こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

エアポート’75

Airport 1975
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 1974/12/14
製作国: アメリカ
配給: CIC

    エアポート’75 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 3.0 ハラハラ

      1970年代にハリウッド映画界を席巻した、パニック映画(現地ではディザスター映画)の大ブームの中で、「大空港」に続いて製作された航空パニック映画が「エアポート'75」だ。

      往年のハリウッドの女王グロリア・スワンソン、急いで腎臓の手術を受けなければならない少女リンダ・ブレア、酒浸りの中年の女性マーナ・ロイ、航空会社の副社長夫人スーザン・クラーク、歌のうまい尼僧ヘレン・レディー他、多くの客を乗せた旅客機が、ワシントンからロサンゼルスへ出発する。

      ジャンボ機のパイロットのチャールトン・ヘストンとの仲が、少し気まずくなっていたCAのカレン・ブラックは、乗客たちや機長のエフレム・ジンバリスト・ジュニアや副操縦士へのサービスに忙しい。

      この賑やかなスターの顔ぶれが、新旧の映画ファンの興味をそそるわけだが、旅客機が濃霧のため、ソルトレークへ針路を変え、飛行中に心臓麻痺になった重役ダナ・アンドリュースの自家用小型機に衝突されるところから、ハラハラ、ドキドキの場面の連続となる。

      衝突された旅客機の機首には大きな穴が開き、副操縦士は空中に吸い出され、機関士は即死し、機長も瀕死の重傷を負ってしまう。

      さあ大変、この窮地にいったい誰が操縦するのか?-------。

      ロサンゼルスにいた航空会社の副社長のジョージ・ケネディは、連絡してきたカレン・ブラックに指示を与えて、操縦させ、チャールトン・ヘストンと共に、応急策に奔走する。

      こんな大きな穴が開いた飛行機が、平気で飛んでいられるものかどうか。
      お話の進行に都合のいいように、計器類が壊れないでいたのは奇跡なのかどうか。

      そんな突っ込みどころは満載なのだが、この手の映画でそれを言うのは野暮というもので、要するにこの映画は、大昔に流行した連続活劇の伝統に基づいた、アメリカ的なサスペンスなのだ。
      >> 続きを読む

      2020/04/25 by dreamer

      「エアポート’75」のレビュー

    • 評価なし

      エアポートシリーズ第2作。ジャンボ機にセスナが衝突し、コックピットのクルーは重傷を負う。機体は操縦不能、機内はパニックとなる。

      2020/01/02 by Silencer

      「エアポート’75」のレビュー

    • 3.0

      テレビ視聴。めちゃめちゃ感情移入して映画を見てしまうので、「自分が飛行機操縦することになったら…」手に汗握り足つっぱって見ちゃいました。リンダ・ブレアは悪魔に取りつかれていないので終始おとなしいですw

      2019/10/06 by Chihoish

      「エアポート’75」のレビュー

    • 3.0 笑える

      オールスター映画の「大空港」がヒットしたのを機に、エアポートとして続編が大量に出回ることに。

      作品の質は後続になるごとに沈没していくが(笑)この2作目は完全に航空パニックとして成立させている。
      まあ1なんて残り1時間ぐらいしないと飛行機飛ばないんですけど(笑)

      さて冗談みたいだが、セスナ機と飛行機が正面衝突を起こすのだから参る。
      そのあと案外普通に着陸まで行くので、これは脚本上の問題だ。

      それよりもこれパニックよりもコメディとして成立してしまっている。
      衝突した瞬間に副長が垂直に飛んでいくという有り得ないシーン。
      かと思えばエクソシストがギターを持って機内にいるし(笑)

      そしてチャールトン・ヘストンは機内に乗り移るという荒業を披露。
      こういうのをセガールに教えてやれば死なずにすんだのに(笑)
      >> 続きを読む

      2015/06/18 by オーウェン

      「エアポート’75」のレビュー

    エアポート’75
    エアポートナナジュウゴ

    映画 「エアポート’75」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画