こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

デッド・ノート

LET US PREY
ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 2016/01/05
製作国: アイルランド , イギリス
配給: AMGエンタテインメント

    デッド・ノート の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      北大西洋の荒波が打ち付ける岩礁に一人起立する黒衣の男.掴みはバッチリ.ハードル低めで視聴を開始したがこのOPシークエンスでちょっと姿勢を正し直した.
      訳あり新米女性警官,近所で有名なクソガキ.仕事サボってカーセックスに耽る先輩警官.アクが強い巡査部長.DVで勾留される教師,どこか翳のある医師,そして冒頭の黒衣の男.劇中台詞があるのはこの8名.キャラクター描写が秀逸で,動きが少ない前半も退屈しない.やはり只者ではないぞ,この作品は.
      物語後半.黒衣の男の言葉に触発されて,人々が本性を表しだすと画面を赤色が占め肉片が飛び散るようになる.もう一度姿勢を正す私.
      劇中唱えられる文言,聖書からの引用と思いググったがヒットせず.作中だと字幕で文字数制限付きの意訳だったからヒットしなかったのか.本作を解読するうえで重要な因子なのでちょっと残念である.
      重要な因子といえば黒衣の男の正体.エンドロールにはただ「six」とだけあった.そこで第六位の天使を調べてみるとwikiさんに「能天使,悪魔を滅する任務を持つが、悪魔と一番接する機会が多いため、一番堕天使になりやすい地位だという」との文言が.おぉ,劇中にもそれっぽい台詞があったな.敬虔な耶蘇教が視聴したらピンとくる類かしらね.
      あと幼女レイチェルの事件.当然ながらマーターズを連想する.そのマーターズは人が人のまま教義を体現しようとした集団の物語.本作は天使が人を使役し教義を体現しようとする物語.対とはいわないが,セットで視聴することで何かを得られるかもしれないな.
      どっちも赤色・お肉ちゃん多めで視聴者を選ぶ作品だけど.
      >> 続きを読む

      2018/05/07 by 叡福寺清子

      「デッド・ノート」のレビュー

    • 3.0

      絵にかいたようなB級ホラーサスペンス!まだ、10時過ぎくらいだというのにゴーストタウンのような街も、短時間にキチガイ丸出しの登場人物達も、最終的にワケわからん宗教的雰囲気も、突っ込み所満載の鑑賞(笑)

      2016/06/01 by あっちゃん

      「デッド・ノート」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「イカれ具合 巡査部長が No.1」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

      赴任したての婦警が交通事故の現場を目撃するも、被害者が忽然と消えてしまう。とりあえず加害者を逮捕して署に向かうとさっき轢かれたはずの男が現れる。そこから署員を含めた全員に異変が起き始める…というお話。

      いきなり邦題からツッコミたくなりますが、上映してるときはデスノートだったというからビックリΣ(´□`;)紛らわしいからDVD化の際にデッドノートに変更。そして内容はもちろんデスノートとは似ても似つかない。(´Д`)
      ただそれでつまらないかというとそうでもない。デスノートのパクりっぽいという先入観が無ければそこそこ面白かったはず(^^;B級ではありますが。ノートに名前が書かれた人間が死ぬっていう謳い文句はちょっと違う。

      みんなそれぞれ後ろ暗いことがあるんですが、巡査部長が凄くて他が霞んでるΣ(-∀-;)そう考えるとめっちゃカオスな街だな。
      >> 続きを読む

      2016/04/20 by Jinyuuto

      「デッド・ノート」のレビュー

    • 3.0

      邦題が??パッケージも??ですが、何故か惹きこまれました^^;
      まず、舞台設定が雰囲気があります!次に少ない出演者1人1人(あまり感情移入は出来ませんが…)に怪しげな存在感が溢れています!
      B級ホラーらしい良く出来たホラー映画だと思います!!

      2016/04/18 by モリモリ

      「デッド・ノート」のレビュー

    デッド・ノート
    デッドノート

    映画 「デッド・ノート」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画