こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

椿山課長の七日間

TSubakiyama's Send Back
ジャンル: ドラマ , ファンタジー
公開: 2006/11/18
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    椿山課長の七日間 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 切ない

      浅田次郎の同名ベストセラーの映画化で、監督は「子ぎつねヘレン」が今イチだった河野圭太。
       
      軽妙なタッチで笑わせてくれるし、かるく涙させてくれる...漫画みたいな好きなタッチの浅田次郎モノは好きなので面白く見れた。
      西田敏行のモノマネをするつもりで伊東美咲には演じてほしかった!
      たぶんそしたら抱腹絶倒だったかも。

      このとき妊娠中の志田未来ちゃんも良かった(それはテレビドラマです)。

      3人それぞれのエピソードがそれぞれうまく世代を包括していて嫌味がない。

      唯一、残された妻子の行く末のまとめかただ無理矢理な印象だなぁ。
      実は継父の実子だったり、血のつながりのないことになる祖父の死去など...。


      (~allcinema)
      脳溢血のため突然死した椿山課長。やり残した仕事や愛する家族のことなど、あまりにも未練が強すぎて、このままでは死にきれない。
      そして、天国と地獄の中間地点にある“中陰役所”で、3日間だけ現世に戻ることを許されたのだった。
      ただし、正体がバレないようにと、前世とは似ても似つかない絶世の美女・和山椿となって。
      椿山と同じように、殺されたヤクザの親分・武田、生みの親に一目会いたいと願う小学生・雄一もそれぞれイケメンの美容師・竹内、可憐な美少女・蓮子へと姿を変えられ、現世によみがえるのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/24 by motti

      「椿山課長の七日間」のレビュー

    • 4.0

      シンプルイズベスト。なかなか良い佳作です。

      2015/10/31 by kaiteru

      「椿山課長の七日間」のレビュー

    • 3.0 切ない

      原作既読です。
      やはり原作は超えられないなという印象でした。

      友人と一緒に鑑賞していたのですが、その友人は原作未読だったためもあって「とても感動した!」と言っていました。

      各役者さんはとてもよかったのですが、やはり2時間という尺に収めるのはとても難儀であると感じた作品です。

      原作未読の方には充分おススメできますが、原作既読の方にはあまりおススメ出来ないかもしれません。
      >> 続きを読む

      2015/04/23 by bay-n

      「椿山課長の七日間」のレビュー

    • 非常に気になっていた作品でした!
      自分は原作を読んだことがないのですが、本にするか映画にするか悩んでしまします><

      この作品が世に出た時は似たようなテイストの作品が多くあったような気がします。
      自分が読んだ作品も、ストーリーのボリューム的に映像にしたら決められた時間におさめるのは大変そうw
      ・・・やっぱり本でよもうかな(笑)
      >> 続きを読む

      2015/04/23 by akagumi

    椿山課長の七日間
    ツバキヤマカチョウノナノカカン

    映画 「椿山課長の七日間」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画