こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ジョーズ2

Jaws 2
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , SF , アクション
公開: 1978/12/02
製作国: アメリカ
配給: ユニヴァーサル=CIC

    ジョーズ2 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      感想川柳「前作より 何もかもが 下回る」

      TVでやってたので観てみました。φ(..)

      リゾート地を襲ったジョーズの恐怖から4年。観光客が次々と行方不明になる事件が多発し、過去の記憶が頭をよぎったブロディ保安官が再び立ち上がる…というお話。

      前作からブロディ署長が引き継いで、サメが出た前科もあるのに、なんで市長はあんなに儲け重視なんだ?(;・∀・)まぁ確かに魚影と間違えて銃をぶっ放すのはイカれてるけどね。あのカーッとなる性分で署長はどうなのかと思ったり。

      スピルバーグじゃなくなっただけじゃない続編の失敗法則に則ってますね。(^^;大体同じ俳優で同じ舞台、でもなぜかストーリー、演出はショボくなってる。あの名作の続編を作るからには何か「策」があると思ってましたがなかった模様 (゜ロ゜;地力の差もあるんでしょうけど。最初の水上スキーが見せ場?Σ(-∀-;)なぜあのおばちゃんはガソリン振り回してた?

      何よりサメの犠牲が思ったより少なかったのが意外((((;゜Д゜)))
      >> 続きを読む

      2017/03/25 by Jinyuuto

      「ジョーズ2」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "大ヒット海洋パニック映画「ジョーズ」の続編で、サービスたっぷりな見世物映画に徹して製作された 「ジョーズ2」"

      大ヒット海洋パニック映画「ジョーズ」の続編という事で、かなりのプレッシャーの中で製作された、この「ジョーズ2」は、前作の「燃える昆虫軍団」というSFパニック映画のカルト的作品で注目された、フランス出身のヤノット・シュワルツ監督が抜擢されて監督をしています。

      あの騒動から4年、マサチューセッツの小さな海水浴場アミティの海岸にまた、ジョーズが出現します。海底で撮影中の二人のダイバーが襲われるところから始まり、我々観客は早くもジョーズの恐怖にとらわれるのですが、街はようやく活気を取り戻し、ホテルもオープンし、その記念式典などを行なっています。

      ジョーズは次々と凶暴ぶりを発揮するので、第1作と同じくロイ・シャイダー演じるブロディ署長は、警戒態勢を敷こうとするのですが、これまた、前回に引き続いて、マーレー・ハミルトン演じる市長は、サメの出現などを打算も働いて、少しも信じようとしません。4年前に懲りてるはずなのに。このように、いちいち理屈を言って突っ込んでいたら、映画は作れませんが----。

      結局、この映画はストーリーといったものは、たいして重要ではなく、我々観客は人喰いザメがどんどん本性を現わし、襲い掛かってくる事実を既に、知っているのですが、映画の中ではロイ・シャイダーの警察署長だけが、それに気づき、他の人たちは、人喰いザメなんかもう出るものか、とタカをくくっている----そんな設定になっているように思います。

      そして、第1作とは違う趣向で怖がらせてやろうという事で、サメの視線で描かれる水中撮影、特に水上スキーを追うシーン等に若干の工夫の後が見えますが、やはり、前作でのスティーヴン・スピルバーグ監督の計算された、じりじりと恐怖を盛り上げていくサスペンス演出には歯がたちません。

      しかし、そうは言っても、ラストの30分が少し楽しめるようにはなっています。若者たちのボートを、サメが次々と襲って来ます。突然、口をあんぐりと開き、鋭い歯をむき出しにして、海水から頭を出すサメ。

      これでもか、これでもかといった調子で、サメが襲いかかり、若者たちの何人かは喰われてしまうし、ボートが転覆したりします。その中にはブロディ署長の息子もいて、前回はロイ・シャイダー、ロバート・ショウ、リチャード・ドレイファスの3人でサメに立ち向かいましたが、今回はロイ・シャイダーがただ一人、救援にかけつけ、孤軍奮闘してサメと対決します。

      さて、いかなる手口で退治するかというと、実に見事なアイディアでサメをやっつけます。

      前作のスピルバーグの計算されつくした、恐怖をじりじりと煽っていくサスペンス演出に対して、今回のヤノット・シュワルツ監督の演出は、最初から同じ演出手法だと、到底、かなわないというのが、わかっているので、いささか大安売りとも言えるくらいにサメの襲撃のシーンをてんこ盛りにたくさん詰め込んで、サービスたっぷりな見世物映画に徹していたように思います。
      >> 続きを読む

      2016/06/03 by dreamer

      「ジョーズ2」のレビュー

    • 2.0

      傑作の1からはスピルバーグが抜け、実質残ったのはブロディ署長ただ一人。
      こういうタイプは余程違うアプローチをするとかしないと、前作と比較されるに決まっている。

      その意味でこれはつまらない。
      まずジョーズ自体がまったく怖くない。
      1の不気味な音楽とともにあの忍び寄るような恐怖が皆無。
      もちろん免疫が出来たのもあるだろうが。

      結局作りこまれたのはブロディ署長の苦悩だけで、あとはおとなしいものだ。

      ジョーズも襲うときが少なすぎる。
      10人近く獲物がボートにいて小休止とはないだろ(笑)
      >> 続きを読む

      2015/05/24 by オーウェン

      「ジョーズ2」のレビュー

    • そういえばジョーズ続編見たことないですが、なるほどスピルバーグ抜けてしまっていたのですね・・・ >> 続きを読む

      2015/05/24 by ただひこ

    ジョーズ2
    ジョーズツー

    映画 「ジョーズ2」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画