こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

コーヒー&シガレッツ

Coffee and Cigarettes
ジャンル: ドラマ
公開: 2005/04/02
製作国: アメリカ
配給: アスミック・エース

    コーヒー&シガレッツ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 3.0 クール

      音楽でいえば、ジャームッシュの11曲入りのコンセプトアルバム。

      必要なのは、コーヒーと煙草。
      イギー・ポップ&トム・ウェイツ、GZA & RZA と医者との兼業発言などから、音楽と医者も必要?
      映画監督やニコラ・テスラなどの発明家も必要ってか。

      ほんとうにダルぃ11篇がおさめられているのだが、コンセプトアルバムさながら曲順にしたらなかなかの構成だったりする。
      どっかで聞いたフレーズ(セリフなど)が後半に散りばめたリプライズとしているよう。

      ぁあ、やっぱりお気楽な映画だなとおもったのはDVD特典に収録されていたジャームッシュ監督のインタビュー。
      コレがおもしろい。
      イギー・ポップはこの脚本のどこに面白みがあるんだ!?って台本を投げつけたそう。
      おなじみのビル・マーレイは1日?半日で撮影終わんないかな?
      ってかなりいい加減な!



      (~allcinema)
      インディペンデントの雄、ジム・ジャームッシュ監督が“コーヒー”と“タバコ”をめぐる11のエピソードを綴った珠玉の短編集。
      ロベルト・ベニーニ、ケイト・ブランシェット、イギー・ポップ、トム・ウェイツはじめ、個性溢れる俳優やミュージシャンが集い、コーヒーを飲みながら、あるいはタバコを吸いながら、とりとめのない会話を繰り広げてゆく。
       
      本作のプロジェクトはもともと86年にアメリカの人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』のため、ロベルト・ベニーニとスティーヴン・ライトを起用して撮り上げた一編「コーヒー&シガレッツ/変な出会い」が始まり。
      89年にはジョイ・リー、サンキ・リー、スティーヴ・ブシェミによって2作目「双子」がつくられた。
      続く93年の「カリフォルニアのどこかで」ではイギー・ポップとトム・ウェイツの顔合わせでカンヌ映画祭の短編部門最高賞も手にしている。
      以後も10年以上にわたって撮りためられた全11編がここに集結、至福のリラックス・タイムを提供してくれる。
      >> 続きを読む

      2018/09/07 by motti

      「コーヒー&シガレッツ」のレビュー

    • 3.0

      京都みなみ会館、さよなら興行で観てきました。
      この作品を選んでくるところ、さすがです(笑)

      モノクロ映画。
      コーヒーとシガレットをベースに2人から3人の会話劇がオムニバスとなって進んでいきます。
      俯瞰で撮影されるシーンが全ての作品の中に入っているのが共通項でしょうか。
      あとは他愛もない会話だったり、残念な会話だったり、日常の中の会話を切り取り描かれています。

      そうでした、映画ってこういう作品もあるんだ。
      そして映画って面白い。
      そう気づかせてくれる作品です。
      >> 続きを読む

      2018/04/03 by 寺嶋文

      「コーヒー&シガレッツ」のレビュー

    • 4.0

      ほっこりとしてして方の力を抜いて見られる映画でした。
      お互いに息が合ったりかみ合わなかったりする会話をみながらニヤニヤしていました。

      2017/11/19 by chabin

      「コーヒー&シガレッツ」のレビュー

    • 5.0

      友人に教えられてみる。思わずその友人とインスタントコーヒーではあるが、飲みながら見てしまった。 いやー実にいい!不条理なこの作品。私の大好物な作品だった。 中でもお気に入りなのは、終わりから3つ目くらいに合ったいとこ同士?のやつと女性の一人芝居のやつ。この2作品はとても気に入っている

      2017/08/10 by megucchi55

      「コーヒー&シガレッツ」のレビュー

    • 4.0 笑える

      2、3人の登場人物がコーヒーとタバコを嗜みながらグダグダ喋る、そんな短編が10本ほど入ったオムニバス映画。
      これといったオチもなければ特に会話の内容もないというかなりトリッキーな映画です(笑)


      ミュージシャンや俳優がメタ的に本人役を演じてたり、一方では結構がっつり台本のある編もあったり。
      前者はその人物を知っていると楽しさ倍増、後者は俳優さんの演技力を楽しみつつ、みたいな。


      まさにコーヒー&シガレッツ、喫茶店で休憩する感覚で見れる作品でした。
      たまにはこういうのもアリですね。
      >> 続きを読む

      2017/04/30 by カンカ

      「コーヒー&シガレッツ」のレビュー

    もっとみる

    コーヒー&シガレッツ
    コーヒーアンドシガレッツ

    映画 「コーヒー&シガレッツ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画