかったと思う。
      何かが起こる派手なシーンだけでなく、酒を酌み交わしたり、ハンバーガーショップで計画を練るシーンに至るまでもれなく蔓延る緊張感は、俳優たちの優れた演技の賜物だ。

      ハードボイルドやバイオレンスにただただ突っ走った映画は多い。しかし、それに相応しい娯楽性を伴った日本映画は数少ない。この映画が素晴らしいのはまさにそういう部分だと思う。
      ハードボイルド、バイオレンス、サスペンス、幅広い娯楽を抱き、見事にエンターテイメント映画として飛翔してみせている。
      >> 続きを読む

      2014/08/07 by tkl

      「黄金を抱いて翔べ」のレビュー

    もっとみる

    黄金を抱いて翔べ
    オウゴンヲダイテトベ

    映画 「黄金を抱いて翔べ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画